第2週目

第4日目:Ⅰ【先輩とクソ動画】

【1時間目】

 今日も美術室では、部活に関係無い会話が交わされる。

「なぁ、裕平。YourTuberって全然稼げないな。」

「ユアチューバーを検索します。」

「本当ですね。」

タクトは相変わらず棒読みだなぁ。なんてことを考えながら答える。

「はっ?」

先輩がスマホ画面を見ていた顔をいきなり僕に向け、さらに椅子を倒したので驚いた。

「ユアチューバーは動画サイトユアチューブに動画を上げ主に収入を得ている人のコトを言う。」

「何が『はっ?』なんすか〜。」

「いや、お前YourTubeやってたんだな。」

前からやってみたかったのだが、中学生になり、そろそろと思い始めたのだ。

「先輩、チャンネル登録何人すか?」

「3人友達で、5人だな。裕平は?」

「勝ちましたね。100人です。」

「お前友達多いなぁ。」

「友達は、3人しか登録して無いです。」

「マジかよ!ハンドブックにも書いてあったし、コラボしようぜ。」

YourTubeには良い動画を作るためのハンドブックというのがあるのだ。

昔はよく読んでいたが、最近は自分らしさを追求する為、そういう物はあまり読まないようにしている。

「で、先輩。どんな動画を出してるんすか。」

「あぁ。こんなのとか。」

先輩にみせられたのは、先輩が勉強を教える動画だった。自分の机の上に小さめのホワイトボードを乗せ、それを使って数式などを書いていた。

わかりやすいのだが、途中にオヤジギャグを入れてしまっているのが、玉に瑕だ。

「あと、こんなん。」

先輩がド下手なビートボックスをしている動画だった。これじゃダメだ。

あと、どの動画のサムネイルも、シンプルすぎてつまらなかった。

しかも、チャンネル名は「こうすけ」という名前そのもの。

「先輩。これは、酷いです。」

ここから僕の、先輩の動画改善プロジェクトが始まるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!