no.24 ネガラシ『非光合成ホテル』

 目を覚ました黒髪の女は、黒い装飾が施された、廃墟ホテルの一室に立っていることに気がつく。標的ターゲットの気配は感じない。しかしすすり泣く声が聞こえたので、銃を構えながらそっと部屋を出ることになる。


(黒髪の女の目的は、この世界にいる自分と同じ魂を持つ者を殺し、その死体を、正確には『骨』を手に入れることである。この骨は魔法の弾丸・HappyBulletの材料になる。黒髪の女の持ち物は、簡易殺人用の工具と、銃と、鉛の弾丸と、HappyBullet7発分。HappyBulletは7発当たれば必ず対象を殺せるが、彼女の目的を考えると、7発以上消費すれば本末転倒となり、この冒険シナリオは無益なものとなる。)


 さて、部屋を出ると彼女は泣いている【ショートヘアの女】と出会う。黒髪の女にはそれが自分の対象ターゲットでないことがすぐに分かる。無視したかったが、ショートヘアの女の方がそれを許さなかった。彼女は黒髪の女を上から下まで見ると、手に持っている【銃】に注目した。

「お願い、その銃で、彼を助けて……!」

 直感で、【彼】とは黒髪の女が求めている人物だと分かる。黒髪の女の沈黙を肯定と捉えた相手は、勝手に続きを話しはじめた。


 聞けば、そのカップルは安いツアーで古びたホテルに泊まったらしい。しかしやかましいベルの音が鳴ったあと、この黒い装飾のホテルに瞬間移動ワープさせられた。フロントには人がおらず、ウェルカムドリンクが置いてあった。それを飲んだ『彼』が苦しみだし、頭が花の奇妙なヒト、【花人間】が現れて、彼だけを伴いホテルの奥へ行ってしまったそうだ。女は彼を連れ戻そうとしたが、花人間の長い蔓で叩かれ、とても近づけなかったらしい。この女は、黒髪の女が持つ銃であの化け物を牽制できないか、と思っているようだ。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 ひくひくと泣く女を連れ立って、黒髪の女は廃墟ホテルを探索する。

「あなた、名前は? なんて呼べばいい?」

 ショートヘアの女の言葉に、黒髪の女は無言のまま。

「あ、外国の方かな…?」

 言葉が通じないと思われたのだろう。ショートヘアの女の声が不安に揺れる。女の横顔が、に似ていたので、無下に扱うのはなんとなく憚られた。

「名前は覚えてない」

 こう答えれば、追求を諦めてくれることを、黒髪の女は度重なる渡界で学んでいる。

「じゃあ【Aちゃん】って呼んでいい? 私の名前は【U】」

 言葉を交わすうちに気が紛れたのだろうか、Uの顔色はよくなっていく。


 探索の末、Uがある一室の異変に気がつき、幕を取り払った。現れた壁は、血で濡れている。Uは絶叫するが、黒髪の女は何も反応しなかった。冷静に眺めると、血で文字がびっしりと書かれていることが分かる。このホテルで殺された者の遺書だ。ホテルを支配する存在や、その対処法が残されていたが、黒髪の女はあまり興味を示さなかった。Uは『花が咲く前に、虫襖の弾丸をぶちこめ』という記述を記憶する。


 さらに、Uは、血に濡れた壁に隠された矢印を見つける。それをたどると、壁に埋め込まれた箱を見つけた。黒髪の女が【工具】を持っていたので、それを使って壁から箱を取り出すことに成功する。

 中には【緑の液体が入った弾丸】が5つと、【古い新聞記事】。弾丸の名は『虫襖Mushi-Ao』。記事の内容は、植物にとりつかれた男の末路。


(種が体の中で育ち、根をはったせいだろうか。水を余分に含めるようになったので、大きくなり、そこからさらに成長し、とても人の姿とは思えなく成る。しばらくは大人しくしていたが、日を浴びるたびに凶暴性を増し、ついに5人の死者を出したのち逃走。以降、行方は判明しておらず、警察は警戒を呼びかけている。)


 早くしないと彼が危ない、とUは恐れている。おそらく、この記事の男と同じ末路をたどるだろう。

「花が咲く前に、虫襖の弾丸をぶちこめ…」

 誰かの命と引き換えにして得たヒントを、Uは復唱する。


 こうしてふたりが部屋を出ようとした矢先に、【花人間】が1体出現した。ぬらぬらと濡れたおしべが揺れていることが癪に障ったので、黒髪の女は花人間を【鉛の弾】でぶち抜く。それは運良く(珍しく)急所に当たり、花人間は爆ぜて消えた。

