第4話  絶望そして希望

 

 翌日のアポイントメントの時に専属のナースについ生きられる確率のことを聞いてしまった。


「一般的にだけど、もしもステージ3になっているなら、そしてリンパ腺に転移しているなら、5年間の生存率は60%位ね」と言われた。


 思っていたよりも低い数字が凄くショックで頭がぐらっとした。もっと高いと思っていたので60という数字がグルグル頭のなかで回った。


 5年後に100人のうち40人は亡くなってしまうのか、と絶望した。 このあと病理検査でもっと低い生存率になるなんて、この時は考えもしなかった。


 抗癌剤もつらそうだ。3週間に1回の治療を4回以上。 手術の直後から始められないそうなので、治療には全部で6ヶ月はかかるそうだ。

6ヶ月……ここで治療しなければいけないのなら、これからのことを考えなければいけなかった。私だけが1人残るのか、職場を変えてもらい、家族で引っ越しするのかを決めなくてはいけない。どちらにしても息子に説明しなければいけない。


 3日にハワイに来て以来、泣いていない日はなかった。


 翌日、放射線科のドクターSに会った。

とても優しく面白い年配の女性だった。目の前で泣いていた私に、治療の話よりも今までの患者の話をしてくれた。


 「腫瘍が10センチもあったのよ、10センチよ!75歳の女性よ。リンパ腺にもすごく転移していたの。その人はもう死ぬって言ってたのよ、でもね、なーんと7年前よ。今でもピンピンしてるわ」とワハハと笑う。


「だからね、誰にもわからないのよ。ガンってそういう病気よ。え?こんな悪いステージの人が?という人が長生きしたりするんだから!」


 その後のステージの説明と放射線治療の説明の後に


「私は……死ぬのですか?」と思わず聞いた時に、Yes!と大きい声で言ったので驚いたが


「でもね、99歳位でよ。孫にたくさん囲まれて!その頃私はとっくにあっちの世界に行ってるから待ってるわ」と言ってガハハと笑う。


 聞いた瞬間どっと涙があふれた。 覗き込んでいる孫たちの顔が見えた気がした。こんなに嬉しい言葉を聞いたことが、あっただろうか?


「外で待ってるあの子!あんなにかわいい子供を残して死ねないでしょう?そうだ、孫を抱っこするのを目標にしなさい」と言ってもらえた。 


 一生忘れられない言葉だ。希望が生まれた瞬間だった。

絶対に生き延びたい。

昨日も今日も泣いていた息子。まだ小さいこの子を置いて行くなんてできない。


中学生になった息子が見たい。


高校生になった息子が見たい


大人になった息子が見たい。


 成長の過程が見られないかもと思った瞬間が一番の恐怖だった。

自分の死よりもうんと恐ろしかった。親としてこれほど辛いことがあるだろうか?


ドクターSと出会えたことで気持ちが大きく変わった。


きっと大丈夫だ。私はきっと大丈夫だ。そう繰り返し言い聞かせていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます