no.37 ユー『風俗嬢に博士から、助言をひとつ与えよう』

 今回は、非常に手こずっているようだった。ヤツからは「標的が見つからない」という情けない連絡だけが入ってくる。その情けない現在状況以外は、どこで、何をしているのかも、こちらからは取り立てて把握しようとも思わない。ドルトンにヤツの対応を押し付けて、俺は"散歩"に行くことを決めた。

「あの人も、たまにはソグ博士を連れ回せばいいのに……」

 ドルトンはナイフの手入れをしながら、自らの扱いとの差を嘆いた。

「俺はそういうの、最初に断ったからな」

「初動が大事、ということですね……せいぜい、お気をつけて」

 投げやりな言葉を背に受けて、俺はグレゴリールームを後にした。基本的に外の世界に興味はないが、たまにはヤリたいことだってある。この世界で必要な知識や、通貨は、俺たちはすでに調達済みだ。ありとあらゆる手段によって。だから、基本的に好きに振る舞える。人を殺してまわるヤツのように、だ。


◆ ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇


「なんてこった」

 俺は裸の女の前で、大げさなジェスチャーをして見せた。女は明らかにオドオドしながら、こちらの様子を伺っている。俺が彼女を気に入らなかったと心配しているのだろう。他人が俺の機嫌を伺う行動をとるのは、実に気分が高揚する。

 彼女は、不安に思う必要はない。俺が先のような反応をしたのは、決してお前の胸の大きさ色形が悪いと言いたいワケではないのだ。女の柔らかな頬に手を伸ばすと、ビクンと小さく怯えた反応を返した。おいおい、いじらしいじゃないか。ひょっとしたら、身体を売る仕事についてあまり日が経っていないのかもしれない。

「お前、近いうちに、殺されるだろうよ」

 俺は今、実に気分がいいのだ。眼の前の裸の女こそ、ヤツが血眼になって探している"HappyBullet"の素材だ。そんな女と俺は、今は値の張るホテルの一室でこれから楽しいことをおっぱじめるのだ。ああ、ヤツを出し抜くということが、こんなにも気持ちいいことなんてな。

 さて、そこそこ衝撃的だろう俺の言葉を聞いて、女は困惑の表情を浮かべた。そののちに、ハハ、と小さく愛想笑いするというリアクションを選び取る。俺が妙な冗談を言ったと判断したのだろう。そういうご機嫌取りの笑みは、まったく嫌いじゃない。なんたって、グレゴリールームの連中は、俺に敬意を示さない者ばかりだ。比較的小さな世界で"叡智"の象徴だった俺は、もっと小さな世界部屋では"人で無し"という扱いを受けていた。在りし日を思い起こさせる彼女の反応は、俺の自尊心を満たしていく。


 グレゴリールームに居ると忘れがちになるが、元の世界じゃあ俺だって人並みに性欲を持っていた。好きなように女をつかえる立場でもあった。実った赤子はすべて実験に使った。俺は何もムダにしない男だ。

 まれに、週に1回なのか、100年に1回なのか、もはや時間の感覚が狂っているが、ふとこの虚しい享楽に耽りたくなる。そういう時は、ヤツのいない間を狙って女を漁る。そういえばドルトンは童貞をコンプレックスに感じていたようだったが、今じゃそういった話題も出さなくなった。あいつは"枯れる"タイプなのかもしれないな。

 ……なんて、お楽しみ中に別の野郎のことを考える必要はまったくないわけだ。俺は久しぶりの快楽を存分に享受する。


「あの、すごかったです」

 事後、寝そべって煙草をくゆらす俺の、あばらの辺りを撫でながら女は感想を述べた。殊勝な心がけだ。どうせそう言うように決まっているのだろうから、俺もてきとうに「そりゃよかった」と返してやった。

「こう見えて、体力はある方でな」

 枯れ木のようだ、とヤツやドルトンに嘲笑されたことを思い出しのでそう付け加えた。すると、もう一回やるつもりか、と思ったようで女は部屋の時計に目をやった。延長なんて、こちらは気にしない、金ならある。この女の身体をもう一度堪能したいかと問われれば、別にそこまでがっついた気持ちは無い。性欲は在ると言ったが、別段旺盛でもないのだ。

「あの、私が近いうちに殺されるって、どういうことですか?」

 恐る恐る、女が問う。

「そのままの意味だが?」

 今の俺は素っ裸なので、彼女の骨が"1人分"の価値があるかを測る道具が手元にない。こいつが俺と同じくらいクズか、ドルトンと同じくらい社会的に無価値であれば、死ななくて済むのかもしれないが。


 そういえば、ヤツを出し抜いたと嬉々として事に及んだが、結局俺は自分相手にヤッちまってるようなものである。気色が悪いなァと自分の髪をかいた。灰色のガサついた髪は、昔はヤツと同じ黒い色をしていたと記憶している。厭なもんだ、俺はヤツで、この女もヤツで、ついでに言うとドルトンもヤツで、しかしヤツは俺で、つまるところ、そのループだ。

 狂っているな。じわりと涙が滲んだ。俺の世界に居た時は「血も涙もない男だ」と散々蔑まれたが、俺は涙が出やすい体質なので、つまり下民共の指摘はまったくの的外れだ。この通り涙はあるし、血も今ちょうど俺の背中に滲んでいる。この女、行為の途中に爪を立てるから。


「あの、なんで泣いて……?」

「お前の未来を憂いているんだ」

 適当なことを言ってごまかす。賢者タイムの俺は、普段よりも優しいポエミーなことを口走る。どこが"賢者"だ。ちなみにこの阿呆みたいな言い回しは、どこかの世界でいつか寝た女に教えてもらった。皮肉のような例えなので、俺はそこそこ気に入っている。

「あの、あなたは占い師さんなのですか?」

「いや、えらい博士だ」

「そうなんですか」

 適当な言説に丸め込まれやすいというのは、ヤツの称する"子種"の特徴なのかもしれない。そういえばヤツは、俺にもドルトンにもしてやられている。

「あの、誰が、わたしを殺すんですか?」

 女の長い栗色の髪が、さらり、と、俺の胸に垂れる。俺に覆いかぶさる形をとっている。迫られているようで、求められているようで、実に気分がいい。女は「それどころじゃない」という顔をしているが。

「誰がっていうと……」

 告げようとして、そういえばヤツの名前を知らないなと気づいた。ヤツのパーソナリティにはさほど興味がないし、呼びかけるときも「オイ」と呼べばこと足りた。つまり、知る必要がなかった。それに名前を知ることで新たなるラベリングを自分に付与したくない。ヤツが"子種"と呼ぶ、その属性のようなものも俺は不愉快に思っている。


「……言えないなァ」

 分からないですとこたえるのは、どう贔屓目に考えても格好がつかないので、あえて賢そうな言い方をした。女が、懇願するように柔らかい身体を押しつけてくる。媚を売られるのは非常に気分がいい。でも分からないものは分からないので、俺は薄ら笑いを返した。

「じゃあ、どうすれば殺されないか、わかったりしませんか?」

 女は泣きそうな顔で俺を覗き込んでいる。怖い、怖い、死ぬのが怖い。いつかの自分が浮かべたものと同じ表情をしている。しかし涙も鼻水も流れていない分、目の前の女は見苦しくないものだ。気分をよくした俺は、最上級の助言をくれてやった。

「殺し返すしか、ないんじゃないか?」

 顔を引き寄せて、耳元でそう囁く。本当にそれが出来たら面白いなァと俺は嗤った。女は、そんな、と小さく絶望の声を漏らした。段々と愉快になってきたので、俺は女に唇を重ねると、そのまま2回目に突入した。


◆ ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇


「随分と機嫌がよいことで」

 銃の手入れをしているドルトンは、帰ってきた俺に目線をくれることもなく呟いた。グレゴリールームには、こいつ以外の気配はない。ヤツはまだあの世界で自分に連なる者を探しているのだろうか? あの店にいるよ、と教えてやるのは容易いが、別に教えてやる義務はない。俺はそう思っている。

「お前もたまにはひとりで散歩したらどうだい」

「サーチと手入れの役目を言い渡されているので」

「はぁ、従順だねぇ。下っ端として善い態度だ」

「お前だって下っ端じゃないか。この部屋の頂点はあの女のみで、他は等しくゴミのようなものだ」

「おやおや? どうしたんだいドルトン君。随分とヤツに毒された考え方になってしまって……」

 顔をあげたドルトンの、目はまだ死んではいなかった。

「あの女は"一人前"だった」

「ひょっとして気にしているのか? たくさんあったあいつの死体、全部"HappyBullet"にするのは、しんどかったよな。数が多すぎて、な」

 ドルトンは口を抑える。分かりやすい反応だ。こいつが俯くと前髪で目の辺りが見えなくなるので鬱陶しさが増す。テーブルの端にあった錆びた鋏を突き出して「前髪切ったらどうだ」と勧めておいた。なぜこのタイミングで、と真顔で返される。説明が面倒なので鋏はそのままドルトンの前に置く。


「あの弾丸の製法は、お前が考えたものだと聞きましたよ。なぜ、このような、酷い手法を」

「だってそういう技術だもんよ。ああ、俺だけじゃないぞ。骨が使えるというのはヤツも気づいていて。それに俺だって多くの書籍と、あと"魔女"から知見を得た」

「どいつもこいつも狂っている……」

 吐き捨てるとドルトンはいつものように、ウルクグアなんちゃら様に祈りを捧げはじめた。今の俺はそこそこ気分がいいので、今日は「やめろ」と咎めることはしない。好きなだけ祈ればいい。それで気分が晴れるんなら。


「ところで、サーチの方は順調じゃないみたいだな?」

「人が多すぎるのです、今回の世界は」

 サーチ道具を見ると、歓楽街のあたりは絶妙に避けられていた。ドルトンが、己の潔癖症から無意識にそこを避けているのだとしたら、それは随分と笑える話だ。俺はますます愉快な心持ちになる。

「なぁドルトン、お前、しょっちゅうヤツに連れ回されているだろう」

「連れ回されていますね。非常に迷惑に思っていますよ」

「ヤツとヤッたりしているのか?」

「えっ?」

 完全に不意打ちつかれたような、間抜けな顔で返される。何が、えっ、だよ。完全に童貞の反応のそれだ。眼の前の聖職者は、顔が赤くなったり青くなったり忙しい。俺は頬杖をついてその反応を眺めている。

「ふ、不潔ですよ!? そそそ、それにこの私が、あの女を"愛する"とでも? 正気じゃない、冗談としても恐ろしい! あのような、愚かな、人殺し、おっかない、悪鬼で、人でなしの、恐ろしい女を、私が? 失礼です、撤回してください、ああ、ひょっとしてお前の方が、あの女とそのような関係になりたいと? べっべつにそれならそれで私には関係ないからぜんぜんいいのですが、ぜんっぜんいいのですが、その、やるなら私に、知られない場所でおねがい、しますね、なんかこう、お前は好きそうなので、その、見せつける行為みたいなやつ」

 最初は早口で畳み掛けるような物言いだったのに、後半明らかにごにょごにょと声が小さくなっていくのが苛々する。

「見せつけるって……お前、この俺を、そんな風に思っているのか?」

 嫌味で白衣をはだけてみせると、ドルトンはヒッと恐怖の声を漏らしながらも、眼の前の鋏に手を置いた。反応が非常に攻撃的だ。恐ろしい奴だ。

「それにしてもお前、ヤツのこと相当嫌いみたいだな」

「逆に聞きますけれど、好ましく思う理由がありますか!?」

「ストックホルム症候群って知っているか? 知るわけないよな、ストックホルムって何って感じだよな。どっかの世界の地名なんだが」

「は、はぁ」

「で、結局お前まだ童貞なのか?」

「あの、すとっくほるむ症候群とは……?」

「童貞なのか?」

「すとっくほるむ症候群とは?」

「童貞なんだな?」

「ああもう、しつこいな! 私はもう信仰以外は何から何まで諦めているので、放っておいて下さい!!」


 かわいそうなドルトンだなぁと、俺はさすがに哀れに思った。あの女だって四六時中俺たちを監視しているワケではないから、今の俺みたいに、いくらでも、どうとでもできるというのに。かといってこの部屋を完全に去るなら、それぞれの世界からかけ離れた位置に居る俺たちはあっという間に擦り切れて消えてしまう。「死にたくない」と懇願した俺たちは、グレゴリールームに居続けるしかない、ヤツの気が晴れるまで。

 またドルトンが祈りを捧げはじめたので、すがるモノが在るのは羨ましいなと、俺はそれを哀しく思った。


◆ ◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇


 今回は非常に手こずった。「標的が見つからない」という情けない定時連絡を入れたちょうどその後、私は標的を見つけた。栗色の髪をした女が、男と連れ添って小奇麗な建物の中に入っていく。スコープ越しに分かる弾丸の数は4発。何をしたら、人としての価値が下がってしまうのか、私には各々の世界を理解するつもりはない。世界が認定するという言い方より、社会が認定していると云う方はふさわしいのかもしれない。結局、そこに生きる人々のさじ加減次第だ。殺すべき"創造主"と、やることが同じだ。すべての世界は私達の派生なのだから、当たり前のことでもある。


「ど、どういうこと?」

 シャワールームから出てきた女は、私を見てまず最初にそう言った。部屋で待っているのが"男"から"女"に代わっていたら、まぁそう思うだろう。ベッドに腰掛けてそわそわしていた男は、「逃げるか殺されるか選ばせてやる」と銃で脅したら、速攻で逃げる方を選んだ。すぐに殺さなかったのは「なんとなく」で、いや、実はソグ博士に見た目が似ていたから、哀れに思ったのだ。白衣を着せたら、もっと似ると思う。

「ああ、まさか、あなたが」

 タオルだけを身に着けた女は、早足で近づいてきた。私は銃を構えるが、銃を視認しても女は、臆すること無くこちらに飛びかかる。引鉄をひいたが弾は外れて壁に食い込んだ。数撃ちゃ当たる派なのに、なぜ1発だけで仕留めようと思ってしまったのか。

 体格差か、私は標的に押し倒されていた。ハハ、と女は笑みをこぼす。裸体で私の上にのしかかり、こちらの首に手をかけてきた。その表情には戸惑いがない。人を殺すことに躊躇がない。

 ――やめてほしい、人を殺すと、だいたいの世界社会では、そいつの価値が下がるから。私はこれ以上、私からつくられる弾の数を減らしたくない。


『襲われているんですか!?』

 タイミング悪く、ドルトンからの通信。これは私にしか聞こえない声だ。

『はっは、どっちの意味でかなァ』

 ソグ博士の笑い声も続く。畜生、見ているな。グレゴリールームに帰ったら、ソグ博士のことも殺してやろう。だけどその前に、私にはヤるべきことがある。先に殺さなくちゃいけない"私"が眼の前に居る。私は服の袖からナイフを取り出すと、女の脇腹に突き立てた。ア、と女は鳴く。長く苦しませる殺し方は不本意なので、女がひるんだすきにベッドから転がり落ちると、今度こそ、しっかり撃ち殺せるように銃を構えた。


「やっぱり、私、人なんて殺せない」

 脇腹を押さえながら、女はうめいている。白いシーツが赤に染まっていく。

「……殺せないんじゃなくて、殺せなかっただけでしょ」


 5発ほど撃ち込んだので、女は動かなくなった。こんなに近距離で撃ったのに、狙った箇所からはずれた所を貫いている。それはともかく、彼女が間違いを犯す前に殺すことができて、本当によかった。ほのかな達成感。ちょうど部屋の壁に銀の穴が開いたので、私はもう動かない裸体を引きずりながらグレゴリールームに帰還した。白い床に、また赤い線が増える。


「いい身体してたのに、もったいねぇな」

 嗤って出迎えたソグ博士の、それは憐憫を含んでいて奇妙に思ったが、「どうせ死んだら皆骨ですから」とドルトンが代わりにあしらってくれた。彼を連れ添って弾の作成作業にうつる。そういえば最近ドルトンは、弾をつくっている最中に吐かなくなった。善いことだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます