由香の場合

 今日も憂鬱な朝が来る。

 月曜日。土曜日曜と死んだように過ごしていたのに、今日からまた一週間生きた気のしない日々が始まる。



 由香は大変に美しい女性だった。

 スラリと伸びた手足に小ぶりだが形のいい胸、そしてきゅっと引き締まったウエスト。切れ長の目も少し大きめの口も、由香のスレンダーな体型によく合っていた。

 それでいて「天然」と言われる性格が、出会う男性を虜にする。事実、由香はとてもよくモテた。


 一週間7日のうち、由香がと実感するのは水曜日だけだ。水曜日はあの人が家に来る。水曜日はあの人と一緒に住んでいる人 ──世間では嫁と言うのだろう── が夜勤で家にいないから。

 

 水曜日、仕事終わりにいつもの居酒屋であの人と待ち合わせる。その日はいつもより少しだけ女性らしい格好をする。由香の、長く細い膝から下を綺麗に見せてくれるひざ上丈のワンピースにパステルカラーのボレロ。背が高くない事を気にしているあの人の為に、ヒールは3cmに抑えたビジューのあしらわれた靴。

 普段はパンツスタイルの多い由香の、週に1度だけの秘密のおしゃれ。


 

 30歳も過ぎ、一応正社員ではあるものの薄給の事務員。

 夫もいない、恋人もいない。子供もいない。

 あの人のそばにいると決めて10年。

 ─── まだあの人の離婚は成立しない。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます