ゴルゴーン殺しの英雄・ペルセウス編 Ⅰ

 死後に星座となった英雄ペルセウスは、例のごとくゼウスと人間の女性の間に生まれた子供でした。


 しかし祖父のアクリシオス王は、孫に殺される預言を受けてしまいます。ペルセウスは母親と共に、海へ流されることに。ですが二人は島に流れ着き、ある漁師に助けられてその島で暮らします。


 ペルセウスが成長したある日、助けてくれた漁師の兄が、ペルセウスの母親にメロメロ。彼女を手に入れるため息子が邪魔だと考えた漁師兄は、ペルセウスにゴルゴーンの首を取ってくるように命令します。


 さて、ゴルゴーンとは何者なのか。メデューサというと分かる人も多いかと思いますが、髪の代わりに無数の蛇が生えている怪物です。顔を見たものは石になってしまい、一筋縄では倒せません。


 ペルセウスは命令に従いゴルゴーンを退治しに向かいますが、そこはさすがにゼウスの息子。アテナやヘルメスが助けに現れます。鏡の盾を頂いたり、ゴルゴーンを殺すための道具を持つ老婆のことを教えてもらったり。

 ここで老婆から獲得したのが、空を飛べるサンダル、ハーデスの隠れ兜、ゴルゴーンの首を入れる袋です。


 ゴルゴーンの元に辿り着いたペルセウスは、アテナの案内もありながら、眠っている三姉妹のゴルゴーン、唯一不死ではないメデューサの元へ向かいます。

 顔を直接みては石になってしまうので、鏡の盾に映ったメデューサを見ながら、首を刎ねます。

 

 目を覚ますメデューサの姉妹。しかしペルセウスは、ハーデスの隠れ兜で逃走。無事に約束を果たすことが出来たのでした。


 このあと、ペルセウスはメデューサの首を事ある事に使います。顔を見た瞬間に、石へと変える万能兵器ですからねえ。メデューサの首、相手は死ぬ、というやつです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます