シュークリーム奇譚

作者 高橋螢参郎

19

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

シュークリームの無い世界に抗う男の闘争をリアルなタッチで描き出している。
と書いて、どういう世界だろう、と改めて疑問に思い返したりはしたが
非常にエネルギーのある作品だったので何となく良しという気分になっている。
個人的には、クラブでシュークリームを食わせてやると叫ぶ場面が好き。

★★★ Excellent!!!

もし、自分が当たり前のように思っている常識が一変したら、一体どうなってしまうのか……?
題材がシュークリームと言う事もあり、一見してシュールで滑稽な物語に見えるかもしれませんが、そのこんがりとした「皮」には絶品のSF要素や圧巻の表現力と言う美味しい中身が含まれています。

つい何度も読み返したくなる、素敵なパティシェがカクヨム界に送り出した逸品です。

★★★ Excellent!!!

シュークリームひとつでこんな壮大な話ができてしまうなんて……。
唖然としました。
作者さんの妄想力に感服です。

パラレルワールドに迷い混んだ主人公。
元の世界の違いは、シュークリームとマリファナが入れ替わっていること。
この世界では、シュークリームは違法の薬物扱い。
シュークリームが大好きな主人公は困惑し、決断し、奮闘し、慟哭する。


本作品について語りたいことはまだまだたくさんあるのですが、シュークリームが食べたくなってきたので、またの機会に(^_^)/~~

★★★ Excellent!!!

最初は笑って読んでいたのですが、これは、なんてこったい……。
ここまでロマンあふれる壮大な話になるとは思いもしませんでした!

シュークリーム一つでこんなにも人間は悲しくなれるのかと
不思議な想いに駆られております。
シュークリーマーに、乾杯!