第5日目:Ⅰ【タイムマシンと信長救出】

【1時間目】

 掃除も終わり、僕は美術室に向かう。

ガヤガヤとした校舎内。僕はこの空気が嫌いではなかった。美術部も、先輩のおかげで同じような雰囲気で、僕はそういうところに惹かれたのかもしれない。

あの時に戻りたいな。と思う時は何度もある。それは、実現しないからこそ思うことなんだろう。

タイムマシンが多様化されたら、あの時にいってあそこを直してこよう。あの時も直してこよう。

なんて言って、「あの時に戻りたいな」なんて思わなくなるんだろう。

「やり直せる人生なんてつまらないじゃない」

昔、読んだ話に書いてあった通りだ。

人生は一度きりだから。だから。

なんて考えていると美術室に着いてしまった。

 多分、今日は昨日作ったタイムマシンを先輩が自慢してくるのだろう。まあ、嫌いではないけど。

「来たな!裕平!」

後から来た浩介先輩が言う。

「出たな!先輩!」

このやりとりも来年、いや、12月にはもう出来なくなるのだ。そう考えると、名残惜しい。

「で、先輩。アレは本当に使えるんですよね。」

何故か悪の組織みたいな会話が始まった。

「あぁ。アレか。当たり前だ。」

「早速ですが先輩。使ってみてもいいですか。」

「何に使うんだ。」

「信長ですよ。信長。」

ここで先輩のテンションが元に戻った。

「は。おかしくなったのか?お前。」

「いや、信長って本能寺の変の後行方不明じゃないですか。」

「それで、俺たちが助けようと。」

「そうです!元々行方不明なら、時空に歪みも起こんないんじゃないかって思って。」

「命掛けだよな。」

「はい。」

「やろう。」

「本当ですか!てか、アレどうやって使うんすか。」

「乗る。行きたい日を叫ぶ。降りる。本当は作るのに3時間以上かかったけど、途中から異次元の方でやってたし、1時間くらい戻ってきたんだ。動作確認はしてある。」

「じゃあ。」

「行くか。」

ここから僕たちの短い壮大な旅が始まる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!