裂肛 − anal fissure –

作者 十字架おんぶ

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『尻の穴』
ギャグでもないのにこの字面だけで、ふと笑いが込み上げるのは何故なのだろうか。
それはきっと、ネタにしやすいお下劣的な印象に加え、妙にスッキリと言い切れる語感のよさがあるからだろう。
ただ、この一部分が体に与える影響は、断じて笑いものにできるレベルではない。
吸収しきれなかった食べ物の残りかすを捨てるという大役を担っており、体調管理や健康面について論じるならば、絶対に無視することはできない。とても重要な身体の器官であるといえよう。

では、もしもこの重要な尻の穴に、異常が発生したらどうなるのか。
しかもその異常に、熱い釘を打ちこまれたかのような絶望的な痛みが伴っていたら。

あなたもこの筆者のように、なってしまうかもしれない。

たかが尻の穴。されど尻の穴。
肛門に異常があってもシリません、なんてことにならないよう、決して痔をアナどることなく、皆も気を付けよう。

★★★ Excellent!!!

これほどまでに読み終わるまでに笑い続けれるって……
そんな文章かける作者に嫉妬。
でも痔にはなりたくない、とジワリと心に刻み付けてくれる隠れた(?)名作。

心を失った描写に一番笑いましたw
なんだか後から見るとタイトルもなかなかの怨念がこもっていそうな……。
一人称が「私」なので女性だと思って読んでいたので親近感も抜群でありました!w

★★ Very Good!!

切れ痔の手術体験記です。痛み等は個人差があるとは思いますが、わかりやすい文体で手術前後のことが書かれてあるので、経過など参考になることが多いと思います。痔に興味がなくても、ユーモラスな文章が面白くて見入ってしまいます。
なにはともあれ、手術成功おめでとうございます。一日も早いご快復を心よりお祈り申しあげます。