「Aちゃんがいてよかった…!」

 Uは黒髪の女を賞賛する。私ひとりじゃだめだった、と。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 安心したのか、Uの腹の虫がなった。お腹がすいたかもと恥ずかしげに笑うU。タイミングよくふたりは【レストラン】と【大入浴場】の分かれ道に差し掛かった。Uはレストランへ向かうことを希望する。黒髪の女は特に希望がないのでそれに従う。


 レストランの入り口には、【太陽のような形の奇妙な像】が立っていた。見る角度によって表面の模様がかわり、無数の目玉が浮かんだり、水たまりに落ちた車の油のような色になったりする。じっと眺めていると目眩のような感覚に襲われたので、不快感を覚えた黒髪の女が像を蹴り倒した。像は案外簡単に砕けてしまう。


 Uは黒髪の女の行動に驚いたが、すぐにレストランの【バイキング】に意識をそらした。妙に品数が少ない。【草食】【肉食】【それ以外】と書かれたプレートが下がっている。

 黒髪の女は、注意深く皿を観察した。『草食』は、種がふんだんに使われているサラダ。『肉食』は、レトルトパウチされたシーチキン。『それ以外』は、コップに入った水で、植物用の栄養剤が立てかけられている。


「どれにしようかな?」

 『草食』のサラダをよそおうとするUの手をとめ、黒髪の女は強制的にレトルトパウチを選ばせた。「Aちゃんのことだし、理由があるんでしょ?」と言って、Uは素直に従う。全幅の信頼に、黒髪の女は面倒くささと面はゆさを感じだ。


(黒髪の女は植物には詳しくないので種の詳細は分からない。だが香りが、大嫌いな『貴族種』に似ていたので嫌悪感を感じたのだ。水の方に手をつけなかったのは、コップにたてかけられている栄養剤が、ソグ博士の愛用品に似ていたからだ。)


 Uが腹を満たした後、ふたりは【大入浴場】に向かうことにする。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 大入浴場は赤い液体で満たされていた。その光景にUが絶叫する。さらに、その浴場には、赤い液体を吸ってぶよぶよに膨れ上がった【植物巨人】がいた。体は苔に覆われていて、下肢に向かうにつれ蔦が絡んでいる。

「Nさん!」

 Uが絶叫する。黒髪の女は、内心驚いていた。あの奇妙な化け物が、彼女の今回のターゲットだと言うのか。

「Nさん! 無事だったんだ!」

 Uは完全に発狂していた。ぶよぶよの植物巨人を、愛する者だと誤認して血液浴場を駆ける。黒髪の女は理解していた。植物巨人の蔦の侵食速度から察するに、もしふたりが『レストラン』に寄らずまっすぐここに来ていれば、彼が異形になる前に救えただろう。


 植物巨人が腕を振り上げる。このままUが殴られれば、か弱い人間であるUは体を潰され死んでしまうだろう。血液に足をとられて転んだUの衣服から【虫襖の弾丸】が転がり出た。黒髪の女は弾を拾うと、手持ちの銃にそれを装填する。

「花が咲く前に、虫襖の弾丸をぶちこめ…」

 植物巨人の胸には大きな蕾ができていた。咲く、咲く、咲こうとしている、そういう動きを見せている。

「Nさん!」

 発狂したまま想い人の名を叫ぶUの声を聞き、蕾の震えが止まった。今だ。


 黒髪の女は『虫襖の弾丸』を植物巨人に打ち込む。時間経過でぶよぶよと膨れていく巨人は、銃の腕があまりよくない黒髪の女にとって非常にいい的となった。どこを狙ってもいいのだ。5発目が打ち込まれた瞬間、植物巨人は破裂して真っ赤な液体を浴場にぶちまけた。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


「ありがとう……U……あれが僕だと……信じてくれて……」

 四散した脂肪と血液の中には、Nの人の身が残っていた。彼は震える手でUの手をつかむ。彼はもう長くは持たないだろうが、それでも最後は人間として死を迎えることができたのだ。

(ありがとう、U、を人間だと、認識したままで)

 あのような化物に変化したにもかかわらず、Nは一人分の人間七発分の骨だった。


「この奥に……【銀の窓枠】があった……見つけた時、僕は大きくて通れなかったけど……あそこが出口だ……U……きみだけでも……生きて帰って……」

 その言葉を最後に、Nは息を引き取る。

「Nさん……いや……ごめんなさい……」


 Uがひとしきり泣いたあと、彼女はせめて死体を現実世界に返そうとするだろう。しかし彼女はショックと、疲弊と、血ですべることで、なかなかNの体を持ち上げられないはずだ。

「私が運ぶ」

 黒髪の女の申し出を受け、Uは感謝しながら、彼女に想い人の死体を託すだろう。死体は重く、血の匂いの代わりに、植物用の栄養剤の香りが漂っていた。


(この冒険から生還した黒髪の女は、報酬として、7発のHappyBulletの材料になる死体を手に入れる。)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます