no.28 フエル・フタリ『林檎がいっぱい』

 黒髪の女は林檎園を訪れた。点在する木々に、驚くほど多くの林檎が実っている。どれもが毒々しく赤く、そしてひとつひとつに名前が刻まれていた。気味悪さを感じたので、黒髪の女は林檎を手にしない。


 木々の緑、彩りを添える林檎、視界に散らばる林檎の白い花。空は金色で、しばらく眺めていると、白い星々が渦巻いているのが分かる。


 この林檎園に人の気配はない。倒されたままの脚立や、乱雑に積み重ねられたカゴはあるので、人が居ないというよりは、見つからないだけだろう。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 目的の人物に出会えないので、黒髪の女はため息をつき木陰に腰を下ろす。するとドサリと音を立て、林檎が目の前に落ちてきた。

 『クルミ』の名を刻まれた林檎が、砕けて転がる。林檎からは、金色と赤色が混ざりきらぬ粘液が流れ出た。


「……。」

「ソレは寿命なの」


 声がしたので振り向くと、木陰に黒髪の少女が立っていた。赤いリボンを身につけた、華奢な少女。黒髪の女の目がぐっと細くなる。"彼女"が、"彼女"で、間違いない。


「財団法人ゆたかハートプラザ・みことの森支部へようこそ」

 少女は小ぶりの林檎をもぐと、銀のフォークを突き刺して、黒髪の女に差し出した。

「この子は『ココット』。笑顔が愛らしい、みんなに好かれる子だったわ。どうぞ」


 銀のフォークを伝って、金と赤の粘液が滴り落ちる。


「……。」

 嫌悪を込めた瞳をもって、黒髪の女は林檎の拝受を辞退した。

「神様の真似事はやめろ」

 苛ついた声。女はコートのポケットから金槌を取り出した。


「まぁステキなハンマー。林檎なんて簡単に割れちゃいそう」

「あんたの頭もね」

「ねぇねぇ!」


 別の声が、また背後から。

 振り向くとちょうど額にゴツンと林檎が当たった。

『ナエ』と刻まれた林檎が、パカリと2つに割れ、落ちる。


 林檎を投げつけたのは黒髪の少年だった。リボンを付けた少女と、まったく同じ顔をしている。

 黒目がちで、まつ毛が長く、健康的な肌をした、美しい少年と少女である。


「その子は、優しいお兄さんだったんです。少し内気だったけれど」

 黒髪の女は、地に落ちた林檎を見る。流れ出す粘液に嫌悪を感じていた。


「お前たちは、双子なの?」

「「せーいかい」」


 ふたりは黒髪の女を中心に、ぐるぐると周り、歩き、跳ねはじめた。

 林檎にまつわる歌を別々に口ずさみながら。

 星空は高く、じりじりと熱射が地に降り注ぐ。

 此処がこの世界の『命の管理所』であることは明白だった。


「お姉さんの歓迎のために、2人ほど捧げてみました」

「うふふ、もっと捧げてもいいわよ」

「ですから、僕らを殺すのはだめですよ」

「私たち、この世界になくてはならない者だもの」


 ふたりが手をパンとあわせると、周囲の樹から一斉に、ドサドサと音を立てて林檎が落ちた。

 林檎のものとは思えない、ドチャリドチャリという厭な音が響く。


「今のは別に寿命じゃないわ?」

「落ちたのは全部、お姉さんにあげますから!」


 明確な侮蔑の意志をもって、黒髪の女は金槌を握りなおす。

 吹き抜ける風にのって、あまったるい林檎の蜜の匂いが届いた。


「あらら、ひょっとして怒っていらっしゃる?」

「怒るなんておかしいな、だってお姉さんは」

 双子は同時に女を指差す。

「いっぱい人を殺しにきたんでしょう?」


 黒髪の女は舌打ちをした。

「そうだね」

 そしてハンマーを振りかぶる。

「でも、お前が考えてることと、少し違うかもね」


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 双子はわぁ! と叫ぶと、林檎園の中を駆け出した。

 次から次へと林檎を落とし、黒髪の女にぶつけていく。

 命を粗末にしながら、自らは助からんと逃げ惑う。

「なんで私を殺すの!」

「なんで僕を殺すの!」

「「命ならその辺にいっぱいあるよ!」」


 黒髪の女は怨嗟を含んだ声で応えた。

を殺す理由はふたつ」

 落ちた林檎を飛び越えながら。

「ひとつめは、お前たちだけが弾の材料になるから」

 転がる林檎を避けながら。

「ふたつめは、神まがいのごっこ遊びが許せないから」


「私がそんなことをするなんて、私が……」

 強く、息を吐く。

「罰だと思えよ」


 黒髪の女は、とうとう転んでしまった少女の右足をとらえる。

 そして強く金槌で思い切り叩くと、ゴキャ、という音と共に少女が泣いた。

「だったら、お姉さんに罰は、いつ下るのかしら!?」

 今度は左足を強くハンマーで叩く。こちらもゴキャ、とおんなじ音がした。

「お姉さんが、来なければ……!」

 少女が笑いながら喚く。

「この世界の命たちは、実ったままだったのよ……!」

 少女の背中を打つと同時に、林檎がボタボタと落ちていく。

 雨のように。涙のように。血のように。


『財団法人ゆたかハートプラザ・みことの森支部』とやらはむせ返る匂いで充満している。無意味に摘まれた命の匂いだ。


「『フタリ』、ありがとう」

 枯れた木の上に立つ少年が、双子の片割れが、地に伏す少女に声をかける。

「きみは僕で、僕はきみ」

「そうよ、私たち、双子だもの」

「お姉さんが云う『罰』……フタリが、僕の分も引き受けてくれるんですね」

「ちょっと? なに勝手を言うのよ」


 片割れを見捨てようとする少年に向け、黒髪の少女は、自らの背に乗る殺人鬼と、まったく同じ目を見せた。


「『フエル』、私を置いて逃げる気なの?」

「わざわざ、ふたりもいらないでしょう?」


 それを最後の言葉にして、少年は背を向け逃げだした。

 直後、パンと乾いた音がひとつ。

 黒髪の女が放った鉛玉が、少年の華奢な体を貫いた。

 少年はどさりと地に落ちて、赤と金の粘液を撒き散らす。


「……フエル」

 少女の声が震えている。管理者の死は、あっけなく訪れた。

 ちょうどふたりが雑にもぎとった林檎と同じ。


「……ああ、私の身代わりになってくれたのね」

 少女が背の上の女を仰ぎ見て云う。

「ほら、あの子を持ち帰って。それで、終わりにしましょう」

 震える指で新鮮な死体を指差す。

「わざわざ、ふたりもいらないでしょう?」


「お前も要るよ?」

 黒髪の女の言葉に、少女の表情が凍った。

「いっぱい必要なんだ、私は」


 ガツンと音が響き、それっきり。

 どれも等しく、呆気ないものだった。


「これで閉園か……」

 林檎ひとつ残らぬ木々を見て、黒髪の女は低い声でひとりごちた。

 ちょうど足元に転がる林檎を目をやると、女は口元だけで笑い、それをポケットに突っ込んだ。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 誰もいない林檎園には、膿んだ命の匂いで淀む、重苦しい空気が漂っている。

 わずかに残る白い花も、いずれはすべてが枯れ落ちるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます