第8日目:Ⅲ【鈴蘭と花言葉】

【3時間目】

 私は彼から送られてくる花の写真を全て保存していた。

 この時を忘れないように。この想いをずっと残しておくために。

 花の写真が100枚になった日、私は勇気を出して学校に行った。

 100枚目の写真はリンドウだった。花言葉は「悲しんでいるアナタを愛する」

 私は彼に会いに駆け足で学校に向かった。

(%)

 “もしも”私に勇気があるのなら、鈴谷君に私から好きと言いたい。

 その一心で学校に向かった。

 私の予想に反して、クラスのみんなはもう私を疑って無かった。逆にみんなで謝ってきた。

 クラスのLINEでも謝ってくれたらしいが、私は通知をオフにしていたため気づかなかった。

 私をジメジメとさせていた残暑の暑さはとっくに消えて、冬になっていた。

 朝のホームルームが終わると、私は彼に呼ばれた。

 そして、1枚の現像された写真とメモを渡された。

 その写真には、彼のあだ名にもなっている綺麗な鈴蘭が写っていて、メモにはこう書いてあった。

「再び幸せが訪れる」

(%)

 部活はやめてしまったけれど、悔いは無かった。

 帰宅部になった私は、彼と一緒に帰るということが可能になり、更に、一緒にいる時間も増えた。

 あの時みんなが描いた絵が消えてしまったのは悲しいけれど、あの子たちなら、きっといい絵が描ける。と、信じている。

“もしも”部員が足りなくて、美術部がなくなったとしても、なんとかするだろう。

 そんなことを思いながら、私は今日も蘭斗らんとを待つ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料