蘊蓄を傾ける彼

 気がついたら夜空には、星が輝いていた。

 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。


「ねえ、観覧車乗ろうよ」


「え、ああ良いけど」


 彼との初めてのデート。観覧車で有名な遊園地に遊びに来ていた。最後はあれに乗る。そう決めていた。

 列に並んでいると、隣りにいた彼が唐突に言った。


「そうだ、観覧車の起源って知ってる?」


「観覧車の? 知らない」


 そう返すと、いつもの得意げな表情に変わり鼻の頭をかいた。


「今でいう観覧車は、ゴンドラに乗り高いところまで上って、そこから景色を眺める遊具っていうのが一般的な認識。だけどその起源は、まだ罪人を処刑する道具のひとつだったんだ」


「処刑!?」


「そう、昔は罪人を十字架に張り付けにして、公開処刑するなんてことは頻繁に行われていた。今じゃ考えられないけどね。当時は水車の似た車に、罪人を張り付けてグルグル回す。ああ、その苦痛を考えるだけでも恐ろしい。でも、そこから観覧車が生まれたんだ」

1

「それじゃ、観覧車って……」


「うん。観覧車の観覧っていうのは、中から外を見るということじゃなくて、外から苦しむ罪人の様子を観衆が嘲笑う意味なんだ。だからつまり、ゴンドラに乗って観る景色ってのは、実は罪人が死の境に観た景色だってこと」


 デートの最後にこんな暗い話。彼の意図は見え見えだった。


「ねえ、もしかして高いところ苦手?」


 虚を突かれてうろたえる彼。そして鼻の頭をかいた。


「そ、そんなことないよ」


 そんな彼がなんだか愛おしく思い、私はそっと彼の袖を引っ張り列から外れた。


 観覧車は、男が見栄を張る遊具なのだろうと、なんとなく思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!