20. VMでレトロPCゲームライフ!

 このエッセイを読んで懐かしくなったので、好きだった昔のあのゲームをひっぱり出してWindows10にインストールだ。同じWindowsだから大丈夫でしょ……う? 動かない! そもそもインストーラーすら動いてくれない!

 ……という事態は普通に起こり得そうですね。

 Windows95/98時代のPCゲームはその危険性大です。

 そんなとき、どうしましょう?

 ソフトだけでなくマシンもひっぱり出します? 処分していたらアウトですね。あとノートなら多少楽でしょうけど、デスクトップならちょっと……大変すぎでしょう。

 私なら、を利用します。


 仮想VirtualマシンMachine、略してVM。

 パソコン上で仮想的なマシンを作って動かす技術です。それ用のアプリケーションが用意されています。そいつで作ったマシンにOSをインストールすれば、今動いているOSから独立した別の環境ができあがるという寸法です。

 VMを作成し動かすアプリケーションは無償で提供されているものが多いので、こちらで用意しなければいけないのはOSとゲームだけです。

 無償提供されているものとして代表的なものは、『VirtualBox』『VMware Player』『Windows Virtual PC』『Hyper-V』などなど、種類も豊富なので迷ってしまいますね。

 『インストールしたいOS』と『今実際に動いているOS』、それと『仮想マシン』や『VM』あたりをキーワードにして検索してみましょう。インストール方法を説明してくれているページ等が出てくると思います。自分の理解できそうなページを参考にして、どのVMアプリケーションならインストールできそうか検討してみてください。


 ここで一つ、注意点を。

 どのVMアプリケーションを使う場合でも言えることなのですが、おそらくこうしてインストールしようとするOSというのは、すでにメーカーのサポート期限が切れているものかと思います。ということは、セキュリティーアップデートも行われていないことでしょう。その状態でネットワークにつなぐのはなことですので、ネットワークについて詳しくない方は、VMの作成時に『ネットワークアダプタ』を削除しておくことをオススメします。

 要するに、物理的なマシンで言うところの、LAN、ということになります。こうすることで、ネットワークの脅威から身を守ることができるわけですね。危険因子は根っこから対策しておきましょう。

 ただゲームを遊びたかっただけなのに、VM経由でネットワーク攻撃を受けて本体側OSもボロボロ……なんていうのはいやですからね!


 ついでにもう一つ。

 VMは今動いているOS上で動作させるものですから、CPUやメモリといったリソースの上限はもちろんマシンに依存します。

 設定できるからといって上限めいっぱいに設定すると、本体側のOSを動かすためのリソースがなくなってしまうので、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

 リソースのご利用は計画的に。

 とはいっても、例えばWindows98を動かすとしたら、メモリは128MBもあれば十分でしょう。今のマシンならば少なくとも4GBくらいのメモリは搭載されているかとは思いますので、そこまで動作に影響することはないでしょうね。




 ちなみにうちのメインマシンは、CPUはAMD製の8コア、メモリは16GB、みたいな感じです。これだけあればVMいくつか動かしていても全然余裕ですよ!

 4年前のハイエンド~ミドルレンジクラスの間くらいの性能でもそんな感じなので、最新マシンを使っている方ならもっと余裕なんでしょうかね。

 ああ、最新マシンを組みたい! PCは未だに自作派なんですよ。余談ですが、CPUはAMD一筋でやってまいりました。初めて買ったDOS/V機――またの名をIBM PC/AT互換機と呼ばれる、今一般的に使われているWindowsマシンのアーキテクチャーですね――のCPUがK6-IIIでしたしね。目立たないけどいいモノでした。

 やっぱり自作はいいですよ。PC-98時代もムリヤリ拡張したりしていましたが(『13. Brand-new Gameが私を成長させる(後編)』参照)、ゲームを快適にプレイするために自分のマシンをチューニングすることができるんですから! そりゃあうまくいかないことも多々ありますけど、それも含めて楽しいんです。愛着もわきますしね。

 快適なマシン環境で快適なゲームライフを!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます