第9話  手術 モルヒネと止まらない吐き気


「麻酔薬をいれますよ」から


「起きてください」まで一秒くらいしか過ぎていない感覚だったが実際には手術を終えて数時間が経っていた。


まだ目がはっきりと覚める前にガクガクと震えていた。


「気持ちが悪い」と叫び歯がガチガチと鳴り、足が震える。


幾つもの顔が覗く、白黒だが時折強烈なフラッシュのような光が入る。


バッバッと白い光。誰かの顔、手を握る誰かの手の感触。

カモーン大丈夫ミセス?と誰かが呼んでいる。オーノーと誰かの声。


息ができない。パニックになる。

苦しい苦しい。もう一回息がしたい。この窒息しそうな瞬間はとても長かった。 

多分喉に直接入れた酸素の管を抜いている時だったのだろう。


足が跳びはねるほど震えていた。

そして、また意識を失った。


 その後また目が覚めた時には夫と息子がぼんやりと見えた。

手術室からリカバリー室そして一般の部屋に戻ってきたらしい。


 大きな色とりどりのバラの花束とぬいぐるみとカードを持ってきてくれていた。嬉しかったが、その日はとても目を開けていられなかったので、そのまま、また暗闇に引きずり込まれた。 


 ハッと夜中何度か目が覚めた。隣の部屋がうるさい。それでも頭がふらふらして、ただただ眠い。目を閉じた瞬間、別の世界に行ってしまうようだった。


 痛み止めにモルヒネを使っていた。

点滴につながっており、痛みのあるときはボタンを押すように言われていた。致死量が入らないようになっていたが、知らずに何回もボタンを押して注入して気分が悪くなっていった。


 吐き気が止まらない。何度も吐き気止めの薬をもらうがあまりきかなかった。 

担当のナースは意地が悪く言い方がきつい人だった。 


「お水をください」と言うと、面倒くさそうにプラスチックのコップを受け取リ、床に落とした。そのまま水を汲もうとするので


「他のコップと取り替えるか、せめてゆすいでください」と言うと、チッと舌打ちをされた。


夜中このナースに立ってトイレに行きなさいと言われる。


「できません」と言うと

「できるわよ、あなたが手術したのは足じゃないでしょう」という言い方をされた。

それでも起きられない無理です。というと、タライのようなものをお尻の下に入れて、横になったまましろ、という。それも出来ないというと1時間位そのままにされた。

退院してからタライの後がミミズ腫れののように真っ赤に晴れていた


 どのくらい後か覚えていないが、ゆっくり起き上がり、一歩一歩あるいてトイレに向かう。3回ほど吐く。 吐くと言っても何もお腹に入っていないのだが。


手術後で弱っているので言い返したりできないのがつらい。 ナースの仕事もきつのだろうと思うけれど、はじめての手術患者にもう少し優しくしてくれたら良いのにと思った。


目を開けていられない、かと言って寝入っているわけではない。2時間おきに起こされる。血圧と体温のチェック。


足には数分おきに膨らんでふくらはぎを圧迫する物をつけている。血栓予防のためだが、うとうとするとブーブーっと膨らんで目が覚める。目が覚めると吐き気だ。


ぐっすりと眠ったほうが回復するのではないかと起こされるたびに思った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます