No.42 レイ『母親たちはあとを追う』

 離れた場所から、心臓を一発。

 鉛玉が食い込んだ、少年は崩れるように倒れた。

 遺言も何もない。破裂した心臓から溢れるのは、後悔という何の役にもたらない感情。

 ああすれば良かった。こうすれば良かった。授業をサボらなきゃ良かった。今ここに来なければ良かった。

 血液は地面を伝っていく。どこにたどり着くこともなく、地に染みていく。


 パチパチと拍手が聞こえたので、黒髪の女は振り返った。ドルトンが無感情な目で両手を叩いている。

「お見事です」

「馬鹿にするな」

「いえ、逆です。こんな離れた位置から、一発で仕留められるなんて、お上手になられましたね」

「やっぱり馬鹿にしている」

 黒髪の女は鉛玉をドルトンの足元に向けて発砲した。彼の3mほど手前で弾がはじけた。

「や、やめてくださいよそういうことは!」

「生意気をきくから」

「そういうつもりでは!」

「いいから死体を運べ」


 黒髪の女は、薬のおかげですっかり元に戻っていた。逆に調子が良くなったぐらいである。

 今回は標的を見つけるのも早かったし、殺すのも実に手際が良かった。


 この少年から弾が5つ分しかつくれないのは、おそらく彼に小動物を殺す趣味があるせいだが、そんなこと黒髪の女は知らないし、周りも知る由がない。

 レイ少年の死をもって、彼の秘密は永遠に葬られる。めでたし、めでたし。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇ ◇


「レイ……」

 母親は、血の染みの前で涙をこらえた。

 愛する息子が行方不明になって半年がたつ。

 警察によると、この出血量では助からない可能性が高いという。

 彼がどこに行ったかは誰も見ていない。この血だけが、彼の居た証明である。


 そこは小学校の裏手で、飼育小屋の前。ウサギたちが野菜を食んでいる。

 レイ少年が死んでから、ウサギの脱走事件が減ったのだが、その因果関係には誰も気がつかない。


「あなた、子供を殺されたんですね」

 声をかけられたので母親は顔を上げた。金髪の女性が見下ろしている。

 逆光のはずなのに、彼女の表情はよく見えた。こちらに憐れみを覚えている、優しい瞳。

 女性は陽から自分を守るようにキャップを被っていた。ウインドブレーカーに、下はぴっちりとした9分丈のスパッツ。蛍光色が目立つスニーカー。

 この人は、スポーツをやっているのだろうか?

 そんなことをぼんやりと考えていたので、金髪女性の言葉に返事をすることができなかった。いや、その言葉をそのまま受け止めるのを拒否していたのかもしれない。


「子供を、殺されたんですね」

 返事をしないことは許されないと言いたげに、帽子を被った女は念を押すように問う。

「ま、まだわかんないです……」

 証拠がないのでそう答えるしかない。

 レイは殺されたのか。なんで? あんなに、良い子だったのに。

「あなたの子供を殺した人は、もうこの世界にはいません」

「……は?」

 何を行っているのか理解できない。息子を殺した犯人も、死んだということなのだろうか……

 だとしたらこの人は何者なのだろうか。死者の遣いだろうか。母親の頭はキャパオーバーを起こしている。


「犯人は、別の世界に逃げたのです」

「えぇ……?」

 もうどうでも良くなった。息子を失ってつらいのに、どうしてこんなことを言われなくちゃいけないのだろう。新手の宗教勧誘だろうか。

 母親は無性に腹が立ってきて、帽子の女を無視してこの場を去ろうとしたが、彼女がいつのまにか包丁を構えていたので、ひっと声を漏らす行動しかできなかった。


「犯人は別の世界に逃げたけれど、私からは逃げられません。あなたの息子の分も、私が殺してみせます!」

「あなたは、何をしようとして……」

「復讐です!」


 帽子の女が浮かべる、晴れ晴れとした笑顔に負けた。だから渡界に必要なエネルギーを下さいと言われて腹を刺されたことにも反応ができなかった。

 吹き出す血を媒介にして、帽子の女は呪文を呟く。彼女の両足に血液が絡まり、そのまま女は空を蹴った。青空に赤い穴がぶち抜かれ、帽子の女はそこに飛び込みこの世界を後にする。


 後には倒れる死体だけが残る。レイ少年の血の染みが、母の血によって上書きされることはない。母の血はすべて、見ず知らずの女の渡界の燃料として消費された。

 きっとほどなくして、この場所は「かわいそうな親子が小学校に潜む通り魔に殺されてしまった場所」というむちゃくちゃな怪奇スポットとなるわけだが、それはまた別の物語である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます