no.23 ヌイト『きょうは貴方のお葬式』

 黒髪の女は黒のスーツ姿。ボサボサの髪は、今はひとつにくくり、首元にはブラックパールの首飾りを下げていた。人の群れにまぎれている。みな一様に、喪服に身を包んでいた。

 遺影は笑顔を浮かべる、老いた男。鵺本縫斗、享年83歳。並んで座る遺族や親族からはすすり泣く声が聞こえる。なるほど、慕われていたらしい。黒髪の女は満足げだ。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 僧侶が入場し、弔問客一同は黙礼をして迎える。黒髪の女も周りに従う。喪主の挨拶は頭の中に入ってこない。滞りなく葬儀がはじまった。

 読経が行われる中、黒髪の女は静かに遺体を奪うタイミングを図っていた。この葬式は、最後に遺体が焼かれてしまう。その前に回収したかった。幸い、亡骸は運び出しやすい棺に収められている。

 棺を奪う。弔問客が邪魔するようであれば、鞄に入れている銃で脅しても、攻撃しても、いくらでも。

 そう思案していたが、気配を感じて黒髪の女は顔を上げる。


 読経が響く中、手前に座っていた着物の少女が、無感情な瞳でこちらを眺めていた。ゾワリと、黒髪の女に悪寒が走る。少女が、少女の皮をかぶった、上位の存在だと、気づいたからだ。なぜわかったかと云えば、単純に、黒髪の女がそういうものを殺すために活動しているからだ。


「わたしね、このおじいちゃんに、かわいがられてたの」

 少女は声をあげない。口を動かしているだけだ。神格が、黒髪の女に忠告する。

「だいじな、だいじな、おそうしき。じゃましないで、ほしいなあ」


 弔辞が読み上げられる。すすり泣く声。少女はすっと顔を前に戻したが、黒髪の女は見られている気がして落ち着かない。あの少女が、邪魔だ。骨を奪わせまいと、プレッシャーをかけられている。


 HappyBulletで彼女を殺すか? 7発当たれば必ず殺せる。おそらく、神格相手でも。しかし、黒髪の女はたった7発を確保するために、わざわざこんな葬式に参加しているのだ。


 焼香がはじまる。滞りなく進む。亡骸に近づくが、黒髪の女は、手を出せない。蛇に睨まれる蛙、神格かみに睨まれる人間ザコ。首の後ろを、視線で冷たく撫で上げられている。

 黒髪の女は、おそらく人格者であっただろう亡骸の男に、胸の内で恨み言をぶつけながら焼香を行う。着物の少女は、黒髪の女が大人しく式に参加しているので、満足げに嗤っている。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 僧侶が退場し、一同起立。そして閉式。ああ、流れるように火葬場へ。

 黒髪の女は火葬に参加することになっていた。火葬場へ向かうマイクロバス、着物の少女は女を牽制するために隣の席を陣取る。

「このお姉さんと仲良くなったの?」

 父親らしき男が、少女に尋ねる。少女は何も喋らず、うん、と頭を下げた。無口で通しているようだ。こいつさえいなければ、すでにこの世界から去っていたはずなのに。黒髪の女は冷たい眼差しで少女を見る。


「おじいちゃん、やさしかったけど、しんじゃった」

 少女が口を動かすが、声は女にしか届かない。

「おじいちゃんのほね、ちりになるまで、あなたから、かくしたかったけど」

 少女の目が曇る。

「……あなた、おもったより、はながきくのね」

 なるほど、この世界で大往生ができたのは、この神格に守られていたからか。それでも、ギリギリ滑り込めた。黒髪の女はわずかに気を良くする。ほんの気休めの優越感だった。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 火葬場に着き、納めの式、切望する遺体は焼却炉の前。遺影は笑っている。

 親族、葬儀の関係者、すべてを殺す算段を頭の中で組み立てるが、少女が女の手を握ってくるので、すべての動きを封じられる。互いの手はヒヤリと冷たい。


 遺体が焼けるまで一時間。じりじりと焦りが、黒髪の女の胸の内でくすぶる。出される弁当など、喉を通るわけがない。親族がぼそぼそと遺産相続の話をはじめるが、黒髪の女はとんと興味がわかない。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 灰の中から骨を拾い上げる。長い箸を使って、骨を、拾い上げる。ああ、大きな骨は、まだ形を残している。それを箸でつかみあげ、黒髪の女はそれを苦渋の目で見つめる。これを砕いて、すりつぶして、銃弾にしたい。目の前の箱の、灰をかき集め、持って帰りたい。ひとかけらぐらい、できないだろうか。

 しかし、少女の皮をかぶった化物が、黒髪の女を牽制するのだ。この骨と黒髪の女は同一存在なのは確かだが、少女にとって、遺体と黒髪の女は赤の他人なのだ。平気で、女を、屠れるのだ。


 骨はすべて、に、骨壷に収められた。黒髪の女は、厭わしい目で骨壷を眺めている。これではただ自分を見送っただけだ。


 珍しく慕われている"自分"だった。慕われた結果がこれか。黒髪の女は、自分の手を握り続ける少女を見下ろす。


「すみません、うちの娘が、ずいぶんなついたみたいで」

 少女の父親が、ははと申し訳なさそうに笑う。

「これを縁に、この子と仲良くしてもらえたら。ずっと、爺さんにしか、懐かなかった子で…」

 父親は、普通ただの人間だ。少女がすっかり成り代わられていることに、まるで気がついていない。そしてそれは、黒髪の女が関わらない、別の悲劇の話だ。


「ご冥福を、お祈りします」

 怒りと諦念を混ぜ込んだ、祈りとは程遠い言葉がようやく、黒髪の女の口をついて出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます