ⅲ グレゴリールームに3人

no.21なきがらとキッチン

 ドルトンの胃袋はとうに空っぽだったので、今の彼は胃液しか吐けない。

 死肉を削いで、骨を取る作業につく。

 むごい、むごい。

 彼が従う教義では、死者は丁重に竜の火で浄化しなければならないのに。

 これでは死者への冒涜だ。

 しかし、銃弾になれない彼は、女の小間使いになるしかなかった。


 流し台、包丁、かまど、数々の薬草。肉と骨。まるで料理をつくるような光景。


 隣で、黒髪の女が無表情のまま骨をすりつぶす作業を進めている。

 ごり、ごり、ごり、ごり。

 部屋に響く音は、誰かの泣き声に聞こえる。

 この骨の主は、黒髪の女に殺されたのだろうか?

 それとも死んだあとに、なきがらだけ回収されたのだろうか?


 名も知らぬこの女と、ソグ博士という病的な男曰く。

 ソグもドルトンもこの死体も、同じ魂を持つらしい。

 そして"黒髪の女"こそが彼らの根源オリジナル

 つまり彼女こそが我らの祖だと博士は嗤ったが、それはドルトンの信じるものとは違う。

 ドルトンは受け入れない。

「ウルク・グア・グアランド様……!」

 己が祖の竜神の名を呟き正気を保とうとする。

 ドルトンはこうして、部屋に充満する異臭と、自らの胃液の味に苦しめられながら、HappyBulletの制作を手伝っている。


 もちろん最初はドルトンも反抗した。

 しかし黒髪の女に発砲されてから、泣く泣く抵抗を諦めた。

 鉛の弾が都合よく首筋をかすっただけですんだのは、女の銃の腕が悪いからだとソグが告げた。


 だから銃弾の数は多い方がいいのだと。


 ドルトンは、分解された肉と骨に祈りを捧げる。

 自分が来て、自分を殺し、自分を銃弾につくりかえていく。

 それも自分が"立派な人間"だったばかりに。

 むごい、むごい。

 ドルトンは殺人者と化した自分くろかみのおんなに異を唱えることはできない。

 ならば、同じ魂を持つ自分ドルトンが魂の安寧を祈ることで、せめてもの慰めにならないだろうか。

 黒髪の女が"悪意"ならば、ドルトンは"善意"を。

 ……祈りの言葉を囁きながら、ドルトンは死肉を削いでいく。


 黒髪の女は、不気味な呪文を囁きながら肉を削いでいくドルトンを眺め、狂っているなと思ったが、口には出さずに己の作業に没頭した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます