(5)

 正直、気分が悪かった。進路が決まっていないならまだしも、行きたい大学を諦めて消防を選べとはどういうことなのだろうか。


 担任が言うには、決して悪いことばかりではないらしい。特務とやらは任期制で、三年。任期満了後、継続の場合は昇任し別部署に配属。もちろん、そのまま特務へ残ることも出来る。退職の場合は就職なり進学なりでかなり有利になるそうだ。それこそ、現在の志望大学へ試験を受けることなく入学できる程の特別待遇が受けられるらしい。

 しかし、いくら受験せず入学出来るようになるからといって貴重な時間を三年も別のことに費やすのは躊躇われる。しかもその三年は剛志つよしにとって、選手として大きな成長を遂げられるであろう重要な三年である。自分は大器晩成かもしれないと言い聞かせて手放すのは断腸の思いだ。選手としての活動を両立させてくれる、もしくはスポーツの世界へ戻る際に最高の状態で戻れるような支援があるのであれば考えなくもないが。


 学校帰りの道すがら、剛志はスマホを取り出すと、従兄弟にコミュニケーションアプリでメッセージを送った。この従兄弟は母方の親戚で、生まれも育ちもS県だ。彼とは非常に仲が良く年も同じため、互いによく相談事などをする。――彼ならきっと、何か知っていて、そして教えてくれるに違いない。

 メッセージにはすぐに既読マークが付いた。返事を待って画面を眺めているとメッセージではなく着信が入った。



「もしもし? 何、お前、選ばれたの!?」


「あー、何か、スカウトされたって担任に言われた。で、何なの? 特務って」


「は? お前、マジふざけんじゃねえぞ!」



 従兄弟は張り上げた声をひっくり返すと、怒りと羨望を捲し立てた。彼は幼い頃から特務を目指していたそうで、選ばれるために出来ることは可能な限り善処していたらしい。それこそ、物心ついた時からずっと。しかし、彼にはお声がかからなかったそうだ。



「俺はこんなに努力してたのに、それなのに、S県民歴一年未満の、特務のことも知らないお前がスカウトされるだなんて!」


「いや、うん、何かごめん。でも、だから、特務って何だよ?」



 しかし従兄弟は剛志の質問に答えることなく、どうか無事に帰ってきて欲しいというようなことを言うと一方的に通話を終了してしまった。


 疑問が晴れるどころか、心にモヤモヤとしたものがほんの少し増えてしまった。そもそも公務であるはずの消防からスカウトなど、あるはずがない。あり得ない。何かの間違いではないか。一体特務とやらは何なのだろうか。

 そしてこの〈ほんの少し増えてしまったモヤモヤ〉は帰宅して更に大きくなることとなった。夕食時、両親にも〈特務とは何か〉と質問してはみたものの、県外出身者の父はもちろん聞いたことがないと言う。がっかりとしつつもスカウトされたことを相談すると、今度はS県出身者の母が泣き出した。


 最初は剛志と一緒に公務からのスカウトに不審感を抱いていた父だったが、「こんな名誉なことはない」と言いながらさめざめと涙を流す母を見て、父は疑念を持つことをやめてしまった。それどころか「公務員という手堅い職歴を得られるなら、そちらへ進むという選択もありだ」と言い出した。母はというと、さながら息子を戦地に送り出すといったていで、明日の夕飯は赤飯にすると言いながら涙をぬぐっていた。

 母の異常な雰囲気に、剛志はこれ以上特務について質問する気になれなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る