ⅴ 転がり堕ちる銀の弾丸

no.41 ルゥリエ『黒髪の女は帰らない』

 湖のほとりに男女が立っている。鏡のように美しい水面を眺めているのは"黒髪の女"だ。柔らかな風に、彼女の柔らかな黒髪が揺れる。

「ドルトン」

 黒髪の女は優しい声で男の名を呼ぶと、彼の長い指を手にとった。手のひらではないところが、またいじらしい。

「あそこ、はじめて見る鳥がいます」

 そう告げる彼女の黒い目は、宝石のような青い尾羽根を持つ鳥を追っていた。

「あれは……自分も見たことがありませんね」

「大魔女様に報告しましょう。でもその前に、ベリー集めですね」

 片手に持った銀のカゴを見る女。その中には白銀のりんごしか入っていない。

「どっちが多く集めるか競争しましょう」

「あの……敬語つかうの、落ち着かないのでやめてもらえませんか?」

「そうですか? ごめんなさい、この話し方が慣れていて……」

 女は恐縮した態度を見せると、えへんえへんと咳払いをした。

「ドルトン、今度はあっち、行こう」

 照れ笑いと共に、森を指差す黒髪の女。握られた指先まで自分の手汗が伝うことがないように、ドルトンは慌てて手を離すと、取りつくろうように咳払いをした。

「ほだされるなドルトン……」

 黒髪の女には聞こえないように、精一杯低い声をつくって自らを嗜める。

「この女を赦すな……」

 先に駆け出してしまった黒髪の女は、しかしすぐに木の根に躓き転んでしまった。せっかくの藍のエプロンドレスが乾いた土に汚れてしまう。ドルトンは慌てて彼女にかけよって、起き上がるのを手助けする。彼女の手は白くて小さい……。


「ゾッコンだねぇ」

 湖畔に建つ魔女屋敷にて、ふたりの様子を魔法の双眼鏡で眺めているソグ博士が、吐き捨てるようにつぶやいた。

「かわいいねぇ、私の若い頃にそっくり」

 ロッキングチェアを豪快に揺らしながら老婆が笑う。彼女の名前はルゥリエ・エンドラ・チャイルド・ルール・ビッグマザー……以下略。名前が驚くほど長いので、皆は彼女のことを『ルゥリエ』あるいは『大魔女様』と呼ぶ。

「それで、どうやったらあの女を元に戻せる?」


 結論を言うと、庭師の世界で受けた性格改変は、まだ黒髪の女に影響を及ぼしていた。グレゴリールームに帰っても黒髪の女が元に戻ることはなく、例えば銃を持たせても震えて床に落とすだけで、キッチンに至っては怖がって入ろうともしない。


「自分でやろうとしないのが、ソグ博士の悪いところだね」

「俺は何でもできる男だと思っていたんだが、どうも原種オリジナルの力には及ばないようで」

「原種と大魔女様には及ばない、だろう」

「ああそうだな


 魔女屋敷の天井からは、そこが花畑だと言わんばかりに色とりどりの花束が下がっている。壁一面に敷き詰められている本は、その筋のものなら心臓でさえ喜んで差し出すぐらい貴重な魔導書の数々だ。足元に転がる頭蓋骨の中では、毎秒ごとに魔法薬が精製され、それはひとりでに魔法の小瓶の中に入ると薬棚に歩いて戻っていく。棚の奥に貼り付けられているのはたくさんのレシピで、その中のひとつに『HappyBullet』のレシピも混ざっていた。


「困った時に大魔女頼みなのはやめなよねぇ。心臓がいくつあってももたないわぁ」

「どうせアンタが殺されるのは一番最後だ。アンタは有用だからな」

「その恐怖からも解放できそうじゃないの? 今の、あの状況」

 大魔女ルゥリエは庭先を指差す。ドルトンが黒髪の女をおんぶしている。目を離すたびに、あのふたりは距離を縮めているようにも思う。

「さすが我らの起源」

 ルゥリエは花の茎を口から離し、光る粒子を煙草の煙のように細く吐いた。ソグ博士が咳き込んでみせるが、ルゥリエが気にすることはない。

「『子』ってのは愛されるものさね」

「俺ぁ愛された記憶はねぇなぁ」

「あなたはの人生だったようねぇ。あなたを見ていると、私がいかに恵まれた人生だったか、実感できるわ」

「そんな人生をアイツによってグチャグチャに終わらせてもらうために、どうか元に戻してやってくれ!」

「むちゃくちゃ言うわよねぇ……」


 魔女屋敷の扉が開かれる。黒髪の女とドルトンの帰宅だ。黒髪の女の両頬は、いつのまにか泥で汚れていて、長い髪には枯れ葉が絡まっている。ドルトンは疲れ切った様子で、銀のカゴを扉脇の台の上に置いた。中には金や銀や宝石色に輝くフルーツがぎっしりとつまっている。本日のふたりの成果だ。

「おかえんなさい」

 大魔女が声をかけると、黒髪の女はパタパタとルゥリエに駆け寄り、彼女の皺だらけの手をとった。

「ただいま戻りました。言われたとおり、ベリーは16個見つかりましたよ」

「他にもいろいろ取ってきてくれたんだねぇ、えらいねぇ」

 ルゥリエが目を細めて笑うと、黒髪の女ははにかむような笑みを返した。褒め言葉が嬉しくて、いっそ何も言えない様だ。

「ど、ドルトンもがんばってくれたので。いっぱいほめてあげてください」

 ようやく黒髪の女はそう言うと、ドルトンに向かって「こっちおいで」と手招きをした。恐る恐る近づくドルトンの頭を、ルゥリエはぐしゃぐしゃと豪快に撫でる。

「あはは」

 髪がボサボサになったドルトンを見て、黒髪の女が笑う。

「わ、笑わなくても」

「だってドルトン、私よりひどい髪になってます」

「早くお風呂入ってきなさいな。エンデルの森に行ったのなら、香草はいつもより多めに使いなさいな。悪魔を念入りに祓うのよー」

「はい!」

 黒髪の女は素直に返事をすると、ソファ脇の木箱から香草を正しく取り出した。

「ツヤ出し草もいいですか?」

「いいけんど。何かあったのかい?」

「ドルトンみたいに綺麗な髪になりたいんです」

 ドルトンと大魔女は互いに顔を見合わせた。ソグ博士はソファの角で、花の香りに負けないくらい香りの強い煙草をくゆらせている。

「好きなだけお使いよ!」

「ありがとうございます、大魔女様」


 黒髪の女が部屋を出ていくと、全員が大きな、大きなため息をついた。

「気持ちわりぃ」

「悪くはないですが、調子が狂います」

「もう一生あのままでいてほしいくらいだわね……」

 全員が違う感想だった。


「ドルトーン……」

 ソグ博士が心底軽蔑した声を絞り出す。ついでに煙草も投げつけたが、それは即座に反応されて、大きな手で握りつぶされた。

「分かっています。自分でも頭がおかしいと分かっていますとも。おおウルク・グア・グアラント様、どうか私を正気に戻してください……うう、強烈な幻覚をかけられているようだ、大魔女様、どうか自分をお助けください」

「いや正直ぜったいあのまんまがいいと思うの。あれが子種としてあるべき姿よ」

 緑色に光る液体をちびちびと飲みながら大魔女は答える。天井から下がる紐をひっぱると、足元に置いたスピーカーから水音と鼻歌が聞こえた。シャワーを浴びる黒髪の女の音声情報がダダ漏れだ。

「この歌」

 ドルトンが耳を赤くして、口元を手で覆った。

「何の歌なの?」

「聖歌です……まさか聞かれていたとは、そして覚えてくださってるなんて」

 思わず祈りの手をつくって自らの神に感謝の言葉を捧げだすドルトンの背をソグが蹴り倒す。花びらまみれの床に倒れても、ドルトンは祈り続けていた。

「ルゥリエ様ぁ、原種の恐ろしさは嫌という程よーくわかった。庭師種が固執する理由も、この童貞聖職者を見ていりゃわかる。なぁ同じ子種仲間だろう? 手を貸してくれ、金ならある、労働だってやる、っていうかこの俺がここまで頼んでいるんだ、切羽詰まっているのは十分に理解できるだろう?」

 土下座、深い礼、胸に手を当てる、大魔女の足に額をあてる……など、ありとあらゆる世界で見かけた礼を尽くす姿勢を再現し、ソグ博士は懇願する。彼の顔色はいつもより3割増で悪い。

「長らく連れ添った相棒の変化に戸惑いを隠せない大悪人ね」

 ルゥリエは愉快そうに言うと、両手で四角い窓をつくった。一瞬指先がピンク色に光り、ソグ博士の様子が大窓に転写される。

「俺を辱めたければ好きなだけドーゾ……」

「あらら、完全に弱っているじゃないの」

 大魔女が手を離すと、窓の外は静かな楽園の景色に戻る。

「このまま放置しておけば、きっとソグ博士もあの子を可愛がりたくなってくるはずよ。本来あの子は、Comaにて愛され、そして貶される役目なのだから」

「あのような愛しい子を、どうして貶そうと思えるのです……」

 床に転がったままのドルトンが嫌悪に呻いた。

「だって、壊したくなるでしょう?」

 ルゥリエは何も疑問に思うことなくそう言い放った。ソグ博士もゆっくり、同意するように頷く。

「……大魔女様は、あの子を壊したいと思っておられるのですか?」

 ドルトンがゆっくりと立ち上がった。髪の毛をはらい、花びらを落とす。

「壊したくて仕方がないわよ」


 ガタン、と音がした。振り向くと、風呂からあがった黒髪の女が、部屋の入口で尻もちをついて倒れていた。柔らかな黒髪から水滴がポタリと落ちる。着替えた服から伸びる四肢は華奢だ。思わずドルトンは彼女に駆け寄って助けおこしていた。彼女からは、いい匂いがする。多分、香草風呂のせいだけではない。

「大魔女、様……その、ごめんなさい」

 目に涙を貯めながら、黒髪の女は謝った。

「よく理解していないのに謝ろうとするのは、子種の悪いクセなのよ」

 ほらね、と言いたげに大魔女ルゥリエはソグ博士に目線をやった。俺に話をふるなとソグ博士は首を振る。

「さあ、何を謝っているのか、説明してごらんなさい!」

「……私、別の世界で、人を殺して……その罪を償う前に、大魔女様のところに来てしまいました」

 震える彼女の肩をドルトンが支える。黒髪の女は細い指でドルトンの腰のあたりを掴んだ。まるですがるかのような動作。思わずドルトンは、鼻で強めの呼吸をしてしまった。

「私は、自らの罪も忘れて、ここで楽しい時を過ごして……」

「ここでの暮らしを楽しいと思ってもらえるんなら、この世界の管理者として嬉しいこたぁないね」

 大魔女はソグ博士に見せつけるように誇らしげな顔を浮かべる。同じく世界の管理者だったソグ博士は、ズタボロだった自分の世界を思い出そうとしたが、もう仔細を忘れてしまっていた。なので特別悔しいとも思えなかった。


「我らが起源よ、あなたはもっといっぱい人を殺しているのよ。あなたが覚えている数の何百倍も! でも私が最も許せないことはは、私の魂の双子、ウゥリエを殺しておきながら、しっかりHappyBulletにできなかったことね」

 大魔女ルゥリエは、赤に燃える瞳を黒髪の女に向ける。

「あの子の命を、ムダにしたことを怒ってんの。わかる?」

「わ、私、どうしたらその罪を償えますか……?」

 小動物のように震える黒髪の女を、ドルトンは思わず抱きしめた。黒髪の女は彼の胸の中でハラハラと涙を零す。この子を守ってあげなければという強烈な想いに、ドルトンは支配されている。

「もういいでしょう、大魔女様……貴方の嗜虐心の理由は、よく分かりましたから」

「フフ、責めてるわけじゃないのよ、我らの起源。あなたの本質が、どうしようもないだけなんだから」

 そのやりとりの大部分が理解できない今の黒髪の女は、大きな瞳でドルトンを見上げている。水滴が光る彼女の長いまつげを見て、ドルトンは、ああ、と深く息をついた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 寝室の扉が唐突にノックされたので、思いのほか元気な声でドルトンは返事をしてしまう。返事をしたが、しばらくは次のアクションがなかった。扉に向け歩きだしてようやく、「ドルトン……」という黒髪の女の消え入りそうな儚い声が聞こえた。ドルトンは慌てて扉をあけ、彼女を部屋に招待する。

「どうされましたか?」

「あの、あの……」

 恐縮しっぱなしの黒髪の女をなだめるために、ドルトンは彼女の頭を撫でる。遠い世界で、カフェテリアの店員が彼女にそうしていた様をふと思い出し、その手は止まった。そして黒髪の女が頭をあげてドルトンを見上げる。

「今夜、いっしょに寝てもらえませんか?」

「ねぇ、ねるって、自分とですか!?」

「ひとりじゃ、ねむれなくて……あと」

 黒髪の女が眉を寄せる。自分を恥じている表情だ。

「ドルトンといると、安心できるんです……」


 さあどうぞ、と白い布団をバサリとあげたドルトンは、実に単純な男であった。


 かくして共にベッドに入ったドルトンと黒髪の女。彼女に配慮してちょっと距離をとろうとしたが、彼女の方からぴったりとくっついてくる。自分の心臓の音がうるさい。ドルトンは聖職者であり、女性とこのような夜を過ごしたことはない。添い寝すらない。添い寝すらないのだ。聖職者だから。

「なんだか……」

 黒髪の女が声を漏らしたので、ドルトンは思わずビクリと跳ねた。極端に緊張しているのが自分でも分かる。黒髪の女からは、やはりいい匂いがする。いつもの血の匂いとは、まるで違う。

「お母さんと寝ていた時のことを思い出します……」

「お母さん、ですか」

 がっかりしたような、安心したような気持ちがないまぜになる。彼女が復讐のために淡々と人を殺して回っていることをドルトンは知っている。しかし、彼女のパーソナリティについては、ほとんど知らない。興味も沸かなかった。これまでは。

「お母さんは、どのような方だったのですか?」

 ドルトンの問いに、黒髪の女は急ぐように答えた。

「やさしくて、きれいで、つよくて、やさしくて、だいすき」

 母親のいいところを、少しでも多く伝えるために。

「ここよりもずっと簡素な寝床だったけれど……私が寒くないように、お母さんはいつもあたためてくれたんです。こうしてぴったりくっついて」

 彼女の温かな身体が触れるので、ドルトンは正直それどころではない。黒髪の女に与えられた寝間着は、大魔女ルゥリエのお古のため極端に大きく、黒髪の女はそれをワンピースのように着用していた。あらわになっている彼女の白い足が、ドルトンの薄い寝間着ごしの足に絡まる。

「……あの、自分は貴方のお母さんじゃないので、こうもくっつかれては、ちょっと」

「ドルトンの身体も、あったかいですね……」

「うぅ」

 彼の理性より彼女の無垢が勝った。ドルトンは敗北宣言を心の中で繰り返す。ふと、黒髪の女にグレゴリールームに連行された時のことが脳裏をよぎった。彼の世界から切り離されてしまった、最悪の記憶。ドルトンは、殺される前にせめて一人前の男になりたかったことを思い出す。

 魔法のライトは睡眠を阻害しない程度に明るい。彼女の肩、首筋、頬が白く光って見える。ふと黒髪の女の顔に視線を戻す、彼女の目はいつのまにか閉じられていた。小さな唇からは、スウスウと安心しきった寝息。グレゴリールームに居た頃はガサガサだった唇だが、今では丁寧に手入れがされて柔らかく艷やかなものになっている。震える指で彼女の唇を触ると、ふに、と柔らかかった。


「っぶない……」

 ドルトンは慌てて指を離す。これが子種の起源の為せる技か、とドルトンは離した指で自分の唇をなぞっていた。邪な想いを振り払うために、彼女と出会ってからの最悪の日々を思い返すことに決める。それは、気が重く、狂いそうで、実際狂っていて、血なまぐさい、最低の日々。

 ふと背中にぬくもりが返ってくる。黒髪の女が自分にすがっていた。首だけそちらを向くと、愛しい子がそこには眠っている。まるでこの至福の瞬間は『これまで耐えてきたご褒美』だと言わんばかりの温かいものである。

「……神よ、どうかお許しください」

 古龍に簡素な祈りを捧げると、ドルトンは黒髪の女の首筋に、そっと自らの唇を寄せた。なめらかだ。いい匂いがする。柔らかい。手を彼女の胸元に忍ばせる。柔らかい。


 ……これ以上は、無理だった。


 ドルトンは勢いよく起き上がると、ベッド脇でトントンと垂直ジャンプを繰り返す。自分の心を落ち着かせるため、極力意味のない行動に従事する。彼の心臓は早鐘のように鳴っていた。がむしゃらに深呼吸を繰り返す。髪をかき乱す。屈伸を繰り返す。うめき声が口から漏れる。

「神よ、やっぱりお許しくださらなくて大丈夫みたいです」

 顔は真っ赤で、全身汗だく。そういえばドルトンは自分の年齢がいくつになるのか認識できていない。グレゴリールームにいると、時間感覚は大きく歪む。

「ああ、自分は、きっと一人前にはなれない……」

 結局その夜、ドルトンは木の床の上で寝ることにした。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 夢の中でドルトンは、グレゴリールームに戻っている。キッチンの冷蔵庫の横に立ち、ソグ博士の吸っている煙草を自分がくゆらせている。味も匂いもしない。作業台の上には血に濡れた麺棒が転がっている。たぶん、先程まで自分が使っていたものだろう。

 窓枠を見ると、銀色の弾丸が陽の光を受けて並んでいた。そのすべてには名前が刻まれている。

 アリシア。イヨリ。ウゥリエ。エッタ。カケル。キャロル。ケード。サミュエル。ジョアシャン。スーコ。タイダラ。チルチル。ツー。ニイナ。ネガラシ。ノア。ヒーゼル。フエル。フタリ。ヘラッキス。ミカゲナ。ムーンストラック。モラル。ヤマカド。ユー。ヨルダ。

 その他、名前の認識できない、たくさんの弾丸。黒髪の女からつくられた弾丸は、実は名有りの弾丸よりも多いかもしれない。

 並ぶ弾丸の中にドルトンとソグの名はない。彼らは弾になれない。人としての価値がないからだ。命を対消滅させるに値する重みがない。


 いつのまにかドルトンは、白いベッドの上で黒髪の女を組み敷いていた。柔らかな笑みを浮かべる彼女を、ドルトンはこれから損なおうとしている。価値がない自分が、こんなことをしていていいのだろうか? 思わず顔をあげると、まだ役目を果たしていないHappyBulletたちが床に転がっていた。いたたまれなくなって視線を黒髪の女に戻すと、そこには嫌悪の顔を浮かべたいつもの彼女がドルトンを睨んでいた。ボサボサの黒い髪を投げ出して、ガサガサの唇を動かす。

「ドルトン」

 苛立っている声だ。ああ、ドルトンのよく知る彼女だ。ドルトンはなんだか安心して、愛おしむような手付きで彼女の憎悪に歪んだ目を覆い隠した。


 夢はそこで終わった。布団の気配がする。身を起こすと、木の床の上でドルトンと一緒に黒髪の女が眠っていた。布団は彼女がかけてくれたのだろう。黒髪の女は、ドルトンに甘えるようにぴったりとくっついていた。

 彼女の本質とは何なのだろう。ドルトンは黒髪の女の頬をくすぐると「ベッドに戻りましょう」と声をかけた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


「ヤッたか?」

「ヤるわけないでしょう、彼女相手に!」

 ソグ博士になじられながら、ドルトンは薬液の重さを測る。

「昨日、アンタの部屋がドンドンうるさかったんだけどなァ……」

「それは自分のジャンプ・トレーニングの音でしょう」

 まったくウソではない。まったくウソではないのだ。ドルトンは銀の卵を割ると、卵黄だけを薬液に入れてとかしはじめる。カチャカチャと軽快な調理音。

「一応ゴムもお前の枕元に仕込んでおいたんだけど?」

「なんですかゴムって?」

「コン……いやなんでもない。俺が全面的にわるぅござんしたよ」

 観念して煙草の煙をガーッと吐くソグ博士。やめろと言うかわりにドルトンは彼の足を踏んだ。この場に居ない黒髪の女は、大魔女に言いつけられて川へ水汲みに行っている。


「ガチで『一人前』になれたかもしれない、最後のチャンスだったのになァ」

「『一人前』になったらそれこそ、自分は殺されるでしょうから。貴方や大魔女様と違って、自分にしか出来ることは無いんです」

「そんなに自分の命を大事に思うんなら、つくらなきゃいいんじゃないの、ソレ」

 ロッキングチェアを激しく揺らしていた大魔女ルゥリエが、長い花の茎をドルトンに向けた。ドルトンは今、黒髪の女を『もとに戻す』薬をつくっている。レシピはソグ博士が薬品棚から見つけ出したものだ。ソグ博士はそれっきり協力しようとはしなかった。


「貴方たちが、HappyBulletなんてものを、彼女に教えなければこうはならなかったんですよ」

 ドルトンは憎悪の目をふたりに向ける。魔法使いたちは顔を見合わせて、ヘラリと厭な笑みを浮かべた。

「ところであなた、お料理じょうずなのねぇ」

 寸分違わず薬品づくりの工程を順当に進めていくドルトンに、大魔女ルゥリエは賛辞の声を投げかけた。

「……慣れているので」

 死体をすりつぶすより、植物をすりつぶす方が断然楽なのだ。


「ただいま戻りました!」

 黒髪の女が戻ってきた。

「なんだかいい匂いがしますね?」

 ガラス瓶を抱えた黒髪の女が、キョロキョロと辺りを見回しながら部屋に入ってくる。今日の服装は赤のエプロンドレス。黒髪の彼女に、よく似合っていた。

「水はそこでいいわ。ちょうど、ドルトンがお菓子をつくってくれたとこよ」

「ドルトンが?」

 黒髪の女は両手をあわせて喜んだ。

「ドルトンはなんでもできるんですね」

「なんでもはできませんよ」

 ドルトンは困ったような笑みを浮かべ、ソグ博士はヒヒっと厭らしい声を漏らす。

「さあ、お食べよ」

 ドルトンの代わりにソグ博士が、枯れ枝のような細い指でテーブル上のケーキを指差す。それは彼女の肌のように白い色をしたケーキだ。飾りつけもなにもない、ともすれば未完成品にも見える、シンプルな"薬"だ。

「それとも愛しのドルトン君に食べさせてもらった方がいいかな?」

「ケーキぐらい自分で食べられます。子供じゃないんですから」

 冗談に反応する、その表情すら愛らしい。黒髪の女は、いただきますと言うと白いケーキを手にとった。開いた口から赤い舌がのぞく。それはすぐに白いクリームで隠れてしまった。


 ガシャン、と音がひとつ。


 一瞬なので、誰も判断がつかなかった。大魔女ルゥリエのロッキングチェアがゆらゆらと揺れている。だらりと垂れた指先から、黒い血が滴り落ちている。彼女の頭は、ガラス瓶でかち割られていた。ルゥリエの前に立つのは黒髪の女。唇の端に残ったクリームを、赤い舌でぺろりと舐め取った。

「ドルトン、死体を運べ」

 いつもの声だ。ドルトンは、まだ残っているケーキの前で、呆然と立っていた。

「さっそく殺すなんて、威勢がいいなァ」

 ソグ博士が引き気味に笑った。黒髪の女は首をかしげる。あの時のような愛らしい首のかしげ方ではなく、首を真横に折るような、狂った傾け方だ。

「この女には前から約束していた。次に会う時は、お前を殺す時だと」

「あー、そうだったなァ」

 動こうとしないドルトンに舌打ちをして、黒髪の女は自ら大魔女の遺体を背負った。その時に自分の格好に気がついたらしく「なんだこれは」と嫌悪の声を漏らす。


「部屋に帰る」

「ゲート開くから待ってな」

 ふたりのやりとりが遠く聞こえる。ドルトンは目の前のケーキを掴むと、自分の口に放り込んだ。自分でつくったものながら、それは甘くて美味しかった。きっとも、喜んで食べてくれただろう。きっときっと、食べ終わった時に「ドルトン、これすっごくおいしいです」と、微笑んでくれたに違いない。きっときっと、きっとそうだ。


 彼女を殺したのは自分だ。ドルトンは涙を堪えながら、白いケーキを飲み込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます