no.20ドルトン『童貞のまま死にたくない!』

 ドルトンにナイフを突きつけた黒髪の女だったが、何かに気づいてその腕を下ろす。代わりに小さなレンズを取り出すと、レンズ越しにドルトンを観察した。

 この世界の聖職者の衣装に身を包んだ、長身の男。崩壊した教会、崩れた神像のそばで腰を抜かしていた。彼は手にドラゴンをあしらった首飾りを握りしめている……。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 「ウルク・グア・グアランド様、ウルク・グア・グアランド様、我らの始祖の猛き竜よ、我らが神よ、我らが祖よ、どうか救いを……」

 ドルトンは泣きながら祈る。それを見て、黒髪の女は鼻で笑い飛ばした。

 「お前の祖はそんなモンスターじゃない」

 「異教徒おまえたちはみんなそう言うのだ!」

 男は震える手で女を指差す。女は相変わらず、レンズを通して男を視る。


「聖職者、規範となる者。なぜ七発いちにんまえに満たない? 命に価値がない」

 驚いたな、と女は呟く。

「は、そうやって、古竜教の信徒は人ではないと、迫害したのは異教徒おまえたちでっ」

 ドルトンが口答えをしたので、女は再び錆びついたナイフを男の首に押し当てた。

「い、いやだぁ!」

 男が涙を流して嫌がる姿は、見るに堪えない醜態だった。

「死にたくない! まだ死にたくない!」

 骨を回収する価値もないので、どうしたものかなと女は考えている。無言になった女に恐怖して、ドルトンの脳は勝手に言葉を紡ぐことを選択する。

「よ、よりによって童貞のまま死ぬなんて、そんなの男になる前に、儚く命を散らすなんて……」

 男の詩的な物言いに、黒髪の女が反応を示した。

「童貞でなくなれば、一人前になれるんだ?」

「はひ?」

 腰が抜けて立てない男の襟首を掴むと、女は銀の扉を蹴り開けて、グレゴリールームへ帰っていった。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


「こいつ、童貞を捨てたら、弾が7発になるって」

「はぁ、聖職者でもそういうの有りなのか」

 この部屋に生きた人間が来ることにも驚いていたが、帰るやいなや黒髪の女が告げた内容に、ソグ博士は中途半端な返事しかできなかった。床には長身の男が転がされている。

 どういう論理でと尋ねる前に、黒髪の女はソグの頭を下げさせると、床に伏せるドルトンにぐっと近づけて云う。

「聖職者、童貞捨てたいならこいつを使え」

 顔をあげたドルトンが見たものは、枯れ木のように細い体躯の、灰髪の男である。今度はドルトンとソグが同時に「はぁ!?」と声をあげた。


「だから、こいつ、童貞捨てたら、弾が7発とれるようになるから」

 黒髪の女は苛ついた様子で説明を繰り返す。

「いやいや!? その方、男では!?」

 ドルトンが困惑して後ずさりする。背を着いた壁には、茶色い痕が残っていた。ソグも女の手を振り払うと姿勢を正す。

「性交したら一人前になんて、そもそも前提がおかしいだろう…… 命がひとつ増えるだけで、一人が増えるだけっていうか、だいたい、どう考えても、それはお前の役目だろう!? 女ァ!?」

 混乱の末、感情が怒りにすり変わったソグは、黒髪の女の頬を突く。女はそれを振り払った。

ソグ博士おまえ、何のために生かされていると? こういう些事を任せるためだ」

 嫌悪と侮蔑を混ぜ込んだ瞳で、黒髪の女は蔑む。


「ほら、ヤれば一人前になれるんだろう? 早く早く」

「やめろ押すな! 大体、こいつも俺だろう!? 倒錯しまくっているぞ!」


 痩せぎすの博士の言葉を無視し、黒髪の女は彼の背を押す。ソグは、自分の臀部を庇うように白衣の後ろに手を回す。そしてドルトンの方に説得をはかった。

「この女の話を聞くことはないぞ。お前が童貞を捨て次第、この女はお前を殺すだろうから」

「……お前たちは、淫魔の使い?」

 ドルトンの疑問に、ソグは深いため息をつく。

「おおかた、ドルトンおまえの死に際の後悔を、この女が信じてしまったんだろう。一人前で弾7つ。俺がこうして生きているのは、命が一人前に足りないからだ」


 女は舌打ちしてソグの後頭部に銃をあてた。ヤらなきゃる、そういうアピールだ。しかしソグは必死に考えを巡らせる。ソグは自分の身が一番かわいい。


「ただの童貞のお前が、どうして一人前ひと扱いされていないか、当ててやろう。お前、自分の世界じゃ『ひとではない』ことになっているだろう?」

 嗤うソグから目をそらし、ドルトンは自分の胸元を握りしめた。

「私の国では……国教を信仰しない者は、ひとであらずだ。だが、あの国教に変わる前から、我が一族はウルク・グア・グアランド様を主神として信仰していた……」

 そのままドルトンは、首飾りを掲げ祈り始める……。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 ふたりから背をそむけるドルトンと、煙草をふかしはじめたソグを交互に見て、黒髪の女は苛立ち尋ねる。

「結局、童貞捨てても、弾は増えないってこと? 騙したな」

「騙してないし……一人前の男ってそういうつもりで言ってないし……もういいだろう、私を教会に帰してくれ……片付けの続きをしないと……」

「やめたほうがいい」

 ソグが珍しく親切を働く。

「お前の世界と、この部屋グレゴリールームの時間の流れは違う。お前の時間はとうに過ぎている。戻れば、元の時間軸に沿って、お前は死ぬ」

 煙草の煙がゆらゆらと部屋を踊る。

「渡界能力は、時間を選べない。過去には行けない。この部屋に招かれれば最後、自分の元いた世界から、切り離されたと思っていいな」

「そんな……」

 ドルトンの顔が真っ青になった。あまりにも理不尽な話だ。

「嗚呼……ウルク・グア・グアランド様、どうか助けを、私に慈悲を……!」

お前わたしの信じる神様は、お前わたしを助けてくれないわけだ」


 泣きながら祈るドルトンを見て、ひとつ答えを得たように、黒髪の女は淋しげに笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます