第4日目:Ⅱ【動画改善プロジェクト】

【2時間目】

 僕は、あまりにも酷い先輩のYourTubeを改善することにした。

 先輩のチャンネルを改善する為にまず、チャンネル名を「こうすけ」から、「暇部の日常」に変えた。

これでもまだアレだが、さっきよりは良いだろう。

 次に動画を作る為、ネタを考えることにした。

すると先輩は、こんなことを言った。

「タイムマシン作ろう。」

正直、取り返しがつかない馬鹿だと思った。しかし、今まではいろんなことが成功した。では、信じて良いのでは無いかとも思った。

「タイムマシン…分かりました。作りましょう。」

だからそういったのに先輩は、

「どうやって?」

と聞いてくるものだから、僕は頭にきて先輩に構わず、絵を描くことにした。

そうだ。この部は美術部なのだ。そう思える1時間半だった。のに、

「おい!出来たぞ〜。」

そのこえが聞こえ、僕は絵どころではなくなった。

そりゃそうだ。あの、タイムマシンができたというのならば見るしか無い。

しかし、僕の目の前にあったタイムマシンは、思っていたものと少し違った。

ただのドラム缶だった。

10分間くらい。まぁ、実際には1秒も無いくらい呆然と立ち尽くして、先輩に文句を言おうと思った時に下校のチャイムが鳴るものだから、この話は明日に続く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料