初雪の天使

 生きることに疲れたキミコはマンションの屋上から下界を見下ろしていた。

 生きていく気力もないけど死ぬ勇気もない。

 大きなため息をつくと漫画の吹き出しのような白い息が出た。

 目の前をはらりと白いものが落ちていく。

 あ、初雪だ。

 キミコは空を見上げた。だが、落ちてきたのはそれ一つだけ。しかも落ちていった初雪がふわふわと目の前に漂ってくる。

 キミコは手のひらに受けようと腕を伸ばしたが白くて丸いものは意思を持っているかのように離れていく。

 これ何?

 もう一度そっと手のひらを近づけてみたが、やはり不自然な動きで逃げた。

 これはいったいなんなのかと首を傾げじっと見ていると、丸い形が細胞分裂するように頭と胴体に別れた。背には翼が生え羽ばたきを始める。

 ええっ天使? まさかね。新種の虫かしら。小さくて可愛くてクリオネみたい。やっぱ天使にしか見えない――

 逃げるだろうと思いつつも、もう一度手を近づけた。

 突然、丸くてつるっとした顔が横にぱっくり割れた。真っ赤な断面にギザギザの歯が並んでいる。

 えっ? と思った瞬間、それは指に食らいついた。

 悲鳴を上げながらぶんぶん手を振り引き剥がしたが、人差し指の肉を噛み千切られ、流れ出た血が袖を濡らす。

「なんなの、おまえっ」

 後退るキミコに血まみれの天使がふわふわと近寄ってくる。

 キミコは踵を返すと全速力で屋上の出口に向かった。だが、脚に激痛が走り再び悲鳴を上げた。ふくらはぎに天使が食らいつき、はぐはぐと肉を抉っている。

 引き剥がそうと手を伸ばしたが、素早い動きで脚から離れた天使はキミコの喉笛にかぶりついた。肉を食みながら体内に潜り込んでいく。

 空を仰いでキミコがくずおれた。次から次へと降ってくる雪が見える。それらがキミコの上に舞い降りた。

 死にたくない、助けて。

 心からそう思ったが、外からも中からも食い尽くされてなす術がなく、欠けていく眼球で最後の空を見ていた。

 

 マンションの下では初雪を喜ぶ子供たちの歓声がしていたが、その声はすぐ絶叫に変わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます