第5日目:Ⅱ【信長と命】

【2時間目】

 タイムマシンに乗り、2・3分もしたところで僕らは江戸時代最後の下克上とも言われる、本能寺の変の現場に着いた。

もう光秀が攻めてくるとわかった後なのかすごくざわついていた。

「信長さん!」

僕は声を上げる。

「無礼者!どこから来た!」

僕たちは信長さんのお付きの人に抑えられた。

「俺らは怪しいものじゃない。未来の国からはるばる信長様を助けに来たのだ!」

先輩は空に手をかざすようなポーズをとりながら言う。

「信長様。どうしましょう。」

信長のお付きの人が言う。

「そなた達。未来の国から来たと言ったな。」

信長さんは真剣な顔で言った。

「はい。」

「面白い。私はこの後どうなるのだ。未来のことを知っているのなら答えられるだろう。」

「はい。明智の兵によってこの本能寺は焼かれてしまいます。私達の世界では、信長さんは自害したと言われています。しかし、首が見つかっていないため、本当かどうかは分かっていません。」

「そうか、私は死んでしまうのか。」

信長さんは現実を噛みしめるように言った。

「だから…。だから、僕らは信長さんを助けに来たんですっ!」

「未来の国に行けば、光秀は来ないしな。」

「未来の国か。面白い。着いていこう。」

「良いんですか、信長様!」

お付きの人はとても驚いたようだ。

無理もない。天下統一を目指している信長さんが別の世界に行くとしたら、それは信長さんが夢を諦めるということになる。

「あぁ。良い。どうせ死ぬのなら未来の国を見てみたい。」

信長さんの顔は明るさを取り戻し、声も心なしか楽しそうだった。

「では、行きましょうか。」

僕らは信長さんをドラム缶に乗せようとする。

その時外が急に騒がしくなり、暗かったはずが明るくなっていた。

「そう思ったが、歴史は変えてはいけない。私はここに残る。火が回る前に、そなた達は早く帰れ。」

「でも」

「早く行け!」

信長さんはとても真剣な顔をしていた。

信長さんの気に押され、僕らは元の時代に帰った。

 元の時代に帰ると月が昇っていた。

「俺たち、かっこ悪かったな。」

「でも、何も知らないで死ぬより、よかったかもしれないですよ。」

「そんなもんかなぁ〜。」

「また、お前達か!」

その時、日直の先生にまた見つかった。

「やべ。裕平走れ!」

その後、教科書の内容が少し変わってたことに、僕らは気付くことはない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料