僕は100パーセントの女の子に出会った

作者 真野絡繰

102

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

洗練された会話にキラリと潜む恋の予感。
メロンソーダの爽やかさとバニラクリームの甘さをまとった、クリームソーダのような二人の出会い。
一字一句無駄のない完璧な構成にただただ唸る。
オチも納得の完成度です。
短編ってこうやって書くんだな~、というお手本のような作品。

★★ Very Good!!

公園で繰り広げられる素敵なボーイ・ミーツ・ガール。
なんだかスタイリッシュな会話をするなぁと思っていると……。

この男の子と女の子は、出会うべくして出合ったのです。
そう、読者の私たちを楽しませるために。

はい、完敗です。
短編はこうでなくてはいけませんね。

Good!

ショートショートですので、内容に触れるとまずいですよね。

わたせせいぞう先生の、「ハートカクテル」のイメージを重ねてみました。
無国籍風の、センス良い会話に魅かれます。

途中でオチは読めたかなと思いきや、ラストで見事に裏切られて面白かったです。

ラブコメは食わず嫌いの私ですが、こんな素敵なお話ならもっと読んでみようかな、なんて思わせてくれました。

★★★ Excellent!!!

短編の参考にと覗かせて頂きました。
たった2000字の中に詰め込まれた素敵な出会い。言葉の掛け合いにどんな結末を迎えるのか読み進めると、期待を裏切る素敵なオチが(。>д<)
面白かったです。思わず微笑みました。ありがとうございます。笑顔を頂き感謝です。

★★★ Excellent!!!

「はあ、村上春樹か」
ぼくはニヒルに鼻でわらうと暇な朝のコーヒータイムにページをめくる。
何のことはない、セリフまわしが洒落てて、アメリカンかぶれな恋愛小説。それだけのことだろう。うん、そうに違いない。
外を見る。青空が広がっていた。コーヒーを口に含んで、再び目を落とす。
ため息ひとつ、視線はラストへ向かって進む。

……あ、れ?

衝撃が走った。
なんじゃあ、これは!

ごめんなさい。
ぼくは作者に謝らなければならないだろう。それほどにラストシーンには驚愕した(^_^)Vもはや言葉も出ない。ぜひとも、貴方自身の目でご確認下さい。

★★★ Excellent!!!

何だよコレ、すごいじゃん!」
というのが、正直な第一印象。
いやー、やられちゃいました。

途中からクスクス笑わされて、
そのうち爆笑させられて、
最後にバックドロップで放り投げられた。

下手なレビューなんか必要なし。
自分で読んで確かめたほうがいい。
村上春樹のファンなら爆笑できる。

『ノルウェイの森』の誤訳問題まで
知ってると、さらに楽しめる。
作者は、そこを分かって書いてるから。

この作者の他の作品もすごい。
たった2000文字なのに、濃厚で。