no.38 ヨルダ『よくできた息子』

「何故だ、何故だヨアン!」

「残念だな、お父さん、思い当たる節もないのか」

 相対する男がふたり。調度品に囲まれた応接間。月明かりが照らすのは、顔を覆い尽くし跪く青年と、高笑いをする恰幅の良い男性。

「魔女に唆されたか!」

 "青年"は、高笑いする"男"に食ってかかった。

「我が息子よ!」

 傍目には、食ってかかる青年の方が"息子"と呼ばれるに相応しい外見であった。そして実際、もともとはその青年が彼の"息子"他ならない。


 ふたりは、中身が入れ替わっていた。


「今日から僕がヨエル・ヨルダだ、お父さん……いや、ヨアン・ヨルダ君」

「精神の入れ替えなど、禁忌だ! 大罪だぞ!」

「大罪を犯してまで僕たちを入れ替えた理由はなんだと思う?」

「ふざけるなヨアン!」

 己だった男の身体に追いすがるが、あっけなく払いのけられた。絶望的な力の差。

「『銀行』が狙いか!」

 青年の声が震える。

「お前に継がせないと決めたからか!?」


 男はニンマリとした笑みを浮かべた。鏡の前ですら浮かべたことのない、下卑た笑いだ。中身が違えばこうなるのかと、"父"は絶句する。そして"息子"も笑みを浮かべて黙ったままだ。


「べ、別の理由か!?」

 かつては穏やかな笑みばかりを浮かべていた青年の顔は、今では世の終わりを知ったかのような絶望の色を浮かべている。

「病のない身体が欲しかったか!?」

「何を言っているの、お父さん。その体を蝕む病魔は、あと数年もあれば特効薬がつくられる」

 男は、しかし今度は繊細な笑いを浮かべた。

「お金があれば治るさ」

「もちろん払うつもりだ! お前を救うためにだ!」

 そう叫ぶ青年は咳き込む。口元を拭った、彼のシャツの袖口には赤色が付着している。


「金でも、体でもないのなら…」

 青年の顔が、悲愴に歪む。

「だ、駄目だぞヨアン。リリアンは私の愛妻だ。お前が手を出してはいけない女だ!」

「その"女"を手に入れるために、お父さんは何人を不幸にしてきたんだっけ」

「わ、私が一番あいつを愛しているんだ! この私が……!」

「お父さん、今の姿、母に追いすがる子のようだ。いや、たとえ話になっていないね、その見た目だと」

「ヨアン! 頼む、別の理由だと言ってくれ!」

「別の理由だと言ったら、他の理由が思いつく?」

 "父"は黙り込む。

 他の理由が直ちには思いつかない。

 ということは。

 自分の醜態をより深く抉る必要がある。


 これは、何の罰なのか?


「ヨアン……お前はどうして……我が息子よ……愛する息子よ……!」

「ああ、こんばんは中央病院ですか」

 絨毯を握りしめ苦悩する"青年"を無視して、男は病院に通信を入れる。

「いえ、息子がまた倒れまして。血を吐いているので、診てもらいたいんですよ」

「"ヨアン"!」

「おっと、錯乱もしているようです……」

 "ヨアン"と呼ばれた男は通信を切ると、床に伏す青年に銀の粉をふりかけた。

「フガ、なんだこれは」

「魔女の眠り粉だよ、随分とぼったくられた」

「だから、お前は、魔女との、つきあいは……」

 青年は急速に夢の世界に引きずり込まれていく。

「だから、銀行は、わたせ……なかっ……」

 そうして、完全に眠りの世界に落ちた。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇


 数刻の後、窓を叩く音。"男"が足を向けると、黒衣の者が数名、ベランダに立っていた。

「速い、さすが中央病院」

「ヨルダ氏、ご子息は……」

「あそこで寝ているよ。錯乱して、魔女の薬を吸ってしまったから当分起きない」

「それは酷い事故ですね」

「彼は魔女に近づきすぎた。魔女に攫われてしまわないように、病院で手厚く"保護"をしていただきたい」

「もちろん、ヨルダ氏のご期待に応えてみせます」

「ありがとう」


 搬送された"息子"を見送り、ヨルダ氏はニマニマと下卑た笑いを天井に向ける。

「待っていたよ」

 嬉しそうな声が男の喉から漏れる。

 それと共に、心臓を貫く音がした。


 ガタイのいい男は、彼よりもずっと華奢な黒髪の女に、背後から襲われた。

「待っていただと?」

 黒髪の女は鼻で笑う。

「人違いじゃないか?」

 ヨルダ氏は答えることができない。口から血が吹き出て、言葉にならない。

 震える手で、ポケットに忍ばせた魔女の眠り粉を取り出そうとするが、その指先は手斧によって吹き飛ばされた。抜けた指輪が大理石の床に落ちて音を立てる。大粒の宝石で飾られた、豪奢な結婚指輪だ。

「しまった」

 落ちた指を、黒髪の女は拾い集めると、ポケットにしまった。

「しかし、こんなデカい体でも、弾が4つしかつくれない」

 女は舌打ちをして、絨毯の上に倒れる男を見下ろす。

「身なりは立派、家族が居て、社会的地位もある……」

 血が広がり、絨毯を汚していく。男は言い訳をする様子もなく、伏せたまま。

「何かを犠牲にしないと、よりく成れなかったか?」

 黒髪の女は、足で男の体をひっくり返した。"重傷人"から"死体"に変わりつつあるそれは、予想以上に下卑た笑いを浮かべていた。

「何を、笑って」

 黒髪の女は一瞬、怖気付いた。どこかで見たことのある笑い方だったから。しかし"ヨエル・ヨルダ"は笑うだけで、何をしようということもなく。

「ざまあ、みろ」

 霞む目で黒髪の女を見てそう言うと、彼の命の灯火は、ゆっくりと消えていった。


「……。」

 なんらかの異変を感じ取った黒髪の女は、死体を前に、グレゴリールームに通信を入れる。

「死体回収に来い」

「え、今日はひとりでやれると言ってたじゃないですか」

 律儀に通信に応じたドルトンの声には、ヨルダ氏のような下卑た感情はなく、ただ純粋に『疑問』の意図が含まれていた。

「なんだか…」

 黒髪の女は言いにくそうにして、しかしきちんと理由を述べた。

「怖くて」

「こわい、ですか」

 ポカンとした物言いで返された。離れたところからソグ博士が笑っている声が聞こえる。

「ゾンビの回収はごめんですよ……?」

「いや、死んでる、確実に死んでいる」

 黒髪の女は、目の前の死体の、心臓や、目や、胸の動きを確かめる。

 そして彼女のギョロリとした目は、電気暖炉の上に飾られた写真に向かう。

 美しい妻と、満面の笑みを浮かべる子供と、まだ生きていた頃のヨエルの家族写真。

「花種と結ばれ、護衛種をもうけたか」

 ポケットにしまった、切り落とされた指先を握りしめながら、自分に言い聞かせるように、黒髪の女は繰り返す。

「ヨエル・ヨルダはもう死んだ」

 あの下卑た笑みの理由が分からないから、怖かった。

「死んでしまっては、何もできない」

 だから、もう大丈夫だと。


 やがて弾と成るヨエル本質正体を知る日は来ないかもしれない。彼もその日が来ることを望んでいない。黒髪の女にそれが知られない限り、ヨアンは勝者であり続けるのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます