ミノタウロスを倒した英雄・テセウス編 Ⅱ

 二人はどうにか追手を逃れ、ある島に逃れます。が、ここで二人はお別れに。アリアドネは妻として、アテナイの地を踏むこと張りませんでした。

 この別れには二つほど説があり、ディオニソスがアリアドネを攫った、あるいは、テセウスがアリアドネに飽きて置き去りにした、と言われています。後者の場合、最終的にディオニソスが妻に迎えたそうな。


 アテナイに戻ったテセウスは、王となり、善政を行った人物として人々に愛される存在となります。

 しかしこの後も、彼は冒険を行っていました。この中では、当時10歳だったヘレネを誘拐したり、ハーデスの妻ペルセポネを攫おうとしたりしています。


 また、こんなエピソードも。

 彼の妻パイドラーが、女神アプロディテの策略により、ひとり息子を異性として愛してしまいます。パイドラ―は自身の愛を告げますが、当の息子は拒否。罵倒されてしまいます。


 パイドラ―はそれらの事件が発覚するのを避けるため、衣類を裂き、部屋のドアを壊し、息子に襲われた、と演技をすることに。

 テセウスは見事に引っ掛かります。怒りに任せて息子を殺しますが、のちにアルテミスから事実を聞かされるハメに。結果、パイドラ―は自殺、テセウスは嘆き悲しむこととなりました。


 そんなテセウスの最後ですが、ペルセポネを攫うために玉座を開けていた最中、別の人物に王位を奪われてしまいます。

 テセウスはスキュロス島の王、英雄アキレウスの義父であるリュコメデスの元へ。

 しかしリュコメデスはテセウスを危険視し、崖から突き落として殺害してしまうのでした。


 めでたしめでたし。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます