ex. HERE COMES A NEW CHALLENGER!

 二周目に入る前にエクストラステージということで、ネタにするほどでもなかった、オチも何もないこぼれ話をもう少しだけ。


 最近レトロゲームというと、ゲーム実況が流行っているような気がします。

 今までゲーム実況は、配信する側はおろか、視聴もほとんどしたことがないという私。正直言って興味がありませんでした。


 しかし今年になって心境の変化がありました。

 今までレトロゲーム小説を書いても、ほぼ同人誌即売会でしか頒布していなかった状況だったのですが、たまたまTwitterのプロモーションで流れてきた『カクヨム』というWeb小説サイトが目に留まりました。


 ――ほお、新しいサイトなんだ。試しに登録してもいいかも。


 そう思い、ものは試しと気軽に昔の作品を公開してみることにしました。


 私の作品は――まあ読んでいただいている方はおわかりかとは思いますが――お話的にも題材的にも決して万人受けするようなものではありません。同人誌はそこそこ売れはしたものの、感想などはほとんどもらったことがありませんでした。

 しかしカクヨムで公開してからはどうか。

 今まででは考えられないほどの方に評価やレビューをいただけています……本当にありがたいことに。


 自分の作品にレスポンスをもらえる。これがこんなにもうれしく、楽しいことだったとは、と気付かされました。

 ならば小説だけでなく、私の小説内に出てくるゲームのプレイを配信したら、もっと楽しいのではないか。プレイも口も下手でもいいから、やってみたらどうか。最近強くそう思うようになってきました。


 始められるのがいつになるかは私にもわかりませんが、どうか「みれにん」という名の下手くそなプレイヤーを見かけたら、生暖かく見守っていただければ幸いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る