no.44 WorstEND

「アンタ、最近はずいぶんこわい顔で、アイツの寝顔を見てるよな」

 ソグ博士の吐く煙の量は、なんだかいつもより多いようだ。そのため彼の表情はまるで伺えない。ドルトンは首をかしげるだけで返事をしないが、その様子もソグ博士からは見えないだろう。

「どんなに待っても、カワイイあの子に戻ることはないぞ」

「わかっていますよ、そんなことは」

 ドルトンは苛立ちサブマシンガンの手入れを再開する。ちょうどこの間、黒髪の女から指摘されたばかりだというのは、恥ずかしいので言えるわけがない。


 黒髪の女がグレゴリールームを出ていって、しばらく経つ。部屋の時計はすべてが狂っているので、どのくらい経ったかは分からない。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 華奢な背中を押し倒すのは案外たやすかった。うねりのある長い髪を握りしめると、そのまま勢いよくひっぱり上げた。ギョロリとした彼女の目と、自分の視線がぶつかる。

 彼女が無表情なのがとても気に食わない。そのまま勢いをつけて、石の床に頭を振り下ろした。何度も、何度も。できるだけ強い力で。往来から叫び声が上がるが、誰も近付こうとしない。それでいい。いびつな音が、骨から右手に伝わってくる。打ち付けた箇所の皮膚が裂け、血が吹き出し地をしとどに濡らす。でも、これで死ぬほどの痛みではない。こんなもので、死なれては困る。


「おま……え……は……」


 彼女の問いかけに答えようとしたが、それは怨嗟のうめき声にしかならなかった。もはや人と人の言葉のやりとりではないと自嘲の想いがこみあげてくる。これは獣の咆哮の一種に過ぎない!

 もう一度、彼女の髪を掴んで曇天を向かせると、その小さな口に薬を流し込んだ。手でふさいでやると、もう相手は薬を飲み込むしかない。これでいい。

 飲ませたものはしびれ薬だ。ついでに1日経てば血反吐を吐いて死ぬ程度の毒だが、これはあくまで保険のつもり。自分が、この女を、殺せなかった時のための。


 さて四肢が動かなくなった彼女の、その両手両足を、調達したハチェットで順番に切り飛ばしていく。相手は痛みに叫ぶ。いい、それでいい。もっと苦しめばいい。


 あの子はどうやって死んだのかなと思って、四肢もなく転がる彼女の首に手を伸ばした。そのまま力を入れると、くきゅ、と呼吸が詰まる音。でもこれで殺すのはなんか違うなと思ったので手を離した。涎と鼻水と、涙でぐちゃぐちゃの顔が大きく歪んで呼吸を受け入れる。とてもそれが滑稽に思えてきたので、血が流れ出す彼女の腕、その切断面から自分の手のひらに血をすくいあげる。そのままぺたりと彼女の鼻と口を、血だまりに浸してやった。手の中で血が泡立つ。


 自分の血で溺死するってどんな気持ちだろう! それに溺死は苦しいと聞いている。そうだ、この方法だ。しかし手から血がこぼれて、この攻め方はすぐに終わってしまった。血液量が足りない……。


 そのやり方は最後でいいやと思って攻め方を変えることにする。準備していた薬を女の背中に垂らす。アシッド・アタック、それは強力な酸だという雑な説明を過去に受けたが仔細は忘れた。効能はどうでもいい。こいつが殺せればどうでもいい。


 ざわめきが周囲を覆う。距離を保って、咎める声。だれも手を出さない。誰も救いの手を伸ばさない。母と子は、誰にも助けられることはないと、ふたりのありかたがそれを証明している。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


「ハ」

 気分がよくなって笑い声が出た。その時、急に言葉を思い出したような気持ちにとらわれる。恨み節が嘲笑に変わっていくのが自分でも理解ができる!

「私が」

 【母】は諭すような声を出す。

「どうして、こんなことをしているのか、分かる?」

 『母親』ならばこう言うだろうと、必死に想像した声色。"黒髪の女"は首を歪に曲げて"彼女"を見る。

「私の赤ちゃん、殺した」

 【母のなりそこない】は酸を手に取ると、それで黒髪の女の目を覆う。黒髪の女は絶えきれず絶叫をあげた。相手の目と同時に自分の手がただれるが、【母種の女】は意に介することはない。すでに痛覚は魔法でなくした。溶けた皮膚だって、再生できる。その方法もどこかの世界で習ったもの。


「私と、あの人が結ばれるの、すごく大変だった」

 薬液を黒髪の女の太ももと生殖器めがけてぶちまける。痛みに跳ねようとする身体は、痺れ薬のために満足な動きができない。びた、びたと地上に打ち上げられた魚のような動きを見て「ハ」と呼吸するように笑うと、【母だったもの】は彼女の体を踏みつける。蛍光色のスニーカーに、融解する彼女の皮膚が付着して汚す。

「やっと生まれた子。私とあの人の愛の結晶。みんなで名前を考えて、これから健やかに、愛されて育つはずだった子」

 【母親】は泣き出す。

「ろくな思い出もつくれないうちに、貴女は、私たちから、あの子を奪い去った」


 カバンから大型のノコギリを取り出した母親は、それを使って彼女の太ももを叩いた。力任せに胴体から切り離そうとする。黒髪の女は意識を飛ばすことができない。『母種』の話は、聞かなければならないから。


「あの子のこと、思い出そうとしても、あなたにさらわれて泣く声ばかりが耳を突く!」

 【女】は泣く、泣きながら反対の足にもノコギリを叩きつける。足が雑に解体される。切断面はぐちゃぐちゃだ。でも自らの身に起きている惨劇も、美しく泣く【母】の顔も、黒髪の女の溶けた眼ではもう見ることはかなわない。

「私達が何をしたっていうの!!!」

 【親】は咆哮した。それは一時期グレゴリールームに届いていた風の音で、この時ようやく黒髪の女は、あの声が【母】のものだったと悟る。彼女の意識は細い線のようになっていた。両足はすっかり失われ、内臓も先程から貫かれ殴られまともに機能していない。両腕は、今まさに【母親】にねじ切られようとしている。いや、ねじ切られた、無理に回して、人体では許容できない回転によってちぎられた。


 黒髪の女を救える者はいない。【母種】は彼女がたったひとりになる瞬間を狙って飛来してきた。別の世界から、同じ『母種』を犠牲にしながら、魔の力で渡界を続けてきた。すべては復讐のために。


「謝って! あの子に謝って!」

 口を動かそうとする女の、鼻と口に、すべての切断面から溢れる血をすくい、もう一度押しつける。

「なんとか言ってよ! 謝ってよ! あの子の尊い命を奪ったこと、懺悔してよ!」

【母】は【子】の呼吸器官に体液を押し付け今度こそ溺死させようとしている。


「だ、誰か、あの殺しをやめさせるんだ!」

 遠くでようやくひとり声をあげた。黒髪の女にだけ分かることだが、勇気を出して呼びかけた、この声の主こそが今回の彼女の目的だった。彼の行動は、自分ですら自分を救えないという事実を明らかにするだけのものだった。


 空は曇天。石畳の隙間に、赤い血液が流れていく。Comaにいた頃でさえ、この様に虐げられたことはなかった。当然だ、あの場所では【子】は殺さず、いたぶり続けるのが目的楽しみだった。今の彼女は、子を殺すために、いたぶり続けるのが目的楽しみだ。


 酸素が欲しくて咳き込む彼女の口に母は手を突っ込んだ。そういえば舌を噛み切れば人は死ねるということに、舌を奪い、奪われたことで、ふたりはようやく思い出した。何もかも遅かったが。舌が引き抜かれた口から血が溢れる。痛みは何重にも重なって全身を蝕む。

「ほらほら、謝って、謝って、ほら謝って!!」

 引き抜きたての、血まみれの舌で、黒髪の女の喉元を叩きつける【金髪の女】。黒髪の女は脳内で、自分の母の名を呼び続けていた。


 お母さん、お母さん、お母さん、お母さん。


 見えなくなった眼の向こうで、在りし日の母が笑っている。


 お母さん。


 ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇ ◇


 黒髪の女はついに事切れた。それに気づいた【母種】は、ブツブツと恨み節を呟きながら、黒髪の女の体をギザギザしたナイフで突きはじめた。頭を、胴体を、とりあえずめちゃくちゃにするために。


 凄惨なショーに人々は身が竦んで動けない。みな、狂った女によって殺された狂った女の末路を見物する客でしかない。


 【お母さん】は黒髪の女の内臓を少しずつ取り出したり、脳をすくいだしてみたり、鼻や耳など、目立った器官をそぎ落としたりしては、肉をその辺りにばら撒いたり、取り出した骨は細かく叩きつけたり、並べて文字を作ってみたり、髪の毛を燃やしてみたり、とりあえず思いつく限りの損傷を目指した。時折、内臓をつかって悪趣味が過ぎるジョークを見物客に披露したが、誰も笑わなかったので自分で「ハハハ」と笑った。


 6回目のジョークを披露したタイミングで、女のキャップが飛んだ。とんできた鉛玉のせいだ。まとめられた金の髪が解放される。【母】がそちらに目をやると、銃を構えた聖職者が立っていた。彼の顔は、悲痛に歪んでいる。いたぶっている最中の黒髪の女より、もっと歪んだ顔をしていた。

