ⅳ 増える減る、維持する変わる

no.31 Mother will be Madness

 柔らかい白布に包まれて、"自分"が大きな声で泣きじゃくっている。


 渡界先で出会えたのは珍しく赤子だった。天井から下がるモビールが、オルゴール音を奏でながら星の回遊を見せる。床に散らばるいくつかの絵本。開け放たれた窓から柔らかな風が舞い込んでくる。

 この子は、この世界に祝福されている。そう女は確信する。

 一方で、血に塗れた道を行く黒髪の女は、その赤子にとって生まれて初めて見る"邪悪"そのものだった。

 ゆえに泣く。泣き喚いて、警鐘を鳴らす。その声に気づいて母親が部屋に戻ってきた。白い服を着た、ショートヘアの清楚な女性だった。


 母親を見て、黒髪の女は目を見開いた。彼女は間抜けな顔をしていただろう、それは心の底からの驚愕だった。

 母親は「貴女、どこから…?」と尋ねる。その声は黒髪の女にとって聞き覚えがある、ひどく懐かしいものに感じられた。眠る赤子と母親を交互に見る。


 この子は"自分子種"。あの人は"母種"。ああ、なんということだ。


 子種と母種が全く同一の役割を持って、同じ世界に存在している。様々な世界を渡ってきた彼女がはじめて出会う奇跡くみあわせ

 窓から舞い込む風は花の香りを伴いカーテンを揺らし、母親のロングスカートの裾をも揺らす。赤子は、今ではすっかり落ち着いている。白く、柔らかく、清らかな存在。


 そして、7発分。ああ。黒髪の女は息を吐く。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 赤子の遺体を抱きしめて部屋に戻ってきた女を見て、ソグ博士はいつも通り何も言わず、そしてドルトンはいつも以上に辟易とした表情を浮かべた。

「何もこんな小さな子を殺さなくても」

 咎める声に女は俯いた。珍しく、があるかとドルトンは手応えを感じて気分を良くした。

「こんな小さな体から、貴女の求める弾などわずかしか作れないだろう? だからこういった殺人は極力」「いや、体のサイズなんて関係ないね」

 ソグ博士がニヤニヤ笑いながら口を挟んだので、ドルトンはお手製の経典ノートで彼の手をピシャリと叩いた。そのやり取りを見ても女の表情は変わらない。


「……子供は楽でいいね」

 黒髪の女は沈んだ声で告げる。

「楽に縊り殺せた」

「……。」

 黒髪の女はそう強調した。そしてデスクの上に遺体を置くものだから、ドルトンは思わず「ここで食事をするのに」と文句を垂れる。


「返り血がない」

 ソグ博士はというと、黒髪の女を指差し推理ごっこに興じ始めた。

「この子を守る親がいなかった証拠だ。捨て子だな? 弾7発分、本当にあるのか疑わしい。前みたいに、育てた方が良かったんじゃあ?」

「何から何までハズレ」

 黒髪の女が赤子の遺体の首を掴む。

「育てるなんて二度とごめんだ」

「ああそう」

「この子には母がいた。母は殴って気絶させた。だから私に襲ってこなかった。私は今までで一番簡単に私を殺せた。弾だって、7発分ある! この子は」

 3人の顔が曇る。


おかあさんに、愛されていた一人前の命だ


 そう言い残して、黒髪の女はグレゴリールームの奥に引っ込んだ。やがて響くは、骨を砕く音。ハッピーバレットは、きっと正しく7発分。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 作業に夢中になっている女の耳には届かなかったのだが、部屋の掃除をしていたドルトンと、詰将棋を嗜んでいたソグの耳には"母親"の絶叫の声が聞こえていた。

 ――それは痛ましいものだった。耳にするだけでこちらの心を引き裂く、底の見えない絶望。己の無力さと相手の無慈悲を呪う、激情の声色。母が、母以外の何かに生まれ変わるような、怨嗟の狂渦が聴覚を侵す。

「「おかあさんを怒らせた」」

 ふたりは同時につぶやき、それぞれの作業の手を止める。

「……お前にも母親、いるのですか?」

「クソ女だったよ」

 ドルトンの問いに、ソグ博士はヘラリと笑う。ドルトンは深くため息をつくと、気を取り直すように手を大きく広げた。

「私の母親は、敬虔なる龍の使徒でして」

「あーはいはい、よかったね」

 適当にあしらわれるのは、もはやいつものことだ。

「……とても、私の口からは言えないが」

「じゃあ俺が代わりに言ってやろう」

 俯く聖職者の顔に、ソグ博士は煙草の煙をふーっと吐きかける。

「あいつ、母親もちゃんと、殺しておけば良かったのにな」


 途切れることのない母の叫びを聞きながら、それでもグレゴリールームに棲む3人はに過ごすしかない。

「早く、早く過ぎ去りたまえ」

 世界とこの部屋の時間の流れは違う。一刻も早く数百年経過することを、聖職者は耳を塞ぎつつ祈った。

「嗚呼、どうか救済を、ウルク・グア・グアランド様……」

「子供を愛した母親なんて、久しぶりにイイ話だぜ」

 おやつに食べた鳥の骨を並べながら、ソグ博士は病んだ笑みを浮かべる。骨の大きさを比べて「こいつが母でこいつが子供!」と趣味の悪いおままごとをしていた。


 やがて呪いの声が途切れた頃に、黒髪の女が作業部屋から出てきた。鉄の腐臭をまといながら、血まみれの手で今回の成果を机の上に転がす。7発の弾がデスクの上に並ぶ。過不足なし。

 何も言わない黒髪の女に向けて、ドルトンがおずおずと挙手をした。

「母親が、悲しんでいましたよ。貴女、母親が大事だったのでしょう。こういう子は、見逃してあげても、良かったのでは」

 それはドルトンによる、何もかもが遅い提案。

「例外なんて作っては、他の私に失礼」

 黒髪の女はバッサリと切り捨てる。

「い、一理ある……」

 そう呟き、赤子の魂の救済を祈るドルトンの大きな手を見て、「狂ってるねぇ」とソグ博士は馬鹿にした。

「次もガキだと楽なんだけど」

 黒髪の女は無表情に呟く。それを聞いてソグは声をあげて笑った。

「お前が誰かに愛されると思うのか? 次代の母種オリジナルだって殺したのに!」

「ああ、では本当にこの母子の絆は、奇跡の繋がりだったのか」

 ドルトンは思わず涙ぐむ。この女に、間違ったことをしているのだと自覚させる絶好の機会ではあると彼はみていた。しかし、しかし。


「弾が作れるなら何でもいい」


 黒髪の女はそう言って、ハッピーバレットをマガジンポーチにしまいこんだ。

 母の恨み声なんて黒髪の女は生涯聞いたことがなく、今も時折聞こえるそれは、彼女には"風の唸り声"としか認識できていない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます