ざっくり登場人物・オリュンポスの神々編

オリュンポスの神々、そのリスト

 ギリシャ神話を語る上で欠かせないのが、ゼウスを始めとする神々です。


 彼らはオリュンポス十二神と呼ばれ、ギリシャ神話の中心的な存在となります。

 ここではまず、彼らの名前から。詳細については次から、ある程度まとめて書いていきますね。


1、主神ゼウス


2、ゼウスの妻・神々の女王ヘラ


3、ゼウスの兄弟・海神ポセイドン


4、地上に四季をもらたす豊穣神・デメテル


5、家庭の守護神・ヘスティア


6、都市の守護神・アテナ


7、狂乱の軍神・アレス


8、文芸と牧畜の神・アポロン


9、狩猟と純血の女神・アルテミス


10、美の女神・アプロディテ


11、鍛冶の神・ペパイストス


12、旅と伝令の神・ヘルメス


 以上になります。


 この中には冥界の神ハーデスや、その妃ペルセポネは含まれません。稀に混ざる場合もあるそうですが、基本的には上の十二神とします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます