no.25 ノア『迷宮に入る』

 今日もあいつで憂さ晴らしをしてやろーと思って屋上の扉を開けた。そうしたら、首がありえない方向にねじまがったあいつと、あいつの体を引きずっているあいつの姿だった。私はワケが分からなくなる。


「おい……」

 やっと声をかけられたのは、あいつが自分の死体を引きずって歩き出す頃。あいつが私を無視しようとしたので、なんだか苛立って、声をかけた。

「どうなってんだよ」


 だんだん気持ちが悪くなってきて、口の中が唾液でいっぱいになる。吐く合図だ。我慢しろと必死に私は自分に言いきかす。ここで吐いたら、負けな気がする。

 よく見ると、死んでいる方のあいつの、投げ出された脚に痣があり、そっちが私の知っているあいつなんだと、妙な安堵感を覚えた。


 じゃあ、私を冷たい目で見ている方の、あいつは一体なに?

 黒いコート、黒いシャツ、黒いズボン、黒い靴。あいつの私服らしいカラーリングだけど、服の趣味はまるで違う。

「おい、無視してんじゃねーよ!」

 思いのほか、荒い声が出た。もっと冷静に問い詰めるはずだったのに。

希空ノアが双子なんて聞いてねーぞ……?」

 ああ違う違う、聞きたいことはこんなことじゃない!


「私さ」


 生きている方のあいつが、私に何かを向ける。それが銃だ、と気づいた時、吐き気はすべて引っ込んで、代わりに恐怖感がこみ上げてきた。なんでこんな、あいつが、なんで?


「いじめっ子、てやつ、大嫌いなんだけど」

「はあ? 今さら? じゃあ自分じゃなくて、私を殺せばよかったじゃん!?」

「"ノア"がそれをしなくてよかった」


 生きている方のあいつが、とうとう私を撃ちやがった。弾が首をかする。血が流れる、痛い。ありえない、痛い。首を抑えて座り込むと、手に感じるのは傷つけられた体の感触。ぬるりと温かい。痛い。声もでなくて、私はただあいつを睨むことしかできない。


「こんなヤツ殺したら、自分の価値を落とす弾の数を減らすだけ」

 そう言って笑った。の頭を撫でて笑った。あいつの笑顔を見るのは、ずいぶん久しぶりな気がする。でもすごく、厭な笑い方。


はそういうの気にしなくていいから」


 銃があるなら、それで撃てばいいじゃん。なんでナイフなんかに持ち替えたの? 私はワケが分からない。なにも、なにも殺さなくてもよかったんじゃない!?


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


『高校で学生死亡 殺人事件とみて調査 W市』


「15日午後5時すぎ、W市K高校の敷地内で、学生が上半身から血を流して死亡しているのが見つかった。学校側の通報を受けて署員が向かったところ、学生が死亡しているのを見つけたという。県警は殺人事件とみて調べている。」

「もうひとりの学生が行方不明となっており、県警は事情を知っている可能性があるとみて現在捜索中。学校職員の話によると、行方不明の学生は、亡くなった学生から日常的にいじめを受けていたという……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます