第5話

....アダムの次に,【レービティリアン】が【降り立ったのが,ここ,【日本….】月を崇めたヤマトは,【神の国】と呼ばれたいる】。


…【レービティリアン】は『七人の姫』を毎月『生け贄』のように,差し出せ,と言い放つと,

…町でメスが減って行く。…スサノオとは『優秀な『メス』(姫)【=これを姫と言う。】を集め【学習塾のような物を拓いていた】。』


…『…それが次々とやられて行く』。


【8人目には『助けたが』,【8と言う数字が縁起が良いのはその為】『上手くいった『恋』の意を持つ。…【恋の精霊】【神】』】


【レービティリアン】の行った事は『残忍非道』,【それが何を言いたかったのか】わからなかった。..


...月と繋がる事の阻止。『周波数の改変』。


…【レービティリアン】当時の個体は『ヤマタノオロチ』と名乗る者だった..。

…【酒桶に浸けて…】【凶器】となる『性器』を【突っ込み】殺す….体内から破壊した。


…『7つの怨霊は奴にまわりつき『八つの首があるように見えた』。』



…=ヤマタノオロチ。


【ヤマタノオロチの『尾』=(クサカッたそうだ。…これは尾ではなく『凶器の性器』であるが,『こう語り継がれている。…普段は腰ひもに引っかけて『後ろへ回し,【尾のように見せかけて居たと言う証明である】。』』)】


…それを『切られたいる』。=【クサイ『尾のような物』は【クサナギ】の『剣』(尾から出た剣)と称されて,『どこかの神社に『崇み伝えられている。…本来は『それ』は崇めたつって居てはいけない。…』』】


【暴力】の象徴であるからだ。…


…その頃の『レービティリアン』が【何をしようとして居たか】は『分からないが』.…


【伝えたかった事があった】。としか考えられないだろう.....。


…【狂っていた】としかかんがえられないが…


【レービティリアン】が【思念としてではなく】『個物』として『乗り込んできた』【印象に残る】秩事…

『呪いと言う七』を表面化させた時期でもある。..


『...数字がこの世に起こす現象』もここから考える事が出来る。..


【…それは霊界の調せ】


『数字で見せてくる『霊』も居る』と言う事だ



…そして『世の中は…』スサノオのあと【暴力に満ちた】『奇行が止まらなくなった』


…【その後【邪馬台国】の誕生である】…ヒミコの支配が始まったいる….。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます