第11話  感染そして再入院


胸の下に開いている2つのチューブの穴は赤く腫れている。夜熱が高かったが解熱剤を飲んで下がったので、様子を見ることにした。


 翌日、病院で検査。車から入り口まで歩くことが出来ずに車いすで病院に入る。

チューブを抜いた穴を消毒して注射で麻酔をして長めの針を差し込んでの検査。中には菌が入り込んでなかったので再手術は避けられた。


しかし2日後また高熱。39度まで上がり涙が熱湯のように頬を伝った。


こんなに苦しいのははじめてだ。また病院へ行くと、そのまま入院することになった。 点滴から抗生物質を注入しながら2日入院になった。

 

入院までは毎日病院に通っていたのだが、その時の若い医者がとても失礼だった。


「自分が見た限りノーマルだ。赤くなるのも痛いのもノーマルなんだよ、毎日毎日こられてもこっちの時間が大変なんだよ、腕から抗生物質入れたほうが早いから」


という内容のことを非常に嫌な言い方で言った。Every single day(毎日毎日)と3回位言ったかもしれない。夫は怒っていた。


「普通ではないから、こうやって病院に来ているんですよ」


「君の気持ちはわかるよ、でも君は医者じゃないだろう?」あまりにも失礼な言い方に夫は赤くなって激怒している。


患者である私は倒れそうに具合が悪いのに、こういう言い方ができるなんて、医者である前に人間としてもどうなのだろう。

若くて腕がいいと自惚れているのだろうなと思った、医者にとって大事なのは技術だと思うけれど人間性もとても大切だと思う。 


言い方ひとつで楽になったり苦しくなったりする。それは、薬以上の効果だと思う。

放射線科のドクターSはとても優しく、おもしろい。この人がいたから耐えられた。


この入院や今回のすべてのことで人間に対する考え方、姿勢などが変わったと思う。


 家族、そして友達の愛情もよくわかった。 見えなかった大切なものがたくさん見えるようになった。そういう意味では癌になって良かったこともあったと思える。


特に夫と息子がどれほど大事かと再確認できた。

夫は心から心配して細かくケアしてくれる。優しい言葉で慰めてくれたり、時には叱咤激励もしてくれる。

一時期やけになったことがあったが


「僕の結婚した人は強い人だよ、ファイターだよ。きっと戦えるはずだよ」と言ってくれた。

 

食事を作り、息子の世話もし、私の看護もだ。感謝してもしきれない。


そして、息子のこと。

一挙一動に心を奪われる。寂しさと怖さを隠して私の前でおどけてみせる。時々耐えられずに大泣きするけど、涙を拭いて「ママ大丈夫?」という。


8歳の子供ってこれほど素晴らしく美しいのかと驚く。何も見ていなかった自分を叱りつけたい気分だった。


胸や髪の毛を失っても家族の愛は絶対に失えない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます