第24話  生きていたい


あと2か月。8月に全ての抗癌剤が終わる。そして10月には放射線が終わる予定だ。

それで大きな治療は終わり、あとはホルモンブロック剤による治療になるはずだ。

今年中に再建手術もできるだろうか? その頃引っ越しもある。 学校のことなど心配もたくさんあるが、早く病気を治したい。なんとか元気になりたい。

毎日そのことばかり考える。


 乳がん治療の前は、息子が寝る前に日本の本を読むのが日課だった。日本語を覚えて欲しい、日本の心を持ってほしいと思っているので、毎晩読んでいたのだった。日本昔話を「むか~しむかし」とおばあさんのように声を変えて読むと大喜びだった。


今回の副作用があまりにつらくて、そういうこともしばらくできなかった。

本を抱えてベッドの足元に立って泣いている姿がちらりと見える。

でも目もまともに開けていられなかった。心の中で「ごめんね」と言うしかなかった。


数日たち副作用が収まると、やっと本を読んであげることができた。


「え!ママ読んでくれるの!わあ!やった!じゃあ大変だから本を持ってるね、ページめくるね」とベッドにぴょんと飛び乗り、マンガ本をひらいた。

まだ日本語は読めなかったので、毎日楽しみにしていたシリーズだったのだ。


前のように本を読んで話をして安心したのか泣かずにすっと眠た。母親がいつもできることが出来ないというのはとても不安なのだろうと思う。


 日本での生活は楽しかった。あんなに元気で頑張っていたのに。あの健康な日々に戻りたい。もう少し早く検査に行けば良かったと思う。発見が早ければ早いほど治療も楽になる。もちろん生存率もあがる。


今は体力もなく、元気になりたいと思うものの、すぐに「後何年あるのかな」と考えてしまう。今回は特に具合がわるいので、精神的に落ち込んでいる。インナーネットの記事を読むと心配にもなる。


お腹もすごく痛くなり、もううんざりだ。何もかも嫌になり、叫びたくなる。

とにかく早く落ち着いた生活がしたいと思う。 


この頃毎日怖い夢を見ていた。ドキドキして目が覚める。喉がヒリヒリと焼けつくように痛む。胸もやける。


そんな日々を送っているときに、泣いている息子をついしかってしまった。口には出さなかったけれど


「もし、ママがいなくなったらどうするの?強くなって!」と心のなかで叫んでいた。

叱ってしまった後悔と情けなさといろいろな感情でいっぱいになる。


生きていたい。


家族と一緒にいたい。


息子の奥さんや子供が見たい。 


夫と一緒に年を取って行きたい。


うんと年を取って

「あの頃は大変だったね」と夫と言える日が来ると良いと心から願っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます