no.29ヘラッキス『殺しにくい男』

「このオレを殺すと言うのかい、お嬢ちゃん!」


 上裸の大男は自らの筋肉を見せつけるように、モストマスキュラーのポーズをとった。黒髪の女は、それを不機嫌そうな表情のまま眺めている……。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇


「悪趣味ですね」

 黒髪の女が『おみやげ』として持ち帰ってきたのは、"ドルトン"と名が刻まれた林檎だった。

 それは既に割れていて、血のような液体を零し続けている。

「食べるのかい」

 ソグ博士がふたりに尋ねる。ドルトンも、黒髪の女も、首を同時に振った。

「呪われそうなので遠慮します」

「死体を食べる趣味はない」


 黒髪の女の予想外の言葉に、ドルトンはぎょっとした顔を返す。女はそれについては特に説明はしない。

「的にはちょうどいい」

 それだけ言い残すと、弾づくりの作業のために引っ込んだ。

 珍しくふたり分の遺体を連れて帰ってきていたが、黒髪の女は「今日はひとりでいい」と、小間使いの手伝いを断った。


「よほど胸糞悪いヤツだったと見える」

 ソグ博士が病的な笑いを見せた。

「クズでも弾がつくれる要領がいい骨が相手の時、ああやって不機嫌になるんだ」

「彼女について、そこまで詳しくなりたくない……」

 ドルトンの返事はつれないものだ。


 部屋の壁には、いくつかの弾の跡。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇


「ほらほらどうした! そんなナマクラじゃ、オレの皮1枚も破れねぇぜぇ!」

「クソ、刃物は無理か……」


 磨き上げられた肉体が光る。適当に買った包丁なんかじゃ、傷ひとつ、つけられない!


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇


 ドルトンは台に置かれた林檎に狙いを定めると、そのまま鉛玉を2発撃った。どちらも、林檎に刻まれた"ドルトン"という文字に正確に穴を穿つ。

「オォ」

 ソグがパチパチとやる気のない拍手をした。

「お前、あの女より狙撃手に向いてるんじゃないかい」

「やめてくれ、そんな」

「じゃあ何で訓練なんてしているんだ」


 もう二発、林檎に鉛玉が食い込む。


「……あの女には逆らえない」


 脂汗がひとつ、ドルトンの首筋を伝う。


「私がなに」

「うわぅ!?」


 いつの間にか部屋に戻ってきていた黒髪の女の声に、ドルトンは仰天して銃を落とす。ソグ博士は、興味なさそうに煙草をふかす作業に戻る。


「お戻りで……」

「あいつ、刃物が、効かなかったから」


 苛立った様子の女が、思い思いの凶器を鞄に詰め、慌ただしく部屋を出て行く。


「もう行くんですか?」

「ぼやぼやしてたら時間が過ぎる」


 渡界先によって、時間の流れはまったく異なる。グレゴリールームを一瞬出入りしただけで10年経過していることだって有り得るのだ。せっかく見つけた自分を見失うことを、黒髪の女は恐れている。


「……ハァ」

 バタン、という扉が壊れそうなほど大きな音を受けて、ドルトンは深くため息をついた。


「お前の考えてることを当ててやろう」

 壁にもたれかかっているソグ博士は、天井を眺めながら続ける。

「『あの女、逆に殺されればいいのに』」

「そんな恐ろしいこと、とても思いつきませんでしたよ」

「ヒッヒ、ずいぶん善人思考じゃないか。俺のくせに」


 ドルトンは床に落とした銃を拾い上げた。どこかの世界で誰かが作った、お手軽で汎用的な凶器のひとつを。


「お前たちを見ていると、ますます私の考えが肯定されますよ」

「ほう、聞かせてくれたまえ」


 ソグは吸いかけの煙草をドルトンに向かって投げた。ドルトンはそれをはたきおとす。このやり取りにすっかり慣れてしまったようだ。


「私のこの善性、清らかな思想は、最初から決定づけられたものではなく、優れた教えと、後天的な努力によって培われたものなのだと……」

「はぁ」

 ソグは苦虫を噛み潰したような顔をみせた。ドルトンが自身の宗教観思考回路について語る時、ソグと黒髪の女は決まって同じ顔をするのだ。


「お前たち、特にあの女の行いは非道だ、とても嘆かわしい。だがそうであればあるほど、ウルク・グア・グアランド様の教えと、偉大なる加護を、私は身近に感じることができるのです」

「ハァ、童貞聖職者がよく云う」

「お前も改宗してはどうですか。ソグ博士、貴方の肉体は古竜の由来ではありませんが、今から教えに従えば、必ずやウルク・グア・グアランド様のもとで安らかな」「ああもういい、いい」「竜の炎を」「だからいいって」

 ソグはドルトンの鼻を摘んで黙らせる。

「俺はキリスト教徒なんでね」

「こっ、古竜教は他の宗教思想を否定しません。きりすと教とは、どのような教えを説いているのですか?」

「わっすれたなァ」


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇


「ウワハハハハ! 残念だったな! それで終わりか!?」

「無傷かよ……」


 殴打が完全に効かなかったので、巨大な岩を上から落として潰そうとしたが、岩をその頑丈なボディで受け止められた。当然、銃撃もその鋼の肉体で無効化される。

 この大男は単純に強い、強すぎる! とうとう黒髪の女は、死体が破損する覚悟で手榴弾を投げたが、爆炎を背景にゆらりと立つ大男を見て「狂ってる」と零してしまった。


「さすが俺、スーパー・ヘラッキス様だ!」

 大男は黒髪の女をおちょくるように決めポーズをとる。

「さぁさぁ次はどうする!? やっぱりお嬢ちゃんにも、オレを殺すなんて無理なのかぁ!?」


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◇


「そういえば」

 ふたりで食事を摂取している時、ふいにソグが呟いた。

「あの女、俺にはお土産、持って来たことないな」

 そう言われ、ドルトンは台に放置されたままの、穴だらけのリンゴに目を向ける。もはや名が刻まれていたことも分からない有様の物体だ。

「お土産を欲しがる人だったとは、意外です」

「いや、付き合い長いのに新入りに先越されるのが癪」


 ドルトンは、思わず食事の手を止めてソグを凝視した。灰髪のやつれた男は、怪訝そうな顔でドルトンを見返す。


 "人間らしい感情のない、完全にぶっ壊れた、ヒトの形をした異教徒"。ドルトンはこの部屋に住む者たちについて、ひたすら不気味に思っていた。

 それがすごく居心地が悪くて、ドルトンは気が気じゃなかったし、その想いを何度もくちにしている。

 しかし目の前にいる不気味な博士は、確かに嫉妬という"人間らしい"感情を持っていた。そしてドルトンの信じる古竜教では、ある程度の『嫉妬』はむしろ推奨されている方の感情でもあった。

「……フフフ」

 思わず、笑みが溢れる。安堵感からの、気の緩みだった。

「何を笑ってんだ、気持ち悪いな」


 ソグにすねを蹴られたと同時に、バァン!と威勢の良い扉が開く音。

 黒髪の女が、巨大な男の亡骸を引きずり帰って来た。

「うわ、食事中なのに……」

「うるさい」

 女に凄まれドルトンは、ヒッと小さな声をあげる。そして思い出したかのようにカトラリーを投げ出すと、死体運びを引き受けた。

「今回は随分と手こずったんだな」

 ソグ博士は食事を続ける手を止めない。黒髪の女に言葉だけを投げかける。

「でも殺せた」

 女の声は、ひたすら疲労の色に染まっていた。

「凶器を随分なくしたみたいで」

「わたし、あいつ、嫌い」

 大男を指して女は、フラフラとソファに座り込んだ。苦悶の表情を浮かべたまま事切れている大男は、ドルトンに運ばれグレゴリールームの奥へ消える。


 ローテーブルに転がされたカラの瓶には『劇薬注意!』とだけ書かれていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます