第2話  バイオプシー検査



 午前中にハワイ ホノルル空港に着き、その足でT病院へ行く。ほとんど寝ていないのでふらふらだった。 

 

 日本時間ではもうすぐ3月4日の朝4時だったが、ハワイ時間ではまだ3月3日の朝9時だった。アラモレンタカーで車を借りてすぐに山の上にある病院を目指す。


 簡単な検査をしてからドクターと少し話をし、バイオプシー検査という長い針を刺す検査をすることになった。


 しこりはかなり大きく、すでに痛みがある。その痛みの真ん中に長い針を指すのだ。 ぶすっと刺された瞬間


「うわあ~~痛い !! 」と大声が出た。激痛だ 信じられない痛みなのに更にぐっぐっと奥へと針を差し込んでいく。 


 痛い痛い痛い。涙が頬を伝った。


 まるで拷問だ。


 検査でさえこんなに痛いのかと落ち込んだ。たった一本針を刺しただけで、と。


 刺されたところがズキズキ痛む。ランチ時間に病院に入っているロビンフッドというファーストフード店でミートボールサンドイッチを注文した。気持ち悪くなり2口ほどしか食べられなかった。


 外に出ると真っ青な空に椰子の木が揺れている。 3月の日本は寒かったので着過ぎで暑い。ハワイ気候は暑くなく寒くなく、いつも風がそよそよと吹いている。頬に当たる風が気持ちよかった。


 この病院は山の上なので、遠くに目が痛いほどの青い海が見える。 

 

 こんなに綺麗な場所でこんなつらい体験をするなんてと暗い気持ちになった。


 夕方オハナワイキキビレッジホテルにチェックインする。こじんまりした綺麗なホテルだった。テレビに有料でゲームがついていたので息子はそれで古いゲームをする。ここで過ごして数日で帰れらたいいのだけどと考えていた。病理検査が出るのは翌日なので、今日は楽しく過ごそう。と夫と話しあう。


 「きっと、なんでもないよ。早く帰ろうね」と笑う。


  夜はD&B というレストラン付きの巨大ゲームセンターのようなところで食事をした。 ディナーにゲーム券がついていて、2階で遊べるようになっているところだ。食事もおいしく、色々なゲームがあり楽しかった。カジノのような雰囲気の所だが、家族で楽しめる場所だ。


 「わあ、おいしい」と息子の笑顔が広がる。こんな笑顔をずっと見ていたいと思った。


 3人で笑いならが楽しく食事をした。明日、なんでもなくて日本へ帰れますようにと願いながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます