第8日目:Ⅱ【学祭マジックと花言葉】

【2時間目】

 私に告白してきたのは帰宅部の男子だった。

 同じクラスの男子で、学級旗の係でよく話した。

 学級旗の色塗りをしていて、外が暗くなり、いっしょに帰ったことがあった。

 私は、何度も勘違いを繰り返してきたから、もしかして。とか、“もしも”告白されたら。なんて考えないようにしていたが、今回は勘違いじゃ無いようだ。

 彼は、花言葉の鈴蘭として名を馳せていた。

 花言葉に詳しく、喋ることは花言葉で代用するような奴だった。

 ルックスは悪くなく、イケメンの部類に入ると思う。それは、私には似合わない。

 どうせ、学祭マジックの効果だ。すぐに別れることになるだろう。私だけでなく学校中がそう思っていたに違い無い。

 私達は、学園祭の次の日からそこそこ楽しい日々を繰り返し、それなりに良い関係を築いていた。と、私は思う。

 何かが起きたら、切り込みの入ったロープのように直ぐに切れてしまうようなものだと思っていた。

 しかし彼は、その切れたロープをもう一度つなぎ直そうとするような人だった。

(%)

 芸術棟が燃えた日、美術室に最後までいた私は、真っ先に疑われた。

 そりゃそうだろう。疑われる人なんて私くらいしかいない。

 でも、彼は信じてくれた。

 芸術棟が燃えた次の日、私が部屋にこもっていると、LINEでカキツバタの写真が送られてきた。

 カキツバタの花言葉は「幸せは必ずくる」

 彼は次の日も、そのまた次の日も、花の画像を送ってきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!