「もう、やめてください……」

「お母さんに逆らわないで」

 【母だったもの】は立ち上がり、レンガブロックを構えた。その手は正確に撃ち抜かれるが、【子殺しの女】がブロックを手放すことはない。

「なにも痛くないわよ?」

 【母親】は優しく笑ってみせる。いたずらをたしなめる時はきっと、こんな顔をすべきなのだろうと想像しながら。

「お母さんね、あなたのいたずらなんて、こわくないの」

 両手と顔を血で真っ赤にして【母の演者】は笑う。

「だから、もうやめて?」

 ドルトンによって【彼女】は脳や心臓を撃ち抜かれているが、一歩ずつ、距離を詰めていく。いたずらなんてこわくないから。そう繰り返しながら。


 Mother will be Madness。

 【彼女】は狂った復讐鬼。

 その脚に黒髪の女の腸が絡み、赤い色を石畳に広げていく。


「お母さんね」

 弾丸は肩や子宮を撃ち抜く。【お母さん】は歩みを止めない。

 黒髪の女の生首がごろりと転がった。彼女の骨の大部分は、薬品で溶けてしまっている。

 ドルトンは【女】の両足の関節を撃つ。耐えきれず【お母さん】は崩れ落ちる様にその場に座った。でもこんなことで、死ぬわけがない。

「あなた、悪い子ね……」

「申し訳ございません」

 それについては悪びれた様子もなく、ドルトンは【母】の喉元に最後の1発をぶち当てた。それが皮膚を食い破り肉に宿った瞬間、母の体色が、真っ黒に代わる。


「え?」


 【女】の肉という肉から、赤子の叫び声があがった。

「赤ちゃん!? 私の! 私の!」

 【お母さん】は自分の肉を抱きすくめる。泣き出す。どちらが赤子かはもう分からない。黒く染まった人肉が、赤子の泣き声を全身からあげながらのたうち回る。


 やがて【それ】は動かなくなった。赤子の泣き声は、もう聞こえない。


 ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇ ◇


 魔法が解けたかのように、見物客たちは我に返ると、ほうぼうに散っていく。街頭に残るのは、転がる肉片とドルトンだけだ。

「7発当たれば必ず殺す、魔法の弾丸……」

 ドルトンは呟く。そして、かつて黒髪の女だった、無残な肉片の前に歩み寄った。その末路はズタボロも良いところである。溶けた目玉はくり抜かれ潰されて地に染みをつくり、開け放された口と破れた頬から白い歯が見え隠れしている。彼女の体の半分ほどはドロドロに溶けていて、遺された骨でつくられる弾は、きっと3発ぐらいにしかならないだろう。薬で溶かされていなければ、1人前よろしく、7発の弾ができたのに。


 ドルトンは誰に指示されることもなく、黒髪の女のきれっぱしを集めはじめた。彼の大きな手は、溶けた肉と血で汚れていく。着ていたコートに彼女だったものを集め、ひと抱えの荷物にした。その間【母親】の死体に目を向けることはない。


「冥土の土産、というべきでしょうか……」

 ドルトンが撃った弾は、かつて黒髪の女が殺した赤子の骨で出来たものだ。

「本来は、彼女の復讐のために使われるはずのものだったのですが、お返しします」

 ドルトンはコート越しに血濡れの肉塊を抱きしめた。

「ああ、すべてが、無駄になってしまった……」

 肉塊は、それでもまだ温かい。赤子に戻った黒髪の女を抱いているようだった。頬をすりつけると、コート越しに滲んだ血で顔が汚れた。なにかの奇跡でも起きないかと、そっとコートをめくって中を見てみたが、赤とピンクの塊がこちらを覗き返しているだけだ。


「せっかく彼女を憎き『殺人鬼』に戻せたのに」

 ドルトンは泣く。

「彼女が死んだら、意味がないじゃないですか」

 ドルトンは泣く。そうして、肉塊を抱えて、グレゴリールームに帰っていった。


 そういうわけで、黒髪の女は死んだ。享年不明。死因は判別不可。悲願であった復讐を果たすこともなく、彼女の生はここで絶えた。


 石畳の床の上にはかつて誰かの母だった死体が残されている。

 彼女はHappyBulletにされないので、誰かが死体を回収してくれることもない。

 不可解な事件のサンプルとして、この街の資料に残されるだろう。


 そういうわけで、【名称不明の女】も死んだ。享年24歳。死因は呪殺。悲願であった復讐を果たし、自らの子との再会した上で、その生をまっとうした。


 ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇ ◇


 誰かが手をたたく音が聞こえる。その世界流の祈りの仕草なのか、それとも終幕を讃える拍手なのか、人によって捉え方が異なるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます