汽車

 こんな初心者用のハイキングコースで迷うとは思ってもみなかった。

 木々の密度加減からして深い森ではないようだが、もといたコースを見つけることができない。

 下手に動けばかえって悪い状況に陥るだろうと思ったが、人の姿も声もなく、なぜか鳥のさえずりさえも聞こえないこの森が不安でたまらず、じっとしてはいられなかった。

 コースに近づいているのか、もっと奥に入り込んでしまっているのか、行けども、行けども、同じ景色ばかりで状況がわからない。

 非常にヤバいのではと思い始めたころ、かすかな音が聞こえて足を止めた。

 だが耳を澄ましてあたりを見回しても、何も聞こえず何も見えない。

 葉擦れが聞こえただけだろうとがっかりしたが、木々を揺らすような風がまったく吹いていないのに不思議だった。

 歩き始めてしばらくするとまた聞こえてきた。小さくて途切れ途切れだが確かに聞こえる。

 耳を集中させ、音の鳴るほうへと足を向けた。

 シュッシュッシュッ。

 近づくにつれ音がはっきりと聞こえてくる。

 何の音だろう。人の声にも聞こえるが――

 足を速め、しばらく行くと二十メートルほど先の木立の間から人の姿が見えた。

 よかった。助かった。

 そう思ったが、何か違和感がある。頭の中で警報が鳴り響き、思わず木陰に隠れた。

 そっと近づいて様子を窺うと、十数人の老若男女が前の人の肩を持って一列に繋がり汽車ごっこをしている。シュッシュッという音はその人たちの口から発せられているようだった。木々やでこぼこと飛び出した根、繁茂した低木や下草をものともせず、軽やかなテンポで前進している。

 大の大人が何のためにそんなことをしているのか。見てはいけないものを見ている気がして膝が震えていた。

 先頭を含む全員がうつむいているのにぐんぐん前に進んでいる。

 なにかの撮影でもしているのかと周囲を見回してもほかには誰もいない。しかも、人々が木立に隠れるたびに人数が増えたり減ったりと変化する。

 もし彼らに戻る方法を訊けたとしても、森の外には出られないと確信した。

 この場から離れようとそっと振り返ったとき、枯れた木の枝を踏んでしまった。ぱきっという乾いた音は木立の間によく響いた。

 シュッシュッと言う声が止んだので恐る恐る視線を向けると、汽車の先頭がゆっくり、こっちに方向転換するのが見えた。

 うつむいていた全員が顔を上げた。誰もが曖昧な輪郭で滲んだようにはっきりしない顔をしていた。

 ポッポオオオオオ

 先頭が声を上げると人汽車はものすごいスピードで突進してきた。

 逃げる間もなく目の前まで迫ってきたが、やはり彼らの表情は濡れた薄紙を張り付けたようにはっきりと見えなかった。



 シュッシュッシュッと言いながら足踏みをする。

 緑一色の景色は滲んでぼやけ、はっきり見えているのは前にいる青年の肩とそれをつかむ自分の手だけ。

 ポッポオオオオオ

 その音を合図に汽車が動き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます