この手で君の涙をぬぐえるならば

作者 時織拓未

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いろいろな気持ちにさせてくれる作品でした。
切なくなり、悲しくなり、楽しくなり、幸せに思い。
自分が彼女と同じ立場ならと考えながら読みました。
そして、彼の大きな愛に本当に感動しました。
身近にいるのが当たり前に思っている大切な人達に、近くにいてくれるだけでとても感謝し、今以上に大切にしようと思わせる作品でした。
素晴らしい感動作です。

★★★ Excellent!!!

近いのに遠い。切なくてほろ苦いラブストーリー。序盤のまじめな描写でそんな恋愛物かと油断して、正直なところ退屈しかけていましたが(悪い意味ではありません、そこで読むのをやめないでという意味です!)、数話目からのSF展開、そして人間ドラマに途中からぐんぐん引き込まれました。
超えることのできない運命は変えることはできるのか、思う力はそれを超えられるのか。
読み終えた後に序盤を振り返ると、ヒロインがなんとも可愛らしい。
文章も素晴らしくきれい。
これは名作です。