no.33 ムーンストラック『ヒーロー殺し』

 セカンドシティは、今や怪人が跋扈する魔窟都市と化していた。

 星より到来する悪性生物・虚無ホロウ。それが善良な市民に取り憑き、怪人に性質を変える。怪人を元に戻す方法はひとつ。聖なる力によって虚無ホロウを浄化すること!

 虚無ホロウがセカンドシティに蔓延した原因のひとつは、この都市を護る神霊柱水晶碑が破壊されたからだ。北東の碑に宿っていた神霊・ホワイトドラゴンの『ワイズマン』は、消滅寸前に出会った青年に「この街を守るため協力してほしい」と持ちかけ、力を譲渡する契約を交わした。

 こうして、ドラゴンの力を得た青年は正義のヒーロー『ムーンストラック』として、相棒のちびドラゴン『ワイズ』と共に、怪人と戦う日々がはじまったのだ!


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 ……そうして黒髪の女が降り立ったのは、今。巨大な象蛇の亡骸の上。先程ムーンストラックが倒した虚無霊柱のひとつ。ドラゴンの翼を広げ上空旋回する男を見て、黒髪の女は確信した。あいつで間違いない、と。しかも、慈善活動をしているのか、ちょっとやそっとじゃ欠けることのない"7つ分の弾"の価値がある人間だ。


 黒髪の女の存在に気づかない市民たちは、「ムーン! ムーン!」と喝采をあげて彼を讃え続けている。象蛇の亡骸を回収しようとする警察や消防が集まり始め、大通りにいる市民に対しては新聞記者がインタビューを行っている。ヒーローの戦いは今日はもう終わりだと、誰もがそう思っていた。


 飛ぶ対象は撃ちにくい。それに、これだけの人前でを殺すのも億劫だ。どうやってあの男をおびき寄せようか、黒髪の女がそう思っていると。ムーンの背にしがみついていたちびドラゴンが喚いた。

「おい! ムーン! なんかヤバい奴が残ってるぞ!?」

 女と同じ黒い髪。銀の仮面。風にはためくマントと、動きを阻害しにくい薄めの装甲。なるほど、近づくとヤバいタイプの戦闘者かと、黒髪の女は『ムーンストラック』なる男を観察する。

 仮面の隙間から目が見える。そう認識した瞬間、ムーンストラックの目が歪んだ。それは、およそとは思えないモノだった。


「場所を変えたい」

 黒髪の女からそう提案した。彼女の手には、小ぶりの斧。

「衆人環視の中で殺されたくないだろう、ヒーロー?」

「……お前、怪人か? それとも薬でもヤってる人? 少なくとも、虚無ホロウ影響オーラが見られないぞ」

 ワイズがムーンの肩ごしに女を見て、怪訝そうな声をあげる。

「何者であれ、市民に危害を与えることは許さん。ムーンストラック、参る!」

 ムーンストラックがそう力強く宣言すると、ワイズが頷き天空に向かって吠えた。空から光の雨が降りそそぎ、それらは一瞬にして網目状のバリアに代わる。セカンドシティの中空に戦闘におあつらえ向きのフィールドができあがった。

 大通り、周囲のビル群。黒髪の女がバリアごしに見渡すと、何人もがムーンの行動を固唾を呑んで様子が伺える。

「人の話は最後まで聞いてよ、ヒーロー?」

 黒髪の女が2つの手斧を構える。

「私が殺したいのは、あんただけ」


 それが合図だった。黒髪の女が跳ね、ムーンストラックが迎撃の構えをとる。ドラゴンの加護、白い炎をまとったパンチが女の腹にぶちかまされる、と思った瞬間それは爆竹のようなもので逸らされた。強い音と光に一瞬惑わされ、黒髪の女を見失う。女はすぐ上にいた。手斧を振りかざし飛び降りてくる。彼女の靴裏で奇妙な紋様が光っているのが見えた。宙を自在に駆けるのはあれが由来か。頭上からの襲撃はワイズの火炎放射で逸らすことに成功する。瞬間、斬撃の音。ムーンストラックの手刀が黒髪の女の首を狙ったが、素早く振り上げられた手斧に防がれ、女の長い髪を切り落とすだけに終わった。


「ムーン! ムーン! がんばれー!」

 バリア越しでも歓声が聞こえてくる。煩わしく思った黒髪の女が銃を一発、外に向けて撃ったが、ライトグリーンに輝くバリアに接触すると、銃弾は光となって拡散した。

「うっげぇー! あいつの鉛玉、やっば!」

 ワイズが思わず声をあげる。

「アレはほんとにただの鉛玉? ああ、いや、成分はまったくただの鉛玉だ。 でもとんでもない怨念がこめられてやがる! 虚無ホロウどころか、さっきのより、ずーっとやっべぇぞ!」

「あっそ」

 黒髪の女は短くなった髪をかき乱しながら不機嫌そうに答えた。

「ただの弾でなら、HappyBulletだとどうなるかな」

 試してみる気はないけれど。そう続けて、黒髪の女はムーンストラックが放った炎弾を蹴り返す。ヒーローは彼女の足を狙うように決めたようだ。動き回られると仕留めにくいということは、同じことを考えていたところだ。


「ワイズ、危険を感じたらすぐに離脱してほしい。あいつの目的は私のようだが、そのためには私の脚である君を狙いにくるだろう」

「脚ってなぁ。相棒って言ってくれよぉ! それより、あいつ何なのか心当たりあるのか? 怪人でもねぇのに、なんでムーンを狙うんだ!」

の敵だ」

 そう言い、ムーンストラックは襲いくる女の斧を高温の手で破壊した。距離をとっていた理由は、この熱を貯める時間を稼いでいたからだ。女は舌打ちすると、今度はどこからかハルベルトを取り出して……その有り得ない光景に虚をつかれ、ムーンストラックは左手を斬り落とされてしまった。弧を描く刃の軌道はそのまま血しぶきの軌道に変わる。黒髪の女は切り落とした手を拾うと、懐にしまった。

「なんだ!? マジックか!? 転移装置でも組み込んでるのか!? ……おい、ムーン、しっかり!」

「まだしっかりしている……」

「片腕で戦うなんて正気じゃ考えられないぜ! 一旦離脱しよう!」

「いや、この戦いからは逃れられない」


 腕を切り落とされてもなお抗い戦う気のふれた男ムーンストラック。血を撒き散らしながら、黒髪の女を蹴り、殴り、燃やし、黒髪の女もまた、新しい手斧を握り男に振りかぶる。

「ムーン! ムーン! ムーン!」

 歓声はやまない。異常な殺戮ショーに対する、市民の熱を伴った声。

「お前は……」

 とうとう両腕を失くしたヒーローは、血にまみれる頑強な女に屈した。仮面が外れ、地に落ちていく。晒された整った顔立ちでとりわけ目立つのは絶望を浮かべた双眸。本業がモデルという、セカンドシティにおいて華やかな世界に身をおいている彼とは思えない、荒んだ表情にワイズは思わず息を呑んだ。こんなの、僕らのヒーロー、ムーンストラックではないと言わんばかりに。

「ムーン、一旦引こうって! 腕なしじゃ分が悪いだろう? 歩きはじめたばっかりのお子様だって分かることだ、今回ばかりは他のヒーローと協力しないと無理だって!」

「ならばワイズだけ行ってくれ。私が死ねば、あいつは満足する」

「やだやだ! 諦めんなよムーン! なんでそんなこと言うんだ!」

「あいつは……だからだ……」


 ほう、と黒髪の女が感心したように呟いた。ワイズは蒼白の表情で、男と女を見比べる。

「嘘だ! あんな化物がムーンなわけない! 幻覚攻撃でも受けたのか!?」

 ワイズがあわてて浄化の光を男にあてるが、ムーンストラックは残念そうに首を振るばかり。

「あいつは……私の中に眠るの具現化だ」

「いや、違うけど」

「市民を救っていい気になっている私を、咎めに来た存在なのだろう」

「いや、だから違う…」

「咎められる必要なんてないだろ!? この街と市民を救っている、疑いようもない正義の味方なんだから!」

 否定を続けていた黒髪の女だったが、ヒーローとそのペットがまったく人の話を聞こうとしないので、とうとう諦めて押し黙った。

「ワイズ。私がお前の頼みを引き受けてムーンストラックヒーローになったのは、あいつの存在を心の奥底で認識していたからだ」

 両腕なく、竜の翼のみで宙にとどまる彼は、人というよりは一種のモンスターのようにも見える。少なくとも、黒髪の女はそのような認識を持っていた。

「……私の中の邪悪は、多くの命を踏みにじってきたのだろう。幼少の頃からずっと、私は"贖罪しなければならない"という正体不明の焦りに心臓を握られていた」

「じゃあ、ムーンが俺と契約してくれたのは……」

の悪行を清算するためだ。軽蔑してくれ。根っからのヒーローじゃなくてすまない、ワイズ……」

「俺、ムーンのことそんな風に思わないよ!!」

「お前が私に力を与えてくれて、嬉しかった。"ワイズマン"、この街の平和は……どうか、次は正真正銘の善人ヒーローと共に……」


 男を捕まえていたワイズから力が抜け、腕のない亡骸は黒髪の女に抱きかかえられる。どっしりと重い。すでに回収した腕の分とあわせて、きっちり7発分ある確かな感触。女は嬉しさから、血に濡れた死体をしっかりと抱きしめなおした。


「ムーン、ああ、ムーンストラック、僕らのヒーロー……」

 とうとうひとりになったワイズは、大きな涙を地に零す。

「よかったなぁ、お前」

 目的を達成した黒髪の女は、神霊柱ワイズマンに余裕の声をなげかけた。

「私が存在したから、無償奉仕してくれる、完全なヒーローが生まれたんだ」

 ムーン、ムーンと、遠くからなおも歓声が聞こえる。

「違う! 完全なんかじゃない! ぽっと出のお前に何が分かるんだ!」

 怒りにかられ、ワイズの目が変わっていく。美しい碧色から、ぎらついた金の眼へと。

「ムーンストラックは決して完成した正義の味方ヒーローじゃなかった。あいつを支えて、成長させたのは、この街にいる人達の声援と、あいつの歩みそのものだ!」

 神霊・ホワイトドラゴンの残滓たるワイズは、彼の信じるヒーローのために叫んだ。

「あいつが英雄ヒーローになったのは、絶対にお前のおかげなんかじゃない!」


「そう。別にいいけど。で、どうする? 大好きなヒーローと一緒がいいなら、あんたも殺してやるけど」

「……俺はこの街を護る、次のヒーローを見つけないといけない」

「こんな惨劇を見て、こいつを継ぎたい人っているかな」

 ぼさぼさになったムーンストラックの黒髪を、女は血まみれの手でわしゃわしゃと撫でる。

「……今はっているバリアは、途中からみんなに見せている映像を切り替えている。偽物の映像だ。まるで映画だよ。みんなが盛り上がってるのは、あんたといい勝負をしているムーンを観戦しているからさ」

「ああ、どうりで」

 ムーン! ムーン! ムーン! ムーン!

 歓声はやまない、熱気の渦だ。

「あんた、ろくな存在じゃないね」

 はひどく複雑そうな顔をして、しかし言い訳をすることもできなかった。そのまま黒髪の女は銀の門をくぐり、この世界を去っていく。

「ムーン……」

 かつての相棒の名を呼ぶと、ワイズはバリアを解き天空に向けて敗走した。"かろうじてムーンストラックが勝利した"映像を見せられた観衆たちは、それぞれの日常に帰っていく。こうしてセカンドシティは、平和的な街の喧騒を取り戻す。


 己の役目に忠実という性質が、神の下に残る者たちとまったく同じだったので、黒髪の女は不機嫌そうにフンと鼻を鳴らした。そして久しぶりの"一人前の死体"をしっかり抱きかかえると、足取り軽くグレゴリールームに向かったのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます