第6日目:Ⅲ【過去ときっかけ】

【3時間目】

 “もしも”僕らが『暇部』じゃなかったら。

 そんな世界もあったはずだ。

 これは、美術部協会から手紙が届かないようなそんな1年前の猫多摩中美術部の話。

 「先輩。こんにちは。」

僕は先輩に挨拶をする。挨拶をしなければ何をされるかわからない。まだ美術部に入って1年経ってないから。と、いうのも先輩の外見だけで決めてしまっているのだが。

「今日は、秋季コンクールに出す絵を描けだと。腕がなるぜ。」

先輩はやる気だった。なんせ、先輩にとっては久しぶりのコンクール参加だ。先輩は前回のコンクールの時、骨折をし、入院していたのだ。

 ちなみに僕はしっかりと参加し、大賞を頂いた。

 今、僕が描いているというか掘っているのは、ペガサスだ。

鳥の翼を持ち、空を飛べる馬。実に神秘的だ。

本や、ググって出てきた画像を参考に、精密にシワまで掘っていく。

飽きやすい作業だが、出来た時の感動と達成感そして、褒められた時の少しの恥ずかしさのために頑張る。

 1時間位経っただろうか。突然、後ろで声が聞こえた。

「ゆーへー君。あーそびーましょ。」

先輩の声だ。作業に飽きたのだろう。

先輩は、飽きるといつも僕に話しかけてくる。正直言って迷惑だ。

「先輩。作業、しましょう。」

「ほら、そこ。集中する!」

巧部長に怒られた。

巧部長は、絵がとてもヘ…独特で、リーダーシップを発揮しやすい。というだけで部長になったらしい。

僕は少し苦手だ。

「お前のせいで。」

と言って、先輩は席に戻った。

僕も、ペガサスを掘ることに集中する。


 この時までは、ごく普通の美術部だと思っていた。

問題は、この次の日だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!