第1週目

第1日目【暇部と美術部】

 多摩猫たまねこ中学校の美術部は「ひま部」と呼ばれている。

と、いうのは、我が校の美術部は「絵を描く部」というよりもトランプなどをして、「いつも遊んでいる暇そうな部」だと思われているからだ。

 「おーい。裕平ゆうへい。聞こえてんのか。」

今は4月の部集会中。美術部に入って1年経った。絵は少しうまくなり、先輩への対応に困ることも少なくなった。

「おーい。」

「あ、なんですか。浩介こうすけ先輩。」

いつも騒いでる、少しうるさい先輩だ。でも絵を描くのが上手くて、頭も良い、尊敬はできる先輩だ。

「だからさぁ、活動方針は『暇じゃない部にする。』で良いよな。」

「あ、はい。良いと思います。」

「だからさぁ。そろそろ敬語やめてくんない。そういうのかったるいから。」

いつもは面白い先輩だが、怖いと思うことが時々ある。

それは、先輩としての貫禄だったりする。

「わかった、っす?」

「おぅ、OK、OK。そんな感じで良いから。」

先輩は2列左、一番左の列の、いつもの席に戻った。

「じゃあ、終了!この後は部活して良いよ。」

部長のちか先輩が終わりの挨拶をして部集会は終わった。

「おい!裕平。早速、暇ではなく見せるためにコレやらないか?」

肘を立て、ぼーっとしてた僕に浩介先輩が見せてきたのはスマホの画面だった。

そこには『異世界へ行く方法』と書かれていた。

「先輩。コレどうせガセですよ。今まで動画とかでそういうの見たことあるけど、できないで終わりますもん。」

信じてはいないが、動画自体は面白いのでエレベーターを使ったものをよく見る。

「でもな、コレ。ガチっぽいんだ。」

「じゃあやってみます?」

「おうよ!」

 一応サイトに書いてあったことをここに記しておこう。

〜使うもの〜

机・鏡・靴(二足)・信じる心←これ重要

〜やり方〜

まず最初に机の上に鏡を置く。

次に靴を全て、鏡の前に置く。(しっかり鏡に映る様に)

最後に五十音を2分で言う。

「先輩。コレでできるわけないっすよ。」

「じゃあ良いよ。俺がやる。」


 なんだかんだあって5分後。

「先輩。すいませんでした。」

1メートルくらいの時空が裂けたような輪っかが、机の前にできていた。

「だから言ったろ信じろって。」

「いや。」

「なんだよ。」

「信じろなんて一言も言われてません。」

「細けーこたぁ良いから早くくぐろうぜ。」

「大丈夫なんすかって、先輩。はやっ。」

くぐった先は白く四角い部屋だった。

机が1つ置いてあり、その中には手紙が入っていた。

手紙にはこう書かれていた。

「信じてくれてありがとう。嬉しいよ。この部屋はあなたのものです。ご自由にお使い下さい。また、ゲートは5分後に締まります。この部屋で、再度儀式を行うと開きます。では、楽しい異世界LIFEを。」

裏にはこう書いてあった

「てか、こんな記事見つけるとかすごいねw君がもし女の子ならここにメールしてよ。」

その下にはメールアドレスが書いてあった。

出会い厨か!!

僕と先輩はその時同じ言葉が頭に浮かんでただろう。

「鏡。とってこよ。」

先輩は冷めた感じだった。

「そうですね。先輩。」

そうして今日が終わった。


続く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!