【番外編】クイーンvsキング!

 嫁が口を聞いてくれなくなってから三日たつ。

 といってもまったく声を発しないわけではない。つい先ほども以下のような会話を交わした。

「ちょっと、アチャコのおしめ替えたげて」

「ん……おしめどこや?」

「もうええわ、ウチがやるし」

 これが会話と呼べるのか、はなはだ疑問だが。もはやただの業務連絡であろう。


 そう、業務。

 我が家の夫婦関係は、業務関係でもあるからこそ成り立っている。俺がキングで嫁がクイーン。夫婦であり、この村のヒーローでもある。

 キングとクイーンは手を携えて村を守らねばならない。この世界の理だ。ヒーローたるもの、この運命からは逃れられない。

 その役目がなければいつ離婚していてもおかしくなかった。それくらいに最近の夫婦関係は冷えてしまっている。下世話な話で恐縮だが、ここしばらく夜の営みはおろか、キッスのひとつもいたしていない。

 ヒーロー夫妻という仕事を通して、俺と嫁はかろうじて繋ぎ止められている。


 実は俺と嫁を繋ぐものがもうひとつだけある。

 愛する娘の存在だ。

「アチャコちゃーん、べろべろばー」

 俺があやすと娘はキャッキャと大喜びする。かわいらしいことこの上ない。

 その様子を横目で見た嫁が「チッ」と舌打ちした。おおかた、俺が娘と遊んでいるのが気に食わないのだろう。

 知ったことか。聞こえよがしに舌打ちなどと、憎たらしいったらありゃしない。娘の爪の垢でも煎じて飲めば、少しはかわいげを取り戻すのではなかろうか。

「昔はママもかわいかったのに、なあ」

 娘に向かってそんな繰り言を漏らしてしまう。


 それでも会話そのものが途絶えたことはこれまでなかった。異変が起きたのは三日前だ。原因はうすうすわかっている。

 あの日、嫁はクラン戦のため遠征していた。しかるに俺は工事で留守番。

 疲労回復に軽く一杯、と出かけたのがいけなかった。嫁の不在で気が緩んでいたのか、ヒーラーの店で痛飲してしまい、明け方までの記憶がない。

 幸い、嫁が戻る前に帰宅することはできた。だがあれから口を聞いてくれないところを見ると、バレたと考えるべきだろう。

「ヒーちゃんがダクエリボトルの請求書でも届けよったんかな。ヒーちゃん、そういうとこ気がきかんからなあ」

 しゃーない、と俺は腹をくくった。

 どのみちこのままではいられない。頭を下げて済むなら、いくらでも下げてやろう。

「……頭下げるだけで済むならええんやけど」

 独白を打ち切って、俺は重い腰を上げる。


「なあ」

 しかしながら、意を決した俺が話しかけても、嫁の返事はない。視線はあさっての方向へ固定されたままだ。

 くじけそうになる心へ待ったをかけて言葉を重ねる。

「なあて」

「なんやの?」

 ようやく嫁がこちらへ向き直った。

 視線がきつい。殺意すら感じる。三十路クイーンおそるべし。

 だがここでひるんでは解決に至れない。勢いでごまかせとばかりに俺は全力で深々と頭を下げる。

「すまん! 実はあの日、朝まで飲んでた。悪かった!」


 そのまま十を数えるくらい待った。

 いっこうに反応がないのでおそるおそる頭を上げてみると、そこには鬼の形相をした嫁がいた。

 あまりの迫力にもう一度頭を下げてしまう。なんやあれ、めっちゃこわいやん。レイジかかっててもあんなんならへんやん。俺は頭の下げた姿勢のまま、身じろぎすらできない。

 固まり続ける俺に対して、嫁がぽつりと言葉を投げかける。

「……そんなん怒ってる思てたん?」

「え?」

「そんなん怒ってるんとちゃうわ!」

 再び頭を上げると、今度は泣き出しそうな嫁の顔があった。

 困惑した俺は正解を見失ったまま言いつのる。

「せやかて、お前、俺がヒーちゃんの店行くとき嫌そうな顔するし、黙って行ったからムカついたんかと思て」

「アンタがどこへ飲みに行こうが、そんなんどうでもええねん」

「あ、この前は朝までおったけどな、ヒーちゃんとは別に何もないねんで。店で寝てしもただけで」

「わかっとるわ。アンタに手ぇ出す甲斐性なんかないもんな」

 ぐっ……と言葉に詰まってしまう。さすがにここまで言われると反論のひとつもしたくなるが、甲斐性あるわい!などと返したらますますややこしくなる。やましいことは誓ってしていないのに疑われたら心外だ。

 だがしかし、ならばなぜ嫁は怒っているのか。

 そのヒントを嫁は口にした。

「あの日、ウチが帰ってきたとき、アンタ何て言うたか覚えてる?」


 三日前、嫁が遠征から帰ってきたとき。

 俺は必死に記憶をたどる。

 あの日、キングである俺が参戦できなかったにもかかわらず、クラン戦は勝利をおさめた。その立役者が嫁だった。嫁の活躍によって、ぎりぎりの勝ち星をもぎ取ったのだそうだ。

 俺は伝令からそのことを聞いた。本隊の帰還に先んじてわざわざ報告に来てくれたのだ。

「クイーンはんの戦いぶりときたら、そらもうえらいもんでしたわ。三連テスラにもびびらずに真っ向勝負でっせ。あれはキングはんの穴を埋めようとしはったんやろなあ。ほんますごかったですわ」

 それを聞いて俺は我がことのように誇らしく思った。朝帰り二日酔いの頭が、この知らせでスッと清められていくように感じたのを覚えている。さすが我が嫁、帰ってきたら存分にねぎらってやろう。たくさんほめてやろう。

 だから、帰ってきた嫁に俺はこう言ったのだ。

「大活躍やったらしいな! お前がおったら、俺なしでも大丈夫やな!」

この言葉に問題があったのか?


「せや、アンタはそう言うた」

 こちらをにらみつけるようにしながら嫁は続ける。

「わからん? 俺なしでも大丈夫ってなんやの? アンタ、自分で自分をいらんて言うてんねんで。悔しないのん?」

「……それは戦略上の役割分担やん。お前の代わりはおらんけど、俺の代わりはゴレやんとバルっちがおればできる。そういうもんやんか」

「アンタはそれでええのん?」

「ええもなにも、そういうもんやとしかよう言わんわ」

「ウチはそんなん嫌や!!!」

 腹の底から吐き出すようにして嫁は叫んだ。


 と、その声に驚いたのか、隣の部屋で遊んでいたはずの娘が「びえーっ」と泣き出してしまった。

「ああごめんごめん、アチャコ、ごめんなー」

 即座に嫁が隣室へ駆け込んでいく。

 ひとり残された俺は、嫁の言葉を反芻する。

 悔しくないのか――俺にも思うところがないわけではない。嫁ばかりがちやほやされ、俺の働きはなかなか評価されない、そんなふうに考えてしまうこともあった。

 だが、嫁と俺では求められる役割が違う。嫁は攻守の要であり、絶対的エース。かたや俺はいわば縁の下の力持ちだ。本隊を支える目立たない存在で構わない。捨て駒にされるのだって甘んじて受け入れよう。

 そんな役割なのだから、俺なしでも勝てるなら、それは村にとって喜ばしいことである。

 俺は村全体のことを考えている。間違っていない……はずだ。


 ほどなくして、娘を抱いた嫁が戻ってきた。

 片方の手に何かを握っている。

「これ」

 そう言って嫁はその手を突き出して見せた。握られていたのは、俺の王冠だ。部屋に置いてあったのをわざわざ持ってきたのか。

「俺の王冠がどないしてん?」

「ボロボロやな、これ」

 嫁の言うとおり、お世辞にもきれいとはいえない代物だ。傷だらけだし、あちこち歪みが出ているし、はめ込まれていた宝石のいくつかは取れてしまっている。おまけに戦いで浴びた血と脂のせいで本来の輝きはどこにもない。

「そらまあ、戦うときはずっとかぶっとるからな。ボロボロにもなるやろ」

「でも、前はちゃんと手入れしてたやん。磨いたりとか」

「せやったなあ」

 俺は昔を思い出して、苦笑しながら返答する。

「俺も若かったしな。こんなもんでカッコつけて、俺がキングや!って調子に乗っとったなあ。アホみたいにフィスト頼みで突撃して、痛い目見て。どうしようもないガキやったわ。今から考えたら恥ずかし――」

「この、アホんだらぁ!!!」

「ぶごべっ!?」

 俺の顔面に王冠がクリーンヒットした。


「ちょ、おま、なにすんねん。これ立派な鈍器やぞ!?」

 オーバーハンドスローを決めた嫁に抗議するも、「うっさい!」の一言で封じられる。

「恥ずかしいってなんやの!? あのころのアンタのほうがよっぽどカッコ良かったわ! 今のアンタはうだうだ屁理屈ばっかこねて、何が役割分担や! 役割とか、ちっさいこと言うな!」

「そんなわけにはいかんやろが! 俺らは村守らなあかんねんぞ? 自分勝手に戦ってたらとんでもないことになる。村が潰れてしまうかもしれん。せやから俺は村のこと考えて、村のために戦っとるんや!」

「………………あーもうキレた! まじキレた!」

 言うなり嫁は壁に立てかけてあったクロスボウをひっつかんだ。

「おい待て、こら待て、それはあかんて」

「アンタが悪い。神に祈りい」

「アチャコもおるやないか。危ないやろ」

「いずれアチャコはウチの跡を継いでクイーンになんねん。ちょうどええ英才教育やわ」

 嫁は片腕に娘を抱きつつ、もう片方の手で器用に矢をつがえ、狙いを俺の眉間に定めた。どうしてだろう、娘の目が輝いているように見えるのは。これがクイーンの血筋だろうか。俺の背中を伝う冷や汗が止まらない。

「アホはいっぺん死んでこい」

 嫁の人差し指が引き金を絞る。

 ズバンッ、と放たれた矢をすんでのところで俺はかわした。背後で壁の崩れ落ちる音がする。どうやら大穴が開いてしまったようだが、そちらに目を向ける余裕はない。

「ほんまに撃つか!? とりあえず話し合おうて」

「うっさいうっさいうっさい! 今のアンタと話すことなんてあらへん!」

 声を張り上げる嫁の目からは、大粒の涙があふれていた。


「ウチにとってアンタはヒーローやった。いっつも先頭切って突っ込んで、無茶ばっかししてたけど、それが最高にカッコ良かった。プランとかそんなんどうでもええ、全部潰せば勝ちやって本気で言うてたアンタが好きやった。こんな人やから、ウチが支えたらなあかんねやって、アンタの背中守るんがウチの幸せやった。それが今はなんや? 二言目には村のため村のためて、ほんまのアンタはどうしたいのん? そんなんウチのヒーローとちゃう。ウチのヒーローは、ウチだけのヒーローはどこ行ったんよ!?」


 俺は思わず言葉を失ってしまう。いや、だが、しかし――そんな否定の台詞が反射的に口をつきそうになる一方で、嫁に本心を言い当てられたように感じていた。俺は本当はどうしたいんだ?

 逡巡する俺を見やりつつ、嫁はふぅっとため息をついた。そして袖口で涙をぬぐい、クロスボウを構えなおし、ぴたりと俺に照準を定める。

「え? ちょっと? 今ので終わりちゃうん?」

「だってアンタまだ死んでへんやん」

「死、ってまじ? え、ちょっと?」

「ほな、さいなら」

 ズバンッ、ズバンと立て続けに矢を射かけられる。本気だ。嫁は本気で俺を殺る気だ!

「ほんま言うたら、村のことなんかどうでもええねん。アンタがウチだけのヒーローがいてくれればそれで良かってん。せやから、ウチのヒーローやないアンタに用はない。死ね、死ね、死んでまえー!!!」


 ほうほうのていで脱出にはどうにか成功した。

 家の外まで追ってくる気はないようだ。安堵から俺は腰を抜かすようにへたり込んでしまう。あれだけ至近距離からの射撃を受けて無事だったのは奇跡に近い。

 ……それにしても、嫁があんなことを考えていたとは正直言って意外だった。

「俺なんて、置き物みたいなもんかと思てたんやけどなあ」

 そうつぶやく俺に答えるかのように、家のドアが開いた。

 嫁がにゅっと首を出す。そして、反射的に身構える俺に向かって何かを放り投げた。ドサリと重い音を立てて芝生に落ちたのは、俺の王冠だった。

「男やったら、いっぺん落とした女のひとりくらい、力ずくで惚れ直させてみい!」

 吐き捨てた嫁は力いっぱいドアを閉めた。

「……力ずくて。戦争するつもりかいな」

 キングとクイーンは手を携えて村を守らねばならない。それがこの世界の理だったのだが。

「夫婦でドンパチやらかすとか、村のヒーロー失格やろ」

 だが、悪くない。それで嫁のヒーローになれるのなら。

 俺は立ち上がって足元の王冠を拾った。息を吹きかけ、服のすそで丹念に拭く。長年の汚れはそう簡単には落ちてくれなさそうだ。たまったツケは大きいらしい。

 それも、悪くない。ノシつけてそっくり返してやろうじゃないか。

 立ち向かうのはキング俺。立ちはだかるはクイーン嫁。

「キング対クイーン、……いや、挑戦者は俺やから、さしずめ『クイーンvsキング!』やな」

 王冠を頭に載せる。慣れた重みがしっくりきて心地良い。ぐっと胸を張り、嫁のいる家に向かって大声を放つ。

「カッコええとこ見せたるからな! 覚悟しとけ!」

 俺の名前はバーバリアンキング。アーチャークイーンのヒーローだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料