第4話「地上に帰れる条件」




 その日、学校から帰ると自室にはアルトがいた。

「お帰りなさい、柚季さん」

 アルトは柚季の姿を見るなり、そう言って微笑む。

「・・・ただいまー」

 柚季はその微笑みに、少し違和感を持った。

 それはいつもと違い少しだけ引きつっているように見えたのだが、柚季は朝あったことを話そうと思い、

「アルト!今日の朝ね、すずが一つ目のヒントをくれたの」

「!」

「すずがくれた薬飲んだら、変な夢みて・・・そこにこれと同じ白い本がでてきて・・」

 柚季はそう言いつつ、机の上に置いたカバンの中から白い本を取り出し、ページを広げてアルトに見せた。

「ほらっ夢の中でみた文をそのままかいてみたんだけど・・・どう思う?」

「・・・」

「わたしが思うに、この白いページって・・この文章をかくためにあるんじゃないかな!?だから、もしかするとっ・・・──アルト、どうしたの?」

 柚季は、黙りこくったままのアルトのことが気になったので、話すことを止めると彼を見た。

 アルトは、にっこりと笑うと、

「よかったじゃないですか!柚季さん。大きく前進しましたね!」

「・・・うん」

「僕がこの仕事、やめる前に進展があったみたいで安心しました」

「・・・──は?」

 柚季は自分の耳を疑った。

「仕事やめるって・・・!?」

「・・・すみません。突然こんなことになってしまって」

 アルトは静かに目を伏せた。

「でも、大丈夫です。僕の代わりに来るヒトがいますから・・柚季さんはそのヒトと・・」

「ちょっと待って!どうしてこんなことになったの?

 アルトがこの仕事、やめなくちゃいけない理由が分からない!」

 柚季は突然のことに困惑したまま、そう言葉を並べた。

 アルトは苦しげに微笑む。

「理由なんて単純ですよ・・・失敗が多いからです。

 今までは大目にみてもらえていたんですが、優歌さんの件でそれも難しいものになってしまったみたいです」

「!・・だって優歌のときはっ・・」

「柚季さん、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ?やめると言っても・・・別の部署に移してもらうわけですから」

「でもっ・・」

 柚季は口ごもる。

 今まで頑張れたのは、アルトがいたからなのに・・・これからもそうであると信じていたのに・・・──。

 突然そんなこと言われても、納得いかなかった。

「課長も言っていましたけど、この仕事、やっぱり僕には向いてなかったみたいです・・」

 アルトはそう言って、困ったような笑顔を作った。

 柚季は課長という言葉に思わず、

「あの小さい課長が、アルトのことやめさせたの?」

「・・・そうですけど、仕方のないことだったんですよ?」

「・・・」

 柚季はそれを知って、より納得いかなった。

 アルトは信用しきっているみたいだが・・・柚季にとっては、あの課長は絶対に信用できない。

(もしかして、このこともわたしへの嫌がらせ?)

 そんなことを思ってしまう。

「柚季さん、今まで本当にありがとうございました。最後まで一緒に頑張れなかったことが、本当に残念です・・」

「・・──アルト、その課長と一回、話させてほしいなー・・なんてダメ?」

「えぇ!?」

「課長に会って、何するんですか?」

「だからっ・・アルトが仕事、やめなくちゃいけない本当に理由を・・」

 とその時、ドカンッという大きな音がした。

「!」

 ビクリとして、そちらの方へ視線を動かすとクローゼットの扉が開き、そこには・・

「あ、シイカ。早速きたんですね」

「おうっ・・やることは早く済ませてーからな!」

「・・・」

 柚季はたった今柚季の部屋に来た、黒髪の天界人のことをじっと観察する。

 どこかでみたことある・・・あの時、優歌の魂を切断した彼、だ。

「・・柚季さん、彼が次の担当になったシイカです」

 アルトがそう言葉を並べると、シイカは柚季の背中をバシリと叩き「よろしくな!柚季!」とにこやかに言ってくる。

 柚季はそれに思わず、眉を寄せた。

「・・シイカって・・魂と体の繋がりを切る?みたいな仕事してたよね?その仕事はしなくていいの?」

「あ、柚季さん知ってるんですか?」

 アルトは意外そうに目を丸くする。

「うん、見たことあるし」

「そーだよな!オレたち会ったことあるもんなぁ。

 でも大丈夫だぞ。オレがアルトの仕事を代わるかわり、アルトがオレの仕事やることになったんだしな」

「!・・」

 柚季はそれに、シイカの仕事現場を目撃したときのことを思い出す。

 ・・・あんな残酷な仕事、アルトにできるのだろうか。

「・・アルト、嫌じゃないの?」

 柚季が呟くようにきくと、アルトは

「そんなことはありません。シイカの仕事も、やりがいのある重要な仕事ですから!でもやっぱり不安はありますが・・」

「──・・でも、アルトには・・」

「・・・」

 柚季が言葉をこぼすと、アルトは困ったような笑顔を浮かべた。

 するとシイカは、

「柚季~!アルトと一緒じゃなきゃ嫌なのかっ・・愛されてるなぁ!アルト!」

 シイカはそう言うと、アルトに笑いかけた。

「・・・」

「そ、そーいうのじゃないから!ただわたしは、アルトのことが心配で・・!!」

「──・・大丈夫ですよ。

 今回の仕事は僕には合わなかった、だから、別の仕事に移動する、それだけの話ですから」

 アルトの表情はいつものように穏やかだったが、その声はいつもの違い力強いものに感じた。

 柚季はそんなアルトの言葉に「・・そうか」としか返せなかった。

「今までのことや、白い本のことについてはシイカに話してありますから・・」

「・・うん」

「柚季さん、今まで本当にお世話になりました。これからもあまり無茶せず頑張ってくださいっ」

 アルトはそう言うと、ペコリと頭を下げる。

「・・アルトもね」

 柚季がそう呟くように言うと、アルトは頭を上げにっこりと笑った。

 そして彼は背を向けると、フワリと浮き上がり天井を通り抜け姿を消してしまった。

「柚季~アルトってほんと、いいやつだよなー。まっ、それだけなんだけどな」

「・・・」

(このまま・・アルトにはもう会うことはないのかな)

 柚季は心の隅で、そんなことを思う。

 それが事実だとしても・・あまり実感できない。

 もう、アルトに会うことはないんだって・・・──実感できない。

 いや、認めたくない。

「おーい柚季、きこえてるかー?」

 シイカが黙りこくったままの柚季の顏を覗き込んでくる。

(それに、このシイカってヒト、あまり信用できないし・・)

「・・はぁ」

 柚季は小さくため息をつく。

「ん?さっき溜息つかなかったか?」

「ついてないから」

「そっか!ならいいけどなぁ」

「・・・」



「リツ、あの仕事はアルトには酷すぎるんじゃない?」

 ミオはアルトがでていき、リツボシと二人きりになった部屋でそう言葉をこぼした。

「・・・誰もやりたがらない仕事だから、特別に”記憶を残せる”っていう条件がでてるぐらいだし。

 それでも希望者は毎回少なくて、ほんと困っちゃうんだよね」

 ミオの呟きに、デスクのイスに腰掛けたリツボシは腕を組み眉をよせた。

「はぁ~・・・だからって、同じ仕事のままでも効率悪すぎだろ!?アイツは魔女に対しても、柚季に対しても優しすぎる」

「んー・・確かにそうなんだよね」

「いざとなったら、あの薬を使って感情をコントロールしてやることも可能だ。シイカみたいにな」

「・・・」

 ミオはそれに沈黙を置いた後、

「リツ、それはアルトが望んだ場合、だけだよね?」

「あぁそうだよ!」

 境界の魔女は自分たちにとってはやっかい者、のはずなのだが・・──

 その力を利用している者が天界にはいる。

 ミオはその事実に少なからずうんざりしていた。

 けれど、どうこう言うのも面倒なので黙っておくのだが。

「・・・」

 それとあともう一つ。ミオには気になっていることがあった。

 切断係は、地上のいろいろな場所に行くことが多い。

 ・・・地上には、アルトのことを知っている人物がいる。

 彼、とアルトが会うようなことがなければいいのだが。

(まぁ会ったとしても、面白そうだけど・・!)

 ミオの口元にはいつのまにか、笑みが浮かんでいた。

 リツボシのこの判断が、今後の展開にどう関わってくるかとても楽しみだ。



 数日後・・の放課後。

 柚季は、美術室を去る琴音に「また明日ね」と手を振ると、ため息をついた。

 今日の朝、すずから伝言があったのだ。

 白い本からすずの声が聞こえてきて、「二つ目のヒントをあげるから、私の家にきて」と言われた。

 そのことは柚季にとって嬉しいはずなのだが、気付けばため息ばかりついてしまう。

(あのシイカってヒト、本当に大丈夫なのかな)

 何だかとても不安だ。

 アルトはちょくちょく顔を見せにきてくれたのだが、シイカはあの日から一度も来てくれない・・・し。

(っていうか来てくれないんじゃ、すずの家に行くこともできなんだけどっ・・)

 はやく行かないと、すずの気が変わってヒントを聞き逃してしまうかもしれないのに。

 柚季はそんなことを考えつつ、道具を片付け始めた。

「絵、上手だなー!」

「!」

 その声にはっとして顏を上げると、いつのまにか、そこにはシイカが立っていた。

 彼は興味津々な様子で、机の上に広げてある描き途中の絵をのぞきこんでいる。

 そして、そこから視線を外すと柚季を見て、二カッと笑った。

「よ!柚季、何か変わったことあったか?」

「・・・やっときた」

 柚季はため息混じりに、そう言葉を返す。

「悪りぃ悪りぃ、オレもまぁいろいろ忙しいんだよ」

「あったよ!すずからの連絡!二つめのヒントをあげるから、すずの家に来てだって」

「おっそうなのかー!じゃぁ行ってみるか?」

「うん」

 柚季は即座に頷いた。



 柚季はシイカと共に、境界にきていた。

 すずの家に向かおうと歩き出そうとしたその時、シイカが口を開く。

「オレ、すずの家、一回しか行ったことねーから、場所よく覚えてねぇんだよなぁ・・柚季はどうだ?」

「大丈夫。わたし覚えてるから」

(シイカ、すずの家に何しにいったんだろ・・)

 柚季はそう思いつつも、シイカに返事をする。そして歩き出した。

 シイカも柚季の隣を歩く。

「ちなみにな、オレがすずの家に行った理由は、柚季の魂を切断するためだったんだよな」

「は?・・でもわたし、こーして生きてるけど」

 柚季は、シイカの思わぬ言葉に眉を寄せる。

「・・ま、これもアルトのお蔭ってことだよな」

「?・・」

「あ、次、柚季の寿命がきたら、魂を切断するのはアルトなんだよなぁ・・

 そうなった場合、かなり気まずいよな、お前ら割と仲良かったしな」

「・・・って言うか!そんな縁起の悪いこと軽々しく言わないでくれない?

 ──・・・あっとしてもそんなこと、ずーっと先のことだし!」

 シイカがにこやかに言ってくるので、苛立った柚季は思わずそう返した。

「おう!そうだといいな!」

「・・・・はぁ」

 ・・・しばらく歩くと、すずの家に到着した。

 柚季は家の扉の前に立つと、シイカに

「ここだよ、すずの家」

「そうなのか!やっとついたな」

 すると、シイカは手の中にポンッと何かを現した。

 ・・・見覚えのある、分厚い本。

 アルトが術を使う時の本だ。

「それ、アルトのだよね?」

「おう。使うかもしれねーから、アルトから借りたんだよな」

「・・・っていうか、使い方とか知ってるの?」

 アルトが本を持つとしっくりくるのだが、このシイカが持ってもどうも似合わない。

 だから、その本をシイカが上手く使っているところも想像できなかった。

「ん~知らねぇな!」

「やっぱり」

「・・適当に使えば、どうにかなるだろ!」

「かなり不安なんだけど・・でも、大丈夫だと思うよ。今回は術なんて使う時ないと思うし」

 柚季は、すずの家のドアを開いた。そして「すず、入るよー」と言いつつ、中に歩みを進める。

 ・・返事はなかったが、柚季は本棚が立ち並ぶ薄暗い部屋をそのまま歩いて行く。

 その後にシイカも続く。

「・・・」

(何だろう・・)

 始めは、この闇とこの迷路のような本棚が不気味なものに感じたのに・・今ではその感覚が全くしない。

 柚季は赤の瞳を隠している眼帯を外し、その景色をじっくりと両目に映した。

「・・・」

 逆にこの景色は・・安心感がある、そう思うのは柚季の気のせいだろうか。

「何か・・似てるな~境界の魔女に」

「!・・え」

 見ると、隣を歩くシイカが柚季を見ていた。

 柚季はその言葉に、少なからず動揺する。

「・・だって、すずとわたし、姉妹だし・・似ていても仕方ない・・よ!」

「そうか!そういえばそうだったなっ」

「・・・」

 柚季にとっては、苦し紛れの言い訳だった。納得なんてしたくても、できない。

 すずの家に安心感があるのも、自分がすずに似てきたのも、きっと・・・──すずの薬がきいてきた証。

 すずが自分の体をじわじわと乗っ取っていっている証。

「・・つーか、魔女の奴、でてこねぇーなぁ。もしかしたら、留守なんじゃねーのか?」

「どうだろ。来てって言われて行ったんだから、いるはずだと思うけど」

 すずの家に入ってしばらく歩いているが、すずは姿を現さない。

 そのうちでてきてくれるとばかり、思っていたのだが・・・。

 柚季は立ち止まると叫んだ。

「すず!いる!?いるならでてきて!!」

「魔女~いねぇのか?」

「・・・」

「・・・」

「・・今日はアルトくんじゃないのね」

「!」

 その声に振り返ると、そこにはすずが立っていた。

 彼女は赤い瞳を歪ませ、微笑む。

 ・・・柚季はその姿を見て、あぁやっぱりすずはどこか不気味だ、と改めて感じた。

 柚季は口を開こうとするが、シイカがその前に口を開く。

「おっ魔女、でてきたな。ちなみにアルトは、別の仕事に移動したぞ」

「ふぅん、そうなの。残念ねぇ」

「・・ねぇすず!あの夢ってどんな意味があるの?」

 柚季は二つめのヒントをもらう前に、確認しておきたいことがあった。

 すずからもらったあの薬を飲んでみた夢。

 幼いすずらしきヒトと、文字の列がある白い本。

「そうねぇ、あれは一つ目のヒント、そのものよ」

「それだけじゃ、分からないんだけど」

「・・はは、ダメよぉちゃんと自分で考えなさい」

 すずはそう言いつつ、柚季の方へゆっくりと歩みよってくる。

「!・・」

 柚季は思わず身構えた。

 すずは、柚季の目の前で立ち止まると

「あ、でもこれだけは言っといてあげるわ。

 あの真っ白な本を文字で埋めるってことも、・・とても大事よ」

「!・・・」

(文字で埋める・・・やっぱりあれで間違ってなかったんだっ・・)

 あの夢の中で見た白い本は、全てのページに文字がかかれてあり・・その物語は完結しているようだった。

 きっと柚季の持っている白い本も、あの夢の本と同じようにすれば・・・きっと、何かある。

「そんなことより、もっとよく見せて」

「!・・」

 すずは、柚季の方へその白い手を伸ばしてくる。

 そして、その顏を両方の掌で包み込み、柚季の左目を覗き込んだ。

「・・まえ見た時より、だいぶ綺麗な色になったわねぇ。とてもお似合いよ、ゆず」

 すずは口元に満足げな笑みを浮かべる。

「そのうち、こっちの瞳も・・・」

 その言葉と同時に、すずの視線が柚季の左目から右目へと動いた。

「ちょっと離し・・」

 とその時、シイカが柚季とすずの間に割って入り、二人の距離を引き離す。

「余計なことは、しねーことだな!」

 シイカは微笑みを浮かべ、そう言った。

「・・・はは。頼もしいのね、君は。ちょっとゆずとお話ししたかっただけなのに」

「・・・」

 柚季はシイカの行動が意外だと思いつつも、彼の背中の後ろでほっと胸をなでおろした。

 シイカはいつもヘラヘラしているが、いざという時は真面目に動いてくれるタイプ?らしい。

「・・・──すず。二つ目のヒント、教えてくれるんだよね?」

 柚季がシイカの後ろからそう訊くと、

「そうよ、そのために来てもらったわけだしね・・・二つ目のヒントは・・」

「・・やっぱり魔女のことなんて、信用しない方がいいんじゃねーのか!?

 ヒントがどうだのって・・ただ柚季のことを使って楽しんでるよーにしか、見えねーよ!」

 柚季がすずの言葉に、耳を傾けていると、シイカがそう言った。

「・・・」

「・・・」

 シイカのその言葉に、重たい空気が周囲を包み込む。

 柚季は、必死になって

「仮にそうだとしても、わたしの体を取り戻すには、すずのことを信じるしか方法はないんだよ!」

 シイカはそれに口元を緩める。

「ほんとにそうか?気弱なアルトには出来なかったかもしれねーけど、オレには出来るぞ」

「!・・」

「この魔女を消滅させること!そうすれば、柚季も”呪い”から解放されて、一件落着ってわけだしなぁ」

 すると、シイカは手の中に術の本を現した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます