美鈴の場合

 ピピピピッピピピピッピピピピッ

 午前5時半、いつもの時間で目覚ましが鳴る。


 パチッ!隣で寝ている圭介を起こさないように、静かに目覚ましを止めた。そしてソーッと隣に目を向ける。

 「よしよし、美音みおはちゃんと寝てるな・・」

 今年3歳になったばかりの末娘の美音みおは、すやすやと寝息を立てて寝ている。──なんて可愛い寝顔なのだろう──

 結婚して1年で長男の啓太が産まれた。美鈴は子供は2人以上 ─出来れば下の子は女の子─ が欲しいとずっと思っていた。

 啓太が大分手がかからなくなってきた頃、そろそろ2人目を・・と思っていた矢先、友人達が相次いで不妊治療に通い始めた。

 年齢も啓太を妊娠した時より上っているし、もしかしたら自分も出来にくくなっているかもしれない・・そんな不安が頭をよぎったが、予想と反して美鈴はすぐに妊娠した。おまけに待望の女の子である。

 美鈴は嬉しくて嬉しくてこの奇跡をすぐに友人達に報告した。そしてみんなから返ってくる「おめでとう!よかったね!」の言葉。

 


 「朝ご飯は卵焼いて昨日の残りのミートボール、トマトとブロッコリー、啓太と美音みおにはヨーグルトとバナナ・・」

 「あ、お見送りから帰ったら今日は水周りのアカ落とししなくちゃ・・」

美鈴は忙しそうにひとりごちながらも、この得も言われぬ幸せな時間を楽しんでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます