no.22 ニイナ『お祓い料金1800円』

「大体さぁ、この展開ありえなくない!?」

 黒髪の女がポップコーンを頬張るすぐ上で、茶髪の女が文句を垂れる。

 映画館の後方真ん中、黒髪の女は恋愛映画ラブコメディを眺めている。


「あーーーダメ全然ダメ、前評判に裏切られた!」

 スタッフロールを睨みながら、茶髪の女は文句を垂れる。

「あの主演のイケメン、演技ほんっとダメだわ。イケメンなのに」

 茶髪の女が宙返りをしつつ呟く真下で、黒髪の女はLサイズのカップに入ったコーラをズーズーと音をたてながら飲んでいる。


 あのハグはだめ、主演の女がキライ、キスシーンがぐっとこない、あのライバル邪魔すぎない!?


 次から次へと映画への罵倒。辟易しながら、黒髪の女はホットドッグを口にする。

 彼女の手にこびりついているのは、ケチャップではなく茶髪の女の血であった。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 6本目の映画を見終わった頃、映画館のチケット売り場でドルトンと再会する。

「まだなのですか?」

「まだっぽい」

 茶髪の女は、黒髪の女に殴られて死んだ。

 それはほんの一瞬で、運が良かったのか、当たりどころが悪く、さしたる痛みも感じずに逝った。

 だから彼女は自分が死んだことに気づかなかった。

「上映時間に間に合わない! せっかく公開初日とったのに!!」

 そう云って、黒髪の女に取り憑いた。


 なにをやっても離れなかったので、彼女はこうして映画を見ている。

「生前の無念を晴らしたら、天に召されるという話が古竜教うちにある」

 果たして女に憑いた幽霊は、何本の映画で祓われるのか。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 おかげで黒髪の女は今では、すっかり映画に詳しくなった。

 そうやって、いつまでもこの霊魂に囚われていればいいのだが。

 薄暗い映画館に再び潜る黒髪の女を見送り、ドルトンは深いため息をついた。

 ただし彼女が戻らぬ限り、ドルトンが死体回収をせねばならぬ。

 何を犠牲にして、誰の安息を優先すべきなのかどうか。

 上映開始のブザーが遠くに響く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます