第6話

….スサノオと【クシナダヒメ(八人目)】はその後おしよせる『恐怖』に押し負けていった。…


…それは『優秀な姫』を【惨殺させた】と言う『誘拐犯』や【村人】の【恐怖に負けた心】…


(「これが拭い去られる事はなかった…」)


ヤマタノオロチが死んでも【民達は】『スサノオとクシナダヒメを追放しようとした』。…ついには『ころされたのである。…クシナダヒメだけ海の底に沈められた…』


…『この考え方の【風習】が残っていた為である』。

…それは『浦島物語として【語り継がれている】..』


…【海へ沈んだクシナダヒメを思うスサノオが海へ思いを抱く…】そして夢の中で逢うのだ。…スサノオはそうして年をとった。


…その後【ヒミコ】と言う者があらわれ,【力で支配しようとした】。…民衆の心につけいる利用をしたかったのだいる。


…【鬼】を従える。


【鬼】とは『元来』殺人者,【暴力を好む者】


…犯罪の人間の事である。…逆らう者は『この鬼』によって『容赦なく死刑にされた』。


『ヒミコは【オス】だったと推測されるが』,『最初が『メス』で【あとで鬼に成り代わられた】と言説がある。』


…【ヒミコ】は【少年】の生け贄を欲する事に飽きたらなかった。…人格的には『卑怯でしか』なかったヒミコは,【精神的に苦痛をしいた】。…『その結果,引き裂かれた恋人』は,『精神と体を共に苦痛になって尊厳へのダメージを喰らい恨みと消耗をひどく強いられた。』


『ひみこは『おばあさん』になっても【生贄】を要求し続けた。』


その後【その精神が】オカマとなってこの地に流れた。…『人間らしくない生き物』。【男尊女卑】の【始まりだ】。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

300人の極道『運命』編 芝野太郎 @8913

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