第4話

…..『【お願い屋。】』…フードを被っている。…


…『人の願いを聴くのがしごと』


…【…ヤボだな。【願い事なんて者は,聴きゃわかんだ。】】


…【県名】…『この領土内』で,『歴史と古くかかわる【出雲】』

…ヤマタノオロチ。


…【伝説はけっこうだが】,『イメージ』としちゃ【それしかない】。…あまり『インウツ』な『ポジション』を抜ける事は出来ちゃねぇぜ。..と【お願い屋】は言った


【出雲】はこう言った。…『私達も『悩んで居るんです』。…【現に霊障】がくる』


【イズモはヒミコの時代から,『呪い』が『かかっている』。…】


『ヤマトノロイノチ…』


【やまと】【のろい】【イノチ】又は,【ヤマト,ノロイ,の血.】....


スサノオノミコトが,『倒したとされる』【ヤマタノオロチ】は,『その名を残して』【今もこの大地を『呪っている..』....】


【..人の『イメージ』が,崇め奉っている物】。

『..ヤマタノオロチが『思い浮かぶ』ようじゃ』,【それを脳の中で祀っている事になる】。..


【言霊】(ことだま)的には

..『..だれかが(作り出した.)…』【ヤマト.ノロイ.ノチ】を『永劫唱えさせるのが目的』。…


【…やはり【そんな意思が存在したのか...】..。】


『…『ヤマト』と言えば【にほん】の事だ。(…認識的には)。…普段はどうか【わからないが】。』


..【…そんな『物』に,呪いが....】


【『日本全国に【影響がある】。…【没落した『旧支配者』】の,【思惑】だろうな。….』】


....ヒミコ......



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます