第2話

ーエピローグー


「..『周波数の記録』をする必要がある。」


…『やぎゅうじゅうべえ』は『自らの記憶』と,【今もちえてある】知識とを,『念じてみた』。…


「『頭の中での記録』は,周波数の改善につとめれる。最役の【道具】となる」。


…【記録が出来なくっても,『その周波数は』固定されてきる】。…(…魂に記憶されてるからだ)。


…「…ゆくゆく」

『…『全身からすべてがコピーされる』ようになるだろう』。…人類の夢….

【周波数のフィギュア】化。


…【やる必要がある。…やっただけなら,それぞ『ショバ代』…..未来えく語り継がれる『魂』は【嘘をつかない】。】

…【正直なのは】

『(…現実とゆうじじつ)。』


….それが行なわれた..。…これ程の【事はない。】



…『見た』【聴く】(『理解した。』


…『魂がこれを忘れる事はない』。


…(…『…そこを信じた方が良い』。…【諸君よ】。)



…(『…自分の身に何が起こったか』を『脳』に思い返していれば),『それは約束となる』。】



…『自分の身に何が起こったか』

『今魂が『居る次元を』示す.....』


いまじぶんの『魂』がどこに居るかを『理解する』......


『…自分と言う『魂』が居る『城…』…それが次元って言う事』



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます