no.26 ハッピーバレット

 精神を堕落させるような甘い匂いが、Comaに立ち込めていた。空は、青く輝く点のような星々で満たされている。

 青白い手が、いくつもいくつもの青白い手が、黒髪の女を手招きする。数々の手は絡み合い、根っこは分からず、女の眼前のそれは、人の手で構成された『太陽』。


「ひとつの命で、ひとつの命……」


 女は震える手で銃を構える。HappyBulletは装填済みだ。あとは7発、当てれば良い。


「愚かだァ」

 黒髪の女の足元に転がる『護衛種』が笑う。彼の腹はすでにいくつかの鉛玉が打ち込まれている。黒い血溜まりに仰向けに寝転がる、白仮面の男。彼の体からひたすらだだ漏れる血の量は、『護衛種』の命が長くないことの証明となる。


根源たいようを、太陽かみを、きげんを、起源げんえきを、原液そうぞうしゅを、創造主ひかりを、こんげんを……」

 白仮面の男の声が次第にかすれていく。話が長い、と言いたげに、黒髪の女は男の腹を踏んだ。だが白仮面の男はうわ言を止めない。

「分化した、派生した、上澄みに過ぎぬ、お前に、やれやしないさ」

 黒髪の女は、もう一度男の腹を踏んだ。だが男はひるまない。


「『子種』、かたきを討つなど滑稽なことを」


 忠告ともとれる白仮面の言葉を無視して、黒髪の女はHappyBulletを7発、標的に打ち込む。

 タン、タン、タン、タン、タン、タン、タン。

 的がでかいので外すことはない。

「ウカ、グ」

 奇妙な声と共に"ソレ"は小さく蠢いた。そして、それっきりだ。


始祖ちちにしてしそ根源かみまたはこんげん原初たいようであり太陽げんしょにわとりたるたまごははあるいはおう

 白仮面の男が"ソレ"を讃える言葉は、血と共にボタボタと零れ落ち続ける。


「私の母はあの人だけ」

 そう言い銃を構え直す黒髪の女の眼前で。

 "ソレ"は新たな『種』を吐き出した。

 ……幾千もの手の塊が割れ、やせ細った人が、産み落とされる。

 斑の粘液に溺れながら、世界に、新たな魂が、排出される。


「再生……いや誕生、あらたなる『母種』の」

 白仮面の男が笑う。黒髪の女も笑う。ひとりは爆笑で、ひとりは苦笑だった。

「お前もまた、再生しちゃうの」

 黒髪の女が力なく尋ねる。

太陽しはいしゃある限り」

 男はそれを最期に動かなくなった死体に変わった。腹いせに、黒髪の女は死体を思い切り踏みつける。もう反応はない。あるわけがない。


「……おかあさん、私が死ぬまで待ってて」

 黒髪の女は、生まれたばかりの『母種』たる生命に銃口を向ける。

「理由? 貴方は『子種』の私を守る役目があるから」

 粘液まみれの全裸の人は、ぼんやりとした眼で、黒髪の女を眺めていた。


「また、どこかで」


 HappyBulletを12発撃って、ようやく7発が当たった。

 ドチャリという音をたて、『母種』は再び粘液に伏す。

 黒髪の女の瞳は『太陽』を見据え、絶望の色に浸っていく。

「Comaではない場所での、貴方と私は」

 蠢く『太陽』はゆっくりと空に沈んでいく。

「意外と、強い縁ではない」


 母と子の関係は、今生限りの物だと理解している。


 ――『子種』。『財産種』のひとつ。隷属の性。守られ育まれるもの。虐げられるもの。可能性を孕むもの。反発するもの。予測がつかないもの。矯正がきくもの。大人ではないもの。まだなにものでもないもの。


 まだなにものでもなかったのに。元首たる黒髪の女が、こうしてここまで歪んでしまって、そしてなにも達成できぬまま、再びグレゴリールームに逃げ戻るのだ。


 Comaの空には、いまだ太陽ソレが強く輝いている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